漫画の地球儀

ps4の縦置きは危険?【寿命が減る、縦置きスタンド、事故、使わない時、置き方、】

スポンサーリンク

PS4を使わない時の置き方、あなたはどうしていますか?


PS4は横向きに置く人が多いと思いますが、十分な収納スペースが確保できない場合など、機器を縦にして狭い所に収納している人も少なくはないでしょう。


しかしこれは、PS4に悪影響を与える行為といわれています。

日常的に縦置きにした状態のPS4を使い続けていると、機器が長持ちしないというウワサを聞いたことがある人も多いと思います。


今回は、この縦置きに関するウワサを検証していきたいと思います!

PS4をスタンドを使わずに縦置きしておくと起こり得ること

f:id:rick1208:20181227045608p:plain

PS4は、それより前のPSシリーズよりも本体に厚さがあります。

そのため、縦方向においたとしても安定していて、少しの衝撃や揺れなどでは簡単に倒れたりはしません。

特にテレビ台の下などに収納している場合、周りが壁に覆われていて安定しているので、衝撃が機器に伝わることも少ないことと思います。


とはいえ、スタンドを利用して横置きしておくより不安定な置き方ですので、絶対に倒れないということはありません。

テレビ台の下に空間がなく、高い場所に縦置きをしている場合、なおさら心配ですよね。

PS4やそれを置いている棚と思わずぶつかって、落として壊してしまう可能性は十分に考えられます。


ちなみにPS4には縦置きスタンドがありますが、セット販売ではなく別売りとなっています。

余計なコストとはなってしまいますが、万が一事故でPS4が倒れて使えなくなってしまうということを考えると、専用スタンドを購入しておくことをオススメします!

PS4の縦置きは機器にダメージを与えるの?

PS4の縦置きは、何も珍しい置き方ではありません。

しかし、一般的にはゲーム機器は横向きに置くことが多いものです。

ですので、「PS4を縦置きにすることで何らかのダメージを受けてしまうのでは…?」という不安を持つ人は多いものです。

実際のところ、縦置きはPS4に悪影響を与えるものなんでしょうか?


もしも縦置きにしただけでPS4がダメージを受けて寿命が短くなってしまう場合、それは欠陥商品ですので販売は見送られることでしょう。

もしくは、絶対に縦置きができないようなデザインにしたり注意書きがあるはずですが、そのようなものはありませんよね。


つまり、このウワサは本当ではなかったんです…!


PS4の縦置きは機器内の温度を上げてしまうというウワサの真偽!
f:id:rick1208:20181227045608p:plain
PS4を縦置きにすると良くないと言われている理由のひとつに、「機器内部の温度に悪影響を及ぼす可能性がある」という説があります。


精密機器であるPS4は、PCと同じように内部の熱はファンによって外部に送り出し、温度が上がり過ぎないような構造をしています。

PS4は温度に対して注意を払う必要があり、室内温度が極端なところでは機器がダメージを受けてしまうことがあります。


そんなPS4には、横置き・縦置きどちらで置くかによって機器内の温度が変わってしまうというウワサがあるんです。

実際のところ、温度は変わってしまうんでしょうか?


実は、機器内の温度の状態は、PS4の置き方によって変わるものではありません。

「縦置き専用」のスタンドも販売されているくらいなので、もし実際に縦置きで温度が上昇してしまったら問題になってしまいますよね。

また企業側は、店頭に並べる前に商品の改善をすることでしょう。


つまり、PS4の置き方で機器内の温度が変わるというウワサはガセだったんです!

まとめ

今回は、PS4の縦置きについてのウワサの真偽を取り上げました。

PS4を縦置きにして機器内の温度が上がったり、本体にダメージがあるということはありません。

ただし、スタンドがない状態で縦置きにしておくと横置き状態よりも不安定さはあるので、縦置きスタンドを利用しておいた方が良いでしょう!
f:id:rick1208:20181227045551p:plain

ご自身のPS4の収納スペースの事情にあわせて、置き方を工夫してください