漫画の地球儀

Twitterのリツイートの方法を解説!【意味、フォロワー、pc、スマホ、非公式リツイート】

スポンサーリンク

Twitterをするならリツイートは覚えておかなければいけません。のやり方・方法についてまとめました。Twitterで他のユーザーのツイートを見たときに、他のだれかに教えたいと思うことがあるでしょう。リツイートはそんな時に使う機能ですので、どんなことなのか、やり方も覚えていきましょう。

f:id:rick1208:20181217081050p:plain

Twitterリツイート機能って?

Twitterにはいろいろ独特な機能がありますが、そのひとつになるのがリツイートです。

英語ではReTweetと書きますが、訳せば「再ツイート」という意味です。他のユーザーが投稿したツイートの内容に対して使える機能です。リツイートをおこなうと、自分のフォロワーのタイムラインにも表示されるところが大きなポイントです。

画像がリツイートですが、自分のタイムラインにリツイートした内容が表示されている状態です。

リツイートされた記事の上部には、「自分がリツイート」したことがわかるようになっています。やみくもにできないように、リツイートしたのはだれかわかるところも大切です。
f:id:rick1208:20181229042500p:plain
リツイートをすると、自分が選んだ投稿内容を他のユーザーにそのままの状態で紹介できます。

多くのTwitterユーザーがつぶやきを発信していきますが、中には便利な情報だと感じることもたくさんあるでしょう。

これはと思ったツイートをリツイートことで、自分のフォロワーにも広く知ってもらうことがリツイートのメリットです。

便利な機能ですが、注意点しなければいけない点もあります。

リツイートは、他の人のツイートを元にしているため、消されてしまうと自分のタイムラインからも削除されてしまうのです。

だれでもできるTwitterリツイート

Twitterリツイートは簡単ですが、PCとスマホで解説していきます。

PCでのリツイート方法

f:id:rick1208:20181229042820p:plain

Twitterをブラウザで開いてリツイートしたいツイートがあったら、下部に並んでいるボタンを見てみます。
4つのアイコンが見つかるはずですが、左から「リプライ」「リツイート」「いいね」「ダイレクトメッセージ」の順番になっています。リツイートしたいときは、左から2番目のアイコンをクリックしていきましょう。


f:id:rick1208:20181229043339p:plain
リツイートでは、確認画面が出ます。上部に「引用ツイート」とありますが、こちらではなく右下のリツイートボタンをクリックするだけで、このツイートをリツイートできるのです。

f:id:rick1208:20181229043407p:plain


自分のタイムラインを見ると、リツイートしたツイートを見つけられるでしょう。

リツイートした証拠に上部に「自分がリツイート」と表示されているはずです。

ツイートの下部を見ると、リツイートのアイコンが緑色に変わっているため、こちらでも判断できます。

f:id:rick1208:20181229043704p:plain

簡単な操作ですが、これでリツイートはおしまいです。

スマホの場合

スマホでも簡単にリツイートができますが、PCとほぼ変わらない操作です。

リツイートしたいツイートを見つけたら、下部にあるアイコンの左から2番目にあるリツイートのアイコンをタップします。

f:id:rick1208:20181229043719p:plain

リツイートか引用リツイートなのかが選択できますが、リツイートをタップしましょう。

f:id:rick1208:20181229043814p:plain


自分のタイムラインで見ると、リツイートしたことがわかります。これでrt(リツイート)されました。

f:id:rick1208:20181229043848p:plain

Twitterリツイートの削除方法

Twitterリツイートは、削除することもできますので覚えていきましょう。

PCで削除する方法

リツイートしたツイートを削除していきますが、先ほど使ったツイート下部のリツイートのアイコンをクリックするだけで、先ほどのリツイートが削除されます。

リツイートしたときと異なるのは、確認画面が出ませんので注意しましょう。

f:id:rick1208:20181229044018p:plain

スマホで削除する方法

スマホでのリツイートの削除も変わりません。同じようにツイート下部のリツイートのアイコンをタップするだけで削除完了です。

PC版と違い取り消しのために「リツイートを取り消す」が出ますのでタップしましょう。これでリツイートとしたツイートが削除されます。
f:id:rick1208:20181229044336p:plain

リツイートには引用リツイート

リツイートの方法の中で「引用リツイート」が何度も出てきます。

リツイートの種類ですが、これまでやったリツイートは「公式リツイート」という方法で、Twitterの正式な機能です。

リツイートするだけではなく、コメントも付けていけるのが「引用リツイート」で、ツイートにあるユーザー名と文章もコピーして自分のツイートとして発信できる「非公式リツイート」などの方法もあります。

リツイート後のツイートは

便利なリツイート機能ですが、リツイートして自分のタイムラインに乗せるだけではなく、自分のツイートがリツイートされることも当然出ます。

自分のツイートがリツイートされると、どんな反応があったのか気になりますよね。リツイートはrtと呼ばれますが、この反応を調べられるのです。

リツイート直後のツイートを表示するやつ」というサービスがあり、他のユーザーの反応を簡単に調べて見ることができるのです。


自分のツイートをさらにリツイートしてみる!

f:id:rick1208:20181217080216p:plain
リツイート機能は、他のユーザーに対してだけではなく、自分のツイートも対象にできるのです。

リツイートの方法はこれまでと同じで、自分でリツイートしたいツイート下部のリツイートのアイコンをクリックするだけでできます。

リツイートしたツイートは、他の人のリツイートと同様に自分とフォロワーのタイムラインに表示さることになります。

f:id:rick1208:20181229044359p:plain

以前と同じ内容で繰り返しツイートするのは結構面倒ですが、自分でリツイートすることで簡単に繰り返していけるので、「以前アップした写真を上げたい」「イベントの宣伝を繰り返したい」といった時に使えます。

過去のツイートをリツイートして繰り返せば、フォロワーに再び情報を伝えられるでしょう。引用リツイートも簡単にできますし、リツイートの取り消しをして、リツイートするという繰り返しで定期的な宣伝にも利用できるのです。

リツイート機能はとても便利ですので、Twitterをもっと有効に使っていきましょう。