漫画の地球儀

chromeで「応答時間が長すぎます」と表示される時の対処法!【このサイトにアクセスできません、原因、再起動、キャッシュ削除】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20181211032408p:plain

Chromeで「このサイトにアクセスできません」と表示されてから、「○○からの応答時間が長すぎます」と表示されることがあります。

この表示の問題は、サーバー側にあるのか、自分のネットワーク側にあるのか分かりにくいですよね。

今回は、Chromeで「応答時間が長すぎます」と表示される場合の原因と対処法についてご紹介していきます。
f:id:rick1208:20181228071407p:plain

Chromeで急に「応答時間が長すぎます」と表示される

みなさんは、Chromeブラウジングしているときに、急に「応答時間が長すぎます」というエラーの画面が表示されたことはないでしょうか?

または、「このサイトにアクセスできません」と表示された後、「○○からの応答時間が長すぎます」と表示された経験はないでしょうか?

それまではサイトを見られていたのに、急にこのような表示をされたらビックリしますよね。

ひと目で原因がわかればいいのですが、この問題の原因がChrome側なのか、Wi-Fiルーターなどのネットワークの問題なのか、またはパソコンの設定の問題なのか分からないので困ってしまいます。

Chromeで急に「○○からの応答時間が長すぎます」と表示される場合の原因と対処法

f:id:rick1208:20181228052849p:plain
Chromeで「○○からの応答時間が長すぎます」と表示される場合の原因毎に対処法を紹介していきます。

Chrome側の問題の場合

Chromeのバグ・拡張機能・キャッシュなどChrome側に問題がある場合、「○○からの応答時間が長すぎます」と表示されることがあります。

Chromeの問題かどうかを判断する方法としては、SafariFirefoxなどの「Chrome以外のブラウザ」でそのサイトにアクセスしてみてください。

もしも、「Chrome以外のブラウザ」で正常にサイトが見られるのであれば、Chrome側の問題の可能性が高いです。

次のような方法で、Chrome側の設定を見直してみましょう。

Chromeの再起動

・キャッシュ削除

拡張機能を停止して試す

②ネットワークの問題の場合

ご自分のWi-Fiなどのネットワークの問題で、「応答時間が長すぎます」と表示される可能性があります。

Wi-Fiなどのネットワークの問題かどうかを判断する方法としては、ネットワークを変更してから、再度そのサイトにアクセスする方法があります。

それで正常にアクセスできるようであれば、ネットワークやルーターなどの機器の問題の可能性が高いです。

また、ネットワーク機器の問題であれば、そのサイト以外にアクセスしたとしても、同じような「このサイトにアクセスできません」というようなエラーになるはずです。

ネットワークを変更するのが大変ということでしたら、他のサイトにアクセスしてみて、原因を判断してみてもいいと思います。

③サーバー側の問題の場合

このケースが一番多いかもしれませんが、サービス提供側に問題が発生していて、「応答時間が長すぎます」と表示される場合もあります。

サービス提供側に問題が発生している場合は、他のサイトにアクセスすることで、簡単に問題が判断できます。

例えば、Google ・Yahooなどで、そのサイトにアクセスしてみましょう。

もし、Google ・Yahooなどでそのサイトを正常に見ることができていれば、「応答時間が長すぎます」と表示されるサービスだけに問題が起きているので、サーバー側の問題だと判断することができます。

そのサービスに問題が起きている場合、Twitterなどでは同じような問題に悩んでいるユーザーのツイートがすぐに投稿されると思います。

Twitterを検索して、同じ状況の方がいれば、サーバー側の問題の可能性が高いでしょう。

サーバー側の問題の場合の対処法としては、基本的にはサーバー側の問題が解決するのを待つしかありません。

もし、そのサーバーにアクセスできないことで被害を被っているのであれば、サービス提供側の問い合わせ窓口に問い合わせをしましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20181228052830p:plain
Chromeで「応答時間が長すぎます」と表示される場合の原因と対処法について、おわかりいただけましたか?。

原因はいろいろ考えられますので、落ち着いて原因を突きとめて、適切な対処法をとりましょう。

サービス提供側の問題の場合、基本的には待つしかないので、情報収集しながら待つか、問い合わせ窓口に問い合わせてみましょう。

ご紹介した対策法で、問題を解決していただければ幸いです。