漫画の地球儀

インスタグラムでアーカイブできない時の対処法【解除方法、アーカイブ機能、アプリ、画像】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20181220131643p:plain

Instagramの「アーカイブ」という機能、耳にしたことがある人も多いんじゃないでしょうか?
しかし一方で、どうやったらアーカイブできるのかよくわからなかったり、いきなり使用が不可能になってしまったという事態に陥ってしまう人もいます。


今回はそんな人たちのために、Instagramアーカイブの使用用法と使用不可になってしまったときにどうすればいいのか、その対応方法をシェアしていきたいと思います

そもそも「アーカイブ」ってどんな機能?

Instagramアーカイブ機能の意味から見ていきましょう。

この機能は、自身がタイムラインに投稿したものを非表示にする時に使うものです。

例えば、誰かに見せる目的ではなく自分のために画像をInstagramで記録している人や、「消したくはないけど、この写真は他人に見られたくない!」等の時に使います。

アーカイブ機能を使えば、他人からは投稿したものが見れなくなりますが、自分だけは見ることができるので、投稿をタイムライン上に戻すこともできるんですよ。

Instagramに投稿した画像をアーカイブにする手順

それでは、Instagramアーカイブの使用手順を見ていきましょう♪

Instagramのタイムライン上に表示されている自分のアカウントページから、投稿一覧に飛びましょう。

②一覧の中から、アーカイブをしたい投稿を選びます。
f:id:rick1208:20181222092253p:plain
③投稿ページの右の上部分の「…」と書かれているところをタップしましょう。

そうするとポップアップの画面が出てくるので、その中の「アーカイブ」を選んでください。
f:id:rick1208:20181222092302p:plain
また、プロフィールページの投稿一覧からも投稿をアーカイブすることが可能です。

この場合、やや力を入れて押しつつ上方向にアーカイブをする投稿をスクロールしてください。

そうすると、同じようにポップアップの画面が出てきます。
f:id:rick1208:20181222092327p:plain
④ポップアップ画面内の「アーカイブ」を選べば、終了です。
最後に、自身の投稿一覧ページからアーカイブした画像がなくなっているかどうかをチェックしておいてくださいね。
f:id:rick1208:20181222092349p:plain
ちなみに、ページ内の右上部分にある表示はアーカイブマークです。
アーカイブした投稿を確認したい時は、ここを押してくださいね。

アーカイブを解除して投稿をタイムライン上に戻したくなったら…?

それでは反対に、画像のアーカイブを解除して、ほかの人にも見られる状態にする手順を見ていきましょう♪

①まず、アカウントページ内のアーカイブマークをタップします。
アーカイブを元に戻したい投稿を選び、その右上部分に表示されている「…」を押しましょう。
f:id:rick1208:20181222092357p:plain
③ポップアップの画面が出てきますので、その中の「プロフィールに表示」を選択すると、アーカイブは解除されほかの人にもその画像は見られるようになっています。

最後に画像が元の状態に戻っているか、確認してください
[:plai

アーカイブ機能がうまく作動しない?!どうしたらいい?

中には、アーカイブが表示されていない・使えない等のトラブルを抱えている人もいるかもしれません。

その場合、まずはInstagramのアプリのバージョンが最新にアップデートされているかをチェックしてくださいね。

もしまだだった時は、AppStoreやGoogle Playストアでアプリの更新をしてください。


もしこれでもアーカイブが使えないときは、
スマホを再起動させる
Instagramのアプリをもう一度インストールしなおす
をしてみてください。


また、現在ほとんどのInstagramユーザーはこの機能が使えるものの、一部ではまだ使えないというユーザーもいるようです。
その場合、次のアップデートの時には使えるようになるかもしれないので、もう少しお待ちくださいね☆

アーカイブ機能を使う上で注意したいこと

アーカイブは便利な機能ですが、使用するときに気をつけないこともあります。

自身のブログに埋め込みをしている投稿をアーカイブした場合、そのブログ上でも画像は見えなくなってしまいます。

このことを頭に入れておいて、上手にこの新機能を使ってくださいね。

まとめ

「この画像、消したくはないけどほかの人に見せるのはもう嫌だな…」
そんな時にアーカイブ機能を使えば、その画像が自分だけが見られるようになります。

あくまで自分自身の記録用に、Instagramに画像を投稿している人などにオススメの機能ですので、この記事を参考にして使ってみてくださいね☆