漫画の地球儀

Gmailの送信時に「キューに追加しました」と表示される時の解決方法【キューの意味】

スポンサーリンク

Gmailでメールを送った時、送信がうまくできずに「キューに追加しました」と表示されることがあります。

Gmailユーザーなら、これに遭遇したことがある方は多いことと思います。

それでは、この表示が出たときには、一体どういった対処をすればいいんでしょうか?

また、併せて「キュー」の意味も解説していきます!

メールを送った時、「キューに追加しました」と表示されて送信ができなかった!

Gmailでメールがうまく送れなかったとき、「キューに追加しました」という表示を見たことがある方は多いと思います。
f:id:rick1208:20181209063526p:plain
この時、送信できなかったメールは、送信トレイの中に残っている状態なんです。

さらに、すぐに再送信しても同じく「キューに追加しました」と表示が出てしまい、メール送信が不可となってしまっています。


「なんでメールが送れないの?…っていうか、そもそもキューって何なの?!」

多くの人が「キュー」とは何なのかを知らないと思います。

メールが送れないのに、ただ「キューに追加しました」という意味がわからない表示しか出ないと、頭が混乱してしまいますよね。

この「キュー」とは、一体なんなのでしょうか?

「キューに追加しました」の「キュー」ってどういう意味なの?

f:id:rick1208:20181209063622p:plain
Gmailでメール送信が行われるとき、以下の手順が踏まれています。

①ユーザーがメールの送信を行う。

②アプリが、Gmailのサーバー内にそのメールを飛ばす。

③サーバーを経由して、送信相手のアドレスにそのメールを送る。

メールの送信がスムーズにいかずに時間がかかってしまう時は、この①~③どれかでトラブルが起きている状態となっています。

「キューに追加しました」と表示があるのは、上記のような事態に陥っているときなんです。

送信ができなかったメールは、「キュー」に一旦キープされている状態です。


このキューというのは、いわば「待機所」のことです。

Gmailのサーバー障害・混雑または通信が落ち着いていない場所からメールを送信し、問題が起きた場合にそのメールを保存するところがキューと呼ばれる所なんです。

そしてキューからメールが送れるようになるのは、もともとの問題であるサーバー障害や混雑・通信状態が改善される時です。

キューに追加されたメールを送るには、どうしたらいい?

f:id:rick1208:20181209063705p:plain
キューの意味がわかったところで、ここからはキューに追加されてしまったメールを再送信する方法を見てきましょう。


「キューに追加しました」と表示が出たとき、まずはスマホのアンテナをチェックしましょう。

通信の状態はどうなっていますか?

もし安定していない場合、その場所からは離れて、Wi-Fiや安定している他の回線につないでみましょう。

通信状態が悪いことが原因でメールが送れなかった場合、この状況を良くするとすぐにメールの再送信が可能となります。


しかし、Wi-Fiにつないだりして通信状態が落ち着いているにもかかわらず「キューに追加しました」と出る場合、Gmailのサーバーに原因がある可能性があります。

まず、サーバーの混雑が原因でメールが送れない場合は、少し間をおいてからもう一度メールを送ってみましょう。
混雑状態が解けている場合、メールは送信できます。

サーバー障害が原因でメールが送れない場合、メールが再び送れるようになるには時間がかかるかもしれません。

サーバーの問題が解決できるまではメールが送れないので、緊急の用事の際は電話やLINEなど別のツールを使って連絡することをオススメします。

まとめ

Gmailでメールが送信できなかった時に表示される「キューに追加しました」。
「キュー」とは、メール送信がうまくいかなかった時の待機所のようなところのことです。

Gmailの送信ができなくなる理由は、
・回線の状態が悪い
Gmailのサーバー障害・混雑
が考えられます。

これらが解消されるとメールは再送信が可能となるので、送信ができなかった原因を探りましょう。

また緊急の用事の場合は、Gmailの状態の改善を待たずに電話・LINEなどの他の方法を選択してくださいね。