漫画の地球儀

野鳥図鑑おすすめランキング11【バードウォッチング、鳴き声、大人、子供、人気】

スポンサーリンク

決定版 日本のカモ識別図鑑

決定版 日本のカモ識別図鑑: 日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述
f:id:rick1208:20181203010040p:plain

日本で観察できるカモ46種と絶滅種2種について、種だけでなく、雌雄や年齢などの識別方法を掲載しています。イラストと写真を用いて各種のカモの生態や分布が解説されており、多方面からの識別の方法についてわかりやすく記述してあります。巻頭にあるすべての種の雌雄のイラスト一覧を見ることで、だいたいどの種か推定できるようになっています。持ち運びできるサイズなので、観察しながらの同定が可能です。
決定版 日本のカモ識別図鑑: 日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述

ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑

ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑 (新潮文庫)
f:id:rick1208:20181203010835p:plain
日本の山などで見られる野鳥287種について解説しています。大きく精密なイラストで野鳥の特徴を解説しているほか、鳴き声の解説や、日本での生息域・標高が図示されており、識別がしやすくなっているので、初心者でも簡単に同定ができます。文庫本ですので、アウトドアや山歩きなどの際、ポケットに入れて持ち歩け、実用的です。
ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑 (新潮文庫)

日本の鳥300 改訂版 ポケット図鑑

日本の鳥300 改訂版 (ポケット図鑑)
f:id:rick1208:20181203005808p:plain
日本鳥学会の新分類に対応した、日本で見られる鳥を300種掲載した初心者向けの図鑑です。大きな写真で解説され、街中で見られる身近な鳥と大きさを比較しており、鳴き声や生態、生息域を記述してあるので、ビギナーでも識別がしやすいようになっています。野鳥の行動に関しては、著者の経験が生かされたコメントが入っており、その鳥を探す際に便利です。図鑑サイズが小さく初心者向けの割に掲載種数が多いので、初心者だけではなくベテランでも野外で利用できます。
日本の鳥300 改訂版 (ポケット図鑑)

新・水辺の鳥 野鳥観察ハンディ図鑑

新・水辺の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑
f:id:rick1208:20181203011645p:plain
日本で見られる水辺の鳥約160種について、イラストで識別ポイントを解説しています。分類順ではなく、水辺の環境別に紹介しているので、種類がわからない水鳥でも探しやすくなっています。さらに、収監されている鳥は身近な水鳥に限定されているので、バードウォッチング初心者向けの内容となっています。別売の鳴き声タッチペンを使えば、鳥の鳴き声を図鑑上で再生することもできます
新・水辺の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑

日本の野鳥識別図鑑 知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる!

日本の野鳥識別図鑑: 知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる!
f:id:rick1208:20181203011240p:plain
日本で観察できる野鳥や身近な鳥を中心に460種の鳥を掲載しています。専門用語は使用せずに野鳥の特徴や識別の仕方を紹介していおり、同じ分類の鳥は同じページで紹介されているので、初心者でもわかりやすく、野鳥観察を楽しめる内容になっています。早見チャートが巻頭についており、野外で出会った野鳥を同定するための目星をつけることができます。
日本の野鳥識別図鑑: 知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる!

新・山野の鳥 野鳥観察ハンディ図鑑

新・山野の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑
f:id:rick1208:20181203011806p:plain
日本の山野で身近に観察できる160種について、イラストで識別ポイントを解説しています。生物学上の分類順ではなく、観察ができる環境別に紹介しているので、種類がわからない鳥でも容易に探すことができます。掲載されている鳥の種類は身近なものに限られているので、バードウォッチング初心者向けの内容となっています。別売の鳴き声タッチペンを使えば、鳥の鳴き声を図鑑上で再生することもできます。
新・山野の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑

新版 日本の野鳥 山溪ハンディ図鑑

新版 日本の野鳥 (山溪ハンディ図鑑)

日本で観察される野鳥約520種を写真で掲載し、特徴や識別するための手掛かりを写真でわかりやすく解説しています。野鳥の住環境を問わず幅広く収監しており、一般的な識別のポイントだけではなく著者の観察経験を活かした識別ポイントが写真付きで掲載されているなど、サイズが小さいにも関わらず情報量が多く、バードウォッチング愛好家には必携の1冊です。
新版 日本の野鳥 (山溪ハンディ図鑑)

3位、ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑
f:id:rick1208:20181203012014p:plain
実際のバードウォッチングツアーガイドが作成した図鑑で、日本国内で観察できる324種類について、生態や探し方など、実際に見つけた野鳥を観察することを重視して解説がなされています。1種類の鳥につき1ページの写真で解説され、QRコードにアクセスすると、その鳴き声をスマートフォンなどで聞けるようになっています。野鳥観察のためだけのみにとどまらず、幅広いシチュエーションで利用できる図鑑となっています。
ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

2位、フィールドガイド日本の野鳥

フィールドガイド日本の野鳥
f:id:rick1208:20181203012138p:plain

日本の野鳥630種を掲載した、「高野図鑑」の愛称で古くから親しまれている代表的な野鳥イラスト図鑑です。わかりやすいイラストと、生息域を示した地図でそれぞれの種について1ページを使い丁寧に説明されていて、識別ポイントや野鳥の行動、観察時の注意点が解説されており、初心者が野鳥観察をするうえでレベルアップしていけるような内容になっています。
フィールドガイド日本の野鳥

1位、決定版 日本の野鳥650

決定版 日本の野鳥650
f:id:rick1208:20181203012217p:plain
この図鑑では、日本で観察される野鳥焼く660種類と、外来種や今後観察の期待がある種など約50種を加えた約700種を解説しています。2200枚を超えるすべての写真は、野鳥写真の第一人者である真木広造氏によって撮影されています。雌雄や年齢、季節による識別ポイントが写真で解説されています。掲載種が多いので、初心者向けというよりは、中上級者向けの1冊です。
決定版 日本の野鳥650