漫画の地球儀

chromeのデータセーバーのメリット、デメリット解説【通信量節約、pc、Android、スマホ】

スポンサーリンク

chromeのデータセーバーとは

パソコンやスマートフォンのブラウザで使用している人も多い「Google Chrome」には、「データセーバー」という機能があります。


データセーバーとは要するに「データ」を「セーブ(抑える)」する機能ということです。もう少し詳しく仕組みをお伝えしますと、通常、ブラウザからWebサイトにアクセスする場合、

そのままのサイズでWebサイトのデータを読み込みます。

それがChromeのデータセーバー機能を使用した場合はWebサイトにアクセスしたときのデータをGoogleのサーバーを通し圧縮し、

使用しているスマホやPC等のデバイスはそのようにして圧縮されたデータを読み込むことが出来、結果的にダウンロードするデータ量を抑えられるという仕組みです。

なので、データセーバー機能を利用すると通信データ量をかなり節約することができます。

圧縮した分読み込むデータ量が減りますし、特にデータ通信量に制限のあるスマホを使用している方にとっては非常に良い機能です。

また、格安SIMに多い低速回線でのインターネット使用も、データセーバーをONにすることでWebサイトを読み込むスピードが速くなり、遅さを軽減させることができます。

その他にも、データセーバー機能を使用した際のメリットとしては、Googleのサーバーを経由するので、もし不正なサイトや危険なサイトにアクセスしてしまうと警告が表示されるので、ちょっとしたセキュリティ対策としての効果も期待できます。


chromeのデータセーバーの利用方法

データセーバーのメリットがおわかり頂けたところでchromeでのデータセーバーの利用方法をパソコンとスマートフォンに分けそれぞれ解説していきます。

・PC
f:id:rick1208:20181202212904p:plain
PC版Chromeブラウザには既存のデータセーバーがないので、拡張期能をインストールするしなければなりません。


インストールを完了させると、Chromeの画面右上にデータセーバーアイコンが表示され、
f:id:rick1208:20181202212914p:plain
クリックすると、データの使用量と削減量が一目で分かります。

Android
f:id:rick1208:20181202212926p:plain
スマホ側とChrome側の両方の設定をしていきます。

ますはAndroidスマホ側のデータセーバーをONにする手順を解説します。

まず、設定メニュー内の「データ使用量」をタップします。

データ使用量メニューが表示されたら「データセーバー」をタップします。
f:id:rick1208:20181202213108p:plain
そうするとデータセーバーメニューが表示されるので、画面上部の「データセーバー」をタップしてONにしましょう。
f:id:rick1208:20181202213146p:plain
これでAndroidスマホ側のデータセーバー設定は完了です。

今度はChrome側の設定をONにする手順を解説していきます。

まず、Chromeを起動します。次に、画面右上のメニューボタンをタップし、メニュー内の「設定」をタップします。
f:id:rick1208:20181202213155p:plain
そして、設定一覧にある「詳細設定」から「データセーバー」をタップしましょう。
f:id:rick1208:20181202213204p:plain
そうするとデータセーバーメニューが表示されるので、画面上部の「データセーバー」をタップしてONにしましょう。
f:id:rick1208:20181202213213p:plain
データセーバーをONにするとデータ使用量のグラフが表示され、その上部にデータの削減量が表示され、わかりやすく確認できるようになります。
f:id:rick1208:20181202213221p:plain

chromeのデータセーバーのデメリット

ここまで良い点のみをお伝えしてきましたが、実はデメリットもあります。

・画像の画質が悪くなる

データを圧縮するので、当然データ量の多い画像やは画質が劣化したものを読み込むこととなります。

ネットサーフィンなどの通常の使用には差し障りはないと思いますが、写真やイラストの検索や閲覧を目的とした使用の場合はデータセーバーをOFFにするのがオススメです。

・Webサイトの読み込みにタイムラグが起こる
f:id:rick1208:20181202213335p:plain
PC・スマホのどちらも共通して読み込みのタイムラグ(遅延)が発生します。理由は一度Googleのサーバーを経由するからです。早い回線速度がほどタイムラグをはっきりと感じ取ることができるはずです。

一部機能が使用不可能になる

ユーザーの位置情報を検出するサービスが正常に動作しなかったり、ファイルのダウンロードリンクが危険と判断され表示できないなどがあります。そのような場合は、データセーバーをOFFにしてもう一度試してみると問題なく利用できるようになるかもしれません。

プロキシサーバーを利用中は使用不能

プロキシサーバーを利用している間はデータセーバーが利用できません。なので、データセーバー利用時はプロキシサーバーをオフにしましょう。

保護が行われているページでは動作しない

保護されているページとはアドレスが「https://」で始まるWebサイトのことで、データを暗号化して保護しているため、データそのものを圧縮することができなくなります。これに関しては、セキュリティの観点からも保護されたWebページでのデータセーバーが動作するのは危険ですのでやむを得ないといえるでしょう。

Webページ製作者には不向き

データセーバー機能を使用するとWebサイトのデータが圧縮されるためその表示の内容も変化します。それによって、Webページを製作する側の人が導入していると自分の環境と他の環境で表示内容が変わり混乱してしまうこともあるので注意が必要です。

また、製作したWebサイトの確認のためにはデータセーバーをアンインストールするなど手間がかかるので製作者側には扱いが難しい部分があります。

データセーバーのON/OFFの切り替えが必要となります。

まとめ

chromeのデータセーバーとは?通信量を節約しよう!デメリットも解説、皆様のお役に立つ情報でしたでしょうか、

Google Chromeのデータセーバー機能を使えば、Googleのサーバーを通して圧縮したデータを読み込むことが出来、通信するデータ量が抑えられます。なので、モバイルルーターを利用している場合や、スマホでインターネットを使う場合にはとっても便利でお得な機能です。

ですが、データを圧縮する分画像が劣化してしまったり、一部の機能が使えなくなるなどのデメリットもあります。デメリットの詳細は記事内で解説しているので、こちらも確認してからデータセーバーを利用してみてくださいね。