漫画の地球儀

Chromeが起動しない・開かない時の解決方法!【ブラウザ、セキュリティソフト、タスクマネージャー】

スポンサーリンク

Chromeが起動しない・開かない

f:id:rick1208:20181203083910p:plain
パソコンでインターネットを閲覧する場合に使うブラウザ。様々なブラウザが存在しますが、その中でも多くの人から支持されているのが「Google Chrome」。皆様も一度はお使いになったことがあるのではないでしょうか。

シンプルで使いやすく、安全性も高いChromeですが、ときには開かない、起動できないなどのトラブルに見舞われることがあります。

当然Chromeが使えなければ、Webページを閲覧できず不便な思いをしますし、心配性の方であればPC自体の故障かも?と不安になってしまうこともあるかと思います。

そこで今回は、Chromeが起動せず困っている方々のために、主に立ち上がらない、反応がないといった場合の対処法を伝授していきます。

Chromeが起動しない・開かない場合の対処法

Chromeが起動しない・開かない場合の対処法を順番に解説していきますので、順に試してみてください。

タスクマネージャーを見てみる

よくありますが、デスクトップアイコン等を何度もクリックしてしまう場合。こういう時に起こるケースで、バックグラウンドではChromeが起動しているにも関わらず、開かないというケースがあります。。

Windowsをお使いの場合、タスクマネージャーを表示し、Chromeが起動していないかどうか確認しましょう。

ちなみに、タスクマネージャーは「Ctrl + Alt + Deleteキー」操作か、タスクバー上を右クリックして出てくるメニュー内の「タスクマネージャーの起動」から表示させることが可能です。

タスクマネージャーの「プロセス」タブを開き、「イメージ名」から「chrome.exe」を探し、見つけたらクリックで選択して「プロセスの終了」をクリックします。そうすると、Chromeを終了させることができます。
f:id:rick1208:20181203083951p:plain
プロセス一覧からchrome.exeが消えたことを確認して、再度Chromeを起動してみてください。

セキュリティソフトを確認してみる

たまに、お使いのセキュリティソフトがChromeを迷惑なソフトと捉え、使えなくしてしまうことがあります。
f:id:rick1208:20181203084003p:plain
chrome.exeお使いのセキュリティソフトのシールドにひっかかっていないかどうかを確認してみましょう。

メモリの空き容量を増やしてみる

パソコンでアプリケーションを多く開いていることで、Chromeの起動に要するメモリが不足してしまっていることがあります。

一旦、他のアプリケーションを閉じ、メモリを解放してから、再度Chromeの起動を試すと起動できるかもしれません。

PCを再起動してみる

f:id:rick1208:20181203084029p:plain
ChromeではなくPC側のトラブルや他のプログラムが問題で使えない可能性もあります。

ただ、この場合はPCを再起動すれば解決することが多く、再起動してから改めてChromeを起動してみましょう。

実はパソコンを再起動をすると、Chromeの立ち上がらない可能性の要因候補をかなり潰すことができます。

先述のメモリが問題になっている場合も再起動で、アプリケーションが終了されるので、アプリを一旦閉じるのと同じことになりますし、もし暴走しているアプリケーションやプロセスがあったとしても再起動で解消されることが期待できます。

ユーザープロファイルを削除する

Chromeでは、ユーザーごとに「ユーザープロファイル」という設定が管理されていますが、このユーザープロファイルの不具合で読み込むことが出来なくなりChromeが立ち上がらないパターンもあります。この場合は単純にユーザープロファイルを削除してみると良いです。

WindowsOSでのユーザープロファイルの場所は「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data」です。「AppData」フォルダは隠しフォルダとなっていて、フォルダーオプションから隠しフォルダを表示できるようにしましょう。

エクスプローラ上部メニューの「ツール」からフォルダーオプションを起動し、「表示」タブの詳細設定「ファイルとフォルダーの表示」項目の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックした後にオンにして、「適用」をクリックし、最後に「OK」をクリックします。この操作をするとAppDataフォルダが表示されます。
f:id:rick1208:20181203084156p:plain
User Dataフォルダを開くと、「Default」か「Profile 1」というフォルダがあるはずです。これらがユーザープロファイルのフォルダなので、適当にリネームしてから元のユーザープロファイル名と同じフォルダを新規作成しましょう。

この操作の際にユーザープロファイルフォルダのリネームができないこともあります。その場合は、「タスクマネージャーを見てみる」で解説した通り、chrome.exeが起動してないかを確認して、プロセスがあれば終了させることで解決します。
f:id:rick1208:20181203084222p:plain
ここまでがユーザープロファイルの削除の方法ですが、もしこの方法でChromeが起動できた場合、ブックマークなどのデータが消えてしまいます。

それを復元するためには、リネームしたユーザープロファイルフォルダの「Bookmarks」「Bookmarks.bak」の2つのフォルダを新しいユーザープロファイルフォルダにコピーしてください。これでブックマークの移行ができ、以前と同じように使用できます。

再インストールする

これは最終手段です。Chromeの再インストールは結構手間がかかるので色々試した後でやってみてください。

ユーザープロファイルの新規作成でもChromeの反応がない場合はブラウザ自体に問題がある可能性が高く、Chromeを一度アンインストールして再インストールし直すのが良いかもしれません。

まとめ

Chromeが起動しない・開かない場合の対処法まとめ!皆様のお役に立てましたでしょうか?

GoogleChrome」は安定度も高くてとても支持されているブラウザですが、起動しない・開かないといったトラブルもしばしば起こります。お使いのChromeが反応しない・立ち上がらないという状況に陥ってしまったら、記事内で紹介した対処法を是非試してみて欲しいと思います!