漫画の地球儀

インスタグラムの二段階認証の方法【認証できない時のやり方、対処法、セキュリティコード、】

スポンサーリンク

Instagramには、「二段階認証」という機能があります。
これは、不正アクセスなどから身を守るためのセキュリティのことです。

この二段階認証、iPhoneユーザーなどにはお馴染みの言葉かもしれません。
しかし、実際はその使用方法はよく知らない…という人もわりに存在しているものです。


今回は、Instagramの二段階認証の手順と、うまく認証が行われなかった時にどうすればよいのか、その対処法もあわせてご説明します

f:id:rick1208:20181220131643p:plain

Instagramの「ニ段階認証」って何なの?

まずは、「二段階認証」の意味から見ていきましょう。

二段階認証とは、文字通り「認証を二段階に分けて行うこと」です。


普通の認証の場合、ログイン時にはIDとパスワードを入力しますよね。
それらの情報に加えて、さらにSMSで送られてくる認証コード等の追加情報を入力してログインすることを二段階認証といいます。


最近では、いろいろなSNSでアカウントの乗っ取り事件も頻繁に起きており、決して他人事の問題ではありません。
二段階認証の機能を使えばセキュリティをさらに強めることができ、自分のアカウントをこのようなトラブルから守ることができるんです。


Instagramのアカウントを非公開にしている人は、自分のプライベートの画像等を投稿しているケースが多いと思います。
このような場合で一番怖いのは、アカウント乗っ取りによる画像流出です。

そんな事態が起きないように、二段階認証をしっかりとしておきましょう!

Instagramの二段階認証をする方法とは?

二段階認証の大切さがわかったところで、実際の手順を見てみましょう♪

Instagramのタイムラインページから、自身のアカウントをタップしましょう。

アカウントページが開けたら、ページの右上部分にある「設定」を選択してください。
f:id:rick1208:20181220131109p:plain
②設定のオプションページに表示されている「アカウント」の中に「二段階認証」の項目があります。

こちらをタップして、「セキュリティコードをオンにする」をONにしましょう。
f:id:rick1208:20181220131139p:plain
③その後、「電話番号を追加してください」という表示が出ます。
 090や080の最初の0をなくした状態の電話番号を入力しましょう。(90…や80…等)
 入力後、「次へ」ボタンを押してください。

④入力した電話番号に、認証コードが記載されたSMSが送信されてきます。
そのコードを画面に入力した後、「次へ」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20181220131149p:plain

⑤その後、「バックアップコード」という画面に移ります。
バックアップコードというのは、スマホを紛失してしまったなどの事態にも二段階認証ができるコードのことです。
この情報の保存先はクラウド上にあるアプリなど、スマホ以外でも見ることができるような所にしておいてくださいね。
f:id:rick1208:20181220131234p:plain
⑥これらの工程が済むと、二段階認証の「セキュリティコードをオンにする」がONになっているはずですので、念の為に確認しておきましょう。
f:id:rick1208:20181220131244p:plain
全ての作業が終わると二段階認証の「セキュリティコードをオンにする」のスイッチが切り替わりました。
f:id:rick1208:20181220131318p:plain

二段階認証を解除したくなったらどうしたらいい?

反対に、二段階認証を解除したくなったらどうしたらいいんでしょうか?
その手順も見ておきましょう。

①まず、二段階認証を登録した時のように、自身のアカウントページから「設定」ページに移動します。

②そのページ内の「二段階認証」の項目を選択し、「セキュリティコードをオンにする」のスイッチを切り替えます。
f:id:rick1208:20181220131404p:plain
③「オフにしますか?」という画面が出てきますので、「オフにする」を選びましょう。
 これで、二段階認証が解除された状態になります。

f:id:rick1208:20181220131423p:plain

二段階認証できない!そんな事態になったらどうしたらいい?

Instagramユーザーの中には、「二段階認証の設定ができない!!」という人もいます。

これは、Instagram自体のバグであったり、スマホの設定に問題があるなどの原因が考えられます。


そんな事態に陥ったら、以下の方法を上から順に試してくださいね。

・二段階認証の設定が完了している場合、一度解除したあとに再び設定しなおす
Instagramのアプリが最新バージョンになっていない場合、アップデートさせる
スマホを再起動させる

もしこれら全てを試しても認証の設定ができなかったときは、Instagramのアプリをスマホから一回消去してください。
その後もう一度インストールをして、様子を見てみてくださいね。

まとめ

Instagramの自分のアカウント情報が盗まれてしまうと、トラブルになるのは自分自身だけではありません。
Instagram経由でつながっている知り合い等の情報も盗られてしまう危険性があります。

そんなトラブルを避けるために、二段階認証を行っておくことを強くオススメします。


また、SNSを利用する時に簡単なパスワードで登録することは、とても危ないことです。

二段階認証に加えて、パスワードも変えておくことをオススメします。

この時、誕生日や記念日など個人的な情報が絡むものではなく、ランダムな文字の並び等の自分とは関係のない配列のパスワードにしておきましょう!