漫画の地球儀

スマホやPCを自宅Wi-Fi接続方法を解説!「SSID」と「パスワード(暗号化キー)」

スポンサーリンク


便利なWi-Fiが飛び交っているというのに、肝心の接続方法が分からず使えない・・・
そんな悲惨な現状を打破!
スマホやPCなどの機器をWi-Fiに繋ぐ方法を解説していきます。
あなたのWi-Fiライフが無事にスタートしますように!

まずはSSIDとパスワードを知ろう!どこに記載されているの?

Wi-Fi接続に必須なのが「SSID」と「パスワード(暗号化キー)」です。

「なにそれ?」って思った方向けに簡単に解説すると

SSIDとは・・・Wi-Fiそれぞれの名前のようなもの。
Wi-Fiそれぞれに名前があって、複数のWi-Fiが飛び交っている場所では、どのWi-Fiに接続するかこのSSIDをみて選べます。
でも、そもそもお名前を存じ上げていなければ選びようがありませんよね。
Wi-Fi接続ではSSIDは基本的ステップです。

自宅にWi-Fiを設置した場合、大抵はWi-Fiルーターに貼り付けてあるシールにSSIDと暗号化キーが記載されています。

↓こんな感じですね。

            • -

SSID:◯◯◯◯◯
暗号化キー:◯◯◯◯◯

            • -

Wi-Fiルーターのシール部分を見逃している人は結構多いようなので、要チェックです。


見出し:自宅でWi-Fi接続やってみよう

自宅にWi-Fiルーターが到着したならば、スマホやPCを早速接続してみましょう。

それぞれの機器別で接続方法をまとめました。

スマホWi-Fi接続する方法>

●自宅Wi-FiiPhoneを接続する

1. iPhoneの「設定」を洗濯

2. 「Wi-Fi」を選択

3. Wi-Fiのオン/オフ選択でオンにする(ボタンが緑になればOK)

4. 自宅Wi-FiSSIDを選ぶ

5. パスワード入力画面が出たら、自宅WiFiの暗号化キーを入力

6. 完了

●自宅Wi-FiAndroidを接続する

1. スマホ画面上部から下方向へスワイプ→ポップアップをさらに下方向へスワイプ

2. 出てきたメニューで「設定」を選ぶ

3. 「ネットワークとインターネット」もしくは「Wi-Fi」を選ぶ

4. 「Wi-Fi」の画面にてWi-Fiのオン/オフが出てくるので、オンに

5. 自宅Wi-FiSSIDを選ぶ

6. 暗号化キー入力画面が出てくるので、自宅Wi-Fiの暗号化キーを入れる

7. 完了

<PCをWi-Fi接続する方法>

Macと自宅のWi-Fiを接続する

1. 画面左上にあるアップルアイコンを押して「システム環境設定」を選ぶ
f:id:rick1208:20181109171511p:plain

2. 「ネットワーク」を選ぶ

3. メニューが左側に出たら「Wi-Fi」を選び「Wi-Fiをオンにする」を押す

4. 「ネットワーク名」を選び、接続可能なSSID一覧から自宅Wi-FiSSIDを選ぶ

5. 自宅Wi-Fiの暗号化キーのを入れる

6. 完了

WindowsWi-Fiに接続する

1. 画面下部にあるタスクバーを開き、Wi-Fiアイコンを選ぶ
f:id:rick1208:20181109171526p:plain
2. 「ネットワーク設定」が出てくるので、メニュー一覧から「Wi-Fi」を選んでオンに
3. タスクバーに出てくるWi-Fiを選んで、接続可能なSSID一覧から自宅Wi-FiSSIDを選ぶ

4. 「接続」を押す

5. 「ネットワーク セキュリティ キーの入力」という画面が出てくるので暗号化キーを入れる

6. 完了

お店や外出先でWi-Fiが使えて便利!しかし注意点もあり!

今時、どこに出かけても大抵フリーWi-Fiが利用できます。
スマホのデータ通信を節約できて便利なのですが、接続しても繋がらない・契約しないと使えないという表示が出て・・・などなど
フリーWi-Fiあるあるをご紹介します。
注意すべきポイントや利用方法の参考になさってくださいね。


●どうしてフリーWi-Fiに接続できないの?

誰でも使えるはずのフリーWi-Fiですが、以下3つの原因があると繋がらないことがあります。


・ワイファイ事業者との契約をしなければならないケース

お店の窓や壁に「Wi-Fi接続OK」なんてステッカーが貼ってあっても、接続できないことってありませんか?

そのステッカーには恐らくdocomoSoftBankauなどの事業者マークがあるはずです。
事前にその通信事業者と契約していなければなりません。

もしもdocomoユーザーで、貼ってあったステッカーにdocomoのマークがあれば、簡単に接続できるはずです。


・ログイン画面が表示されるケース
カフェやショップなどでフリーWi-Fiがある場所にありがちなのですが、ログイン画面が表示さえることがあります。

たいてい登録は無料なのですが、ログイン画面が表示される場合には以下の3パターンであることが多いです。

SNSアカウントと連携してWi-Fi接続するもの
・メールアドレスで登録してから接続可能となるもの
・店内でSSIDやパスを教えてもらって接続するもの


・電波状況が悪い、混み合っているケース

都市部で見られるケースですね。
繁華街や人がたくさん集まっている場所だと、ネットワーク接続に時間がかかってしまうこともあるんです。

私たちが利用しているWi-Fiというのは以下2つの周波数が規格となっています。
2.4GHz帯(IEEE802.11b/g/n)
5GHz帯(IEEE802.11a/n/ac)

規格化された時から主流である2.4GHz帯だと、この周波数をメインにしている機器はかなり多いです。
なので人混みでは混み合って時間がかかることもあります。

もしも持っている機器が5GHz帯を利用できるのであれば、そちらで接続して見ましょう。
まだ2.4GHz帯よりもスムーズにWi-Fi接続できるはずです。

注意点として覚えておいて欲しいのは、盗聴や傍受の可能性もゼロではないということ。
これはフリーWi-Fiの弱点でもあるのですが、通信電波の暗号化がされていない・暗号化強度の低さといったデメリットがあり、管理者も不透明であるケースが多いです。

技術的には「なりすましアクセスポイント」を作ることもできるので、気づかないうちに盗聴や傍受される可能性もあります。

フリーWi-Fiを使って出先で重要な仕事をする・・・というのはできる限り避けるべきですよ。

個人情報に関してもクレジット情報を盗まれたり、SNSアカウント乗っ取りといった悪用のリスクもゼロではありません。

便利なフリーWi-Fiですが、注意点や危険性やデメリットをよく考えるべきなんです。