漫画の地球儀

Twitterの画像のタグ付けの方法!【フォロワー、タグ付けのブロック方法、プロフィール、機能】

スポンサーリンク

Twitterの画像のタグ付け方を知っているでしょうか? Twitterには画像が乗せられますが、「タグ」を付ける事で、もっと有効に使えるのです。簡単にできる方法をまとめていますが、注意点もあるので、タグ付けと一緒に覚えて活用していきましょう!
f:id:rick1208:20181217080216p:plain

そもそもTwitterの画像にタグ付けするって?

「タグ付け」とはTwitterに画像を乗せるときに使える機能のひとつです。ツイートを投稿する時に「見る人に対して画像に写っている情報」をのせることで、もっとわかりやすく伝える機能と考えればわかりやすいでしょう。

例えば、「○○さんと出かけてきました」というときには、○○さんがだれかを入力しておくと、ユーザーと○○さんを紐付ける付けできる機能です。

タグ付けすると画像の左上に「○○さん」といった情報が表示され、押すことで○○さんのユーザーのプロフィールへ飛べるようになります。

仲の良いユーザーだという事をフォロワーに知らせる機能で、もっと関心を惹くこともできますし、タグ付けした友達からも広げていけるのは大きなメリットでしょう。

簡単にできる!Twitterの画像のタグ付け(iPhone

Twitterでのタグ付けの方法はいたって簡単ですのでやってみましょう!

タグ付けの仕方

iPhoneTwitter公式アプリからツイート画面を開きます。

「カメラマーク」がツイート画面の左下にありますが、まずは画像をツイートに添付します。今回は紹介したい芸能人ということでオードリーさんの画像にタグ付けをしてみましょう。


「誰が写っていますか?」という表示があるので、これをタップして表示される「おすすめユーザー」や「検索フォームに入力」から、タグ付けしたいユーザーを探していきます。

今回は、オードリーさんなので、二人が出演しているラジオ番組をタグ付けしてみます。
f:id:rick1208:20181228162824p:plain
画像の下に名前が表示オードリーさんの名前が出ます!

タグ付けした名前が画面の下に出てくると、タグ付けされた証拠です!
f:id:rick1208:20181228163845p:plain
このツイートを投稿したことでタグ付けされ、表示されるユーザーのプロフィールへ簡単に飛べるようになります。
f:id:rick1208:20181228163856p:plain
・自分がタグ付けされないようにする方法!

:手順は簡単で、プライバシーとセキュリティのところから、「自分をタグ付けする事を許可」をタップしていきます。

プロフィール画面に設定が表示されますので、その中の「プライバシーとセキュリティ」を選択。

「自分をタグ付けする事を許可」から「>」となっている部分をタップします。
f:id:rick1208:20181228163914p:plain
:「自分を画像にタグ付けする事を許可」をオフにするだけで設定はおしまい。

iPhoneTwitter公式アプリにある設定は「オンorオフ」だけです。

「自分をタグ付けする事を許可」のタブをオフにしておけば、自分のアカウント名が非表示になるため、削除と同じ状態になるのです。
f:id:rick1208:20181228163928p:plain

PC で画像へのタグ付け方法!

今度はPCでの画像のタグ付けの方法です。

タグ付けの方法

:タグ付けしたい画像をツイートにアップするのは同じです。

ツイート画面から、アップしたタグ付けしたい画像を選択。

人の画像だけではなく、ロゴを使っていくことができます。公式アカウントの紹介ということで、相手側にもメリットがある方法です。
f:id:rick1208:20181228163948p:plain
:「誰が写っていますか?」を押します

画像の下に「誰が写ってますか?」が表示されますので、クリックして検索フォームを出します。

最初の画面にフォロワーが表示されますが、フォロワーを紹介するのでなければ、検索フォームからタグ付けするアカウントを検索しましょう。
f:id:rick1208:20181228163958p:plain
検索すると画像の下に名前が表示されます!

名前が画像の下に出てきたら、いつものようにツイートをしてみましょう。

PCでの画像のタグ付けはこれで完了です。
表示されている名前の部分をクリックすれば、タグ付けされたユーザーのプロフィールページに直接飛べるようになっています。

f:id:rick1208:20181228164007p:plain

PCでのタグ付けの回避

プライシーとセキュリティから、タグ付けの設定をしてみましょう。

PC版Twitterは、プロフィール画面にある「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

画面の右下に、「自分を画像にタグ付けする事を許可」と表示されているはずですので、下に表示されている「オフ」「フォロー中のアカウントのみ」のうちどちらかを選択します。
f:id:rick1208:20181228170350p:plain
設定をしておくとタグを付けられても非表示になるため、すでにタグ付けされていても削除と同じになります。

タグ付けしたくてもできないときは?

タグ付け出来ない原因は、いくつかありますが「相手にブロックされている」か「タグ付けの設定をオフにしている」のどちらか主な原因です。

相手にブロックされているときには、解除をしてもらうとタグ付けできるようになります。タグ付けの許可設定がオフのときにも設定を変更するしか方法がありません。

タグ付けのブロック方法

他のユーザーから勝手に自分へのタグ付けをしてほしくないときには、ブロックできる機能があります。方法は簡単で、相手を「ブロック」するか、「タグ付けの設定をオフ」にするだけです。これだけで、勝手にタグ付けされてしまうことを防げます。

タグ付けすると相手には情報が通知される!

画像のタグを付けは簡単ですが、その相手に対してタグ付けしたことが通知として届きます。

許可を得ずに勝手にタグ付けするようなことがあれば、やはり怒られる可能性があるでしょう。こういったツイートをする人とは付き合えないと、ブロックされることも出てきます。プライバシーにもかかわるので、タグ付けは事前の許可が必要な行為です。

タグ付けは便利な機能なのは確かですが、相手のことも考えて使わないといけない

まとめ

Twitter画像のタグ付け方法を紹介しました。まとめた通り、タグ付けはTwitterの機能としてだれでも簡単にできるようになっています。

知り合いをタグ付けするときには、相手のことを考えて、「事前の許可」が大切でしょう。機能としては許可を得ずに勝手におこなえますが、タグ付けされたことを知ったときにトラブルになる可能性も考えておかなければいけません。

宣伝目的の企業や公式アカウントは、拡散してもらえるため許可は必要ありません。自分の好きなものとして利用できるので、タグ付けをうまく使っていきましょう。