漫画の地球儀

Twitterのブロックリストの確認方法を解説!【スマホアプリ、PC版、見られないように、設定とプライバシー】

スポンサーリンク

Twitter上でブロックリストを調べる方法を、スマホアプリ・PC版別にご紹介!

今回は、ブロックリストを確認する方法をスマホのアプリ・PC版別にそれぞれご説明します

f:id:rick1208:20181203092853p:plain

Twitter上で自分がブロックした相手が誰か調べる方法って?

Twitterは、役立つ情報探し・きれいな写真のアップや日常のつぶやきまで、いろいろな使い方をされています。

たくさんの人々がTwitterを使っているので、中には自分が賛同できないツイートばかりつぶやく人や、合わない人もいますよね。

そんな人達から遠ざかるために、「ブロック」という機能がTwitterには備わっています。

ブロックすると、お互いにツイートの内容を見れなくなるだけでなく、フォローしている人・されている人が誰かを見ることもできなくなります。

「この人には、ツイート見られたくないな…。」
そんなふうに思ったときは、思い切ってその人のアカウントをブロックしましょう。


でも、ブロックした相手が複数になってくると、自分が誰をブロックしたかわからなくなってしまうことがあります。

「あれ、あの人ブロックしてたっけ?間違えてブロックしてるかも…。」
こんな時に、誰をブロックしているか一覧でパッと見ることができたらいいですよね。


Twitterにはブロックリストというものがあり、これでブロックした相手をチェックすることができます。

今回は、スマホアプリとPC版からブロックリストを調べる方法をご説明します

Twitterのブロックリストを調べる手順

それでは、さっそくスマホアプリからブロックリストを見る方法をご紹介しましょう。

スマホアプリからブロックリストを見る

①まず、Twitterのアプリを開きます。
 タイムラインの左上部にある、ご自身のプロフィールのアイコンをタップしてください。
f:id:rick1208:20181204010917p:plain
②するとプロフィールやブックマークなど、自分のアカウント情報を見ることができるページが開かれます。
 そのページの下部分にある「設定とプライバシー」を選択しましょう。
 ここから、Twitter上の各設定の確認・変更が行えます。
f:id:rick1208:20181204011002p:plain
③画面が切り替わりますので、その中の「コンテンツ設定」を選びます。
 そうすると、「セキュリティ」という欄に「ブロックしたアカウント」と表示されます。
 これをタップすれば、自分がブロックしているアカウントがリストアップされます。
f:id:rick1208:20181204011019p:plain
そのページから、具体的に何人ブロックしたのか、そして誰なのかをチェックしていってください。

f:id:rick1208:20181204011039p:plain

ブロックリストから外したい人がいる場合、どうしたらいい?

上記の方法でブロックリストを調べて、
「あ、この人間違えてブロックしてる!」
と気づいた場合は、すぐにブロックから外すことができます。

①ブロックを解除したいユーザーをタップして、その相手のページに移動します。

②ページの右上部に「ブロック中」という表示がされているはずです。
 ここをタップしましょう。
f:id:rick1208:20181204011121p:plain
③「ブロックを解除する」という表示が出るので、ここを選択してください。
 そうすると、もうブロックは解除されている状態になります。


とっても簡単にブロック解除できるので、間違えてブロックした時だけでなく、また相手とTwitter上での関係を復活させたい時などにも使ってくださいf:id:rick1208:20181204011137p:plain

PCからブロックリストを見る

PCからブロックリストを見る場合も、基本的には同じ操作を行います。
ただアイコン位置などが違うだけで、とっても簡単ですよ。

①まず、ページ右上部の自分のアイコンをクリックしてください。
f:id:rick1208:20181204011154p:plain
②画面の左側に新しい小さなページが開かれます。
 その中の「ブロックしたアカウント」を選択しましょう。
 そうすれば、ブロックリストが表示されます。
f:id:rick1208:20181204011223p:plain
f:id:rick1208:20181204011234p:plain
ちなみに、自分のブロックリストをほかのTwitterユーザーに送ることができるんですよ。(=エクスポート)
逆に、受け取ることだって可能です。(=インポート)
ブロックリストをほかのユーザーたちと共有したい時は、csvファイルを使ってPC上で行います。

また、ブロックリストの上部に表示されている「インポート済み」という箇所をクリックすると、インポートリスト経由でブロックした相手だけを見ることもできます。

ブロックリストの共有は、仲間内で避けておきたい人物がいる場合などに役に立つ機能ですね。
有効に使ってください

まとめ

Twitter上でブロックする相手が増えると、誰を自分がブロックしているかわからなくなる時があります。

また、うっかり間違えてユーザーをブロックしてしまうこともあります。
そんなことがないように、時々「ブロックリスト」を確認して誰をブロックしているのか、またミスがないかを調べるといいです。

今回ご紹介したスマホアプリ・PCからTwitterのブロックリストを調べる方法は、とっても簡単ですので、ぜひお役立てください


Twitterは、多くの人が使っているSNSです。
ネット上とはいえ人間関係の場ですから、時にはユーザとのトラブルも起こってしまいます。
ツイートの内容を知られたくない相手、目に入れたくない相手がいる場合は、遠慮なくブロックして平和なTwitter生活を送ってくださいね。