漫画の地球儀

世界の秘境70選【ミステリースポット、観光スポット、神秘、奇妙、不思議】

スポンサーリンク

マラカイボの灯台ベネズエラ

f:id:rick1208:20180821043622p:plain
南アフリカベネズエラのマラカイボの灯台は、まさに観光スポットとしてももっとも珍しい落雷地獄です。灯台と言われていますが、そこには灯台があるわけではありません。灯台のように光が満ち溢れているそのエネルギーは全て雷の稲妻なのです。1時間に3600回もの落雷があるので異次元体験ができるのです。


イースター島 モアイ象(チリ)

f:id:rick1208:20180820220559p:plain
イースター島に並ぶモアイ像は誰もが一度はテレビなどで見たことがあるはずです。チリ領の太平洋上に浮かぶイースター島。巨大な東部の石像が1000体以上も並んでいます。なぜ、そしてどうやってこれらの石像が作られたのかはいまだにミステリーに包まれています。

海の中の滝(モーリシャス共和国

f:id:rick1208:20180820221713p:plain
モーリシャス共和国はアフリカの南東沖2000キロの所にぽっかり浮かぶ諸島です。海の一部に巨大な滝が流れ込んでいるかのように見えるスポットがありますが、これは光の屈折により目の錯覚でそう見えてしまうのです。上空から見た海の中の滝は非常に幻想的

悪魔の鼻(エクアドル

f:id:rick1208:20180820215353p:plain
南米エクアドルにある悪魔の鼻と呼ばれる山。かつてエクアドル全土に線路を敷設する作業を行なっていた作業員が4000人近くも犠牲になったということから、この小山に悪魔の鼻という名前がつけられました。深い峡谷のなかを走り抜けるエクアドル鉄道に乗車し、手付かずの自然を堪能できるスポット

メリッサーニ洞窟(ギリシャ

f:id:rick1208:20180821044240p:plain
ギリシャのケファロニアにある地底湖の美しさが人気となり絶景スポットとして観光客に知られるようになりました。それがメリッサーニ洞窟です。洞窟の深いブルーの色は青空から差し込む光が作り出していると言われています。あまりの美しさに妖精の洞窟という別名もあるぐらいです。

キルークレイク(カナダ)

f:id:rick1208:20180820223707p:plain
カナダのロッキー山脈に位置するキルークレイクは夏場限定で様々な色合いのカラフルな水玉の模様ができる湖として注目されています。大小様々な丸い模様は可愛らしくファッショナブルな服のパターンのようです。これは夏季になると湖が干上がり、硫酸マグネシウムやカルシウムなどの物質のみが残されこのような模様を作り出すと言われています

アブラハム湖(カナダ)

f:id:rick1208:20180820215442p:plain
カナダのアルバータ州にあるアブラハム湖はダムを建設した時に同時に作られた人造湖です。冬の寒い時期になるとこの湖の中にクラゲのような物体が大量に発生してくるのです。自然が織りなす芸術作品とも言える、このクラゲ状の物体は湖の底から湧き出ているメタンガスの気泡が凍ったものです

クリスタルの洞窟(メキシコ)

f:id:rick1208:20180821004458p:plain
南米メキシコのチワワ州にあるナイカ鉱山には白いクリスタルで覆い尽くされた洞窟が存在しています。クリスタルの結晶の形も柱のような形が折り重なっているものやキューブ型の結晶など様々で見る人たちの目を奪います。クリスタルの美しさに誰もが言葉を失うほどの美しい光景が広がり見応え満点です

イエローストーン国立公園(アメリカ)

f:id:rick1208:20180820215915p:plain
アメリカのイエローストーン国立公園は、しっかりと環境保護がされている広大な自然公園で、とても1日では十分に見て回れないほどの広さです。手付かずで自然なままの姿の自然の懐でさまざまな自然の造形美を堪能することができます。アイダホ州モンタナ州ワイオミング州の3州にまたがるアメリカ一人気のある国立公園です

アンテロープ・キャニオン(アメリカ)

f:id:rick1208:20180820215839p:plain
アメリアリゾナ州にあるアンテロープキャニオンはテレビCMなどでも見かけることが多く、日本人にも人気の観光スポットです。滑らかな岩肌が折り重なるようにして洞窟を作り出し、その岩の隙間から差し込む外界の光が洞窟のなかを照らすとこの世のものとも思えないような幻想的な風景が広がります。アメリカでももっとも人気のある観光スポットの一つでパワースポットとしても知られています。



オレゴンの渦(アメリカ)

f:id:rick1208:20180820222927p:plain
オレゴンの渦は、アメリカ合衆国オレゴン州のゴールドヒルにある施設の事です。この場所では近づくにつれ身長差がかわってしまったり、ボールが上り坂を登ったり、中心付近ではコンパスが回転し続けてしまう、と言った目を疑ってしまう不思議な現象が起きます。

カドー湖(アメリカ)

f:id:rick1208:20180820223202p:plain
カドー湖はテキサス州ルイジアナ州の州境にある湖の事です。この湖は地震によって自然に出来た湖なんです。元々は森だった所に出来たので、湖の中には木々がそびえ立っています。その風景は幻想的で美しい

シャーチェラー(イラン)

f:id:rick1208:20180821005127p:plain
シャーチェラーはイランの首都テヘランから南に1000km南下したシーラーズという街の中心部にある霊廟です。外面は普通な感じがしますが内面が凄いです。作られたのが12世紀からなのですが万華鏡の中にいるような、キラキラ美しい場所になっています。

スカフタフェットル国立公園 氷の洞窟(アイスランド

f:id:rick1208:20180821032502p:plain
スカフタフェットル国立公園はアイスランド南東部のヴァトナヨークトル氷河のふもとにある国立公園で、氷の洞窟もそこにあります。中は氷の純度が高く青しか通さないので青の洞窟とも言われています。冬にしか見る事が出来ないので注意が必要です

十字架の丘リトアニア

f:id:rick1208:20180821005444p:plain
十字架の丘リトアニアの都市シャウレイ郊外ある巡礼地で無形文化遺産にも登録されています。十字架の数も凄いのですがイエスの受難像やリトアニアの英雄の彫刻、聖母マリア像などカトリック教会の巡礼者によって様々な物が置かれるようになった。その数に圧巻されます


モエラキ・ボールダーズ(ニュージーランド

f:id:rick1208:20180821044413p:plain
モエラキ・ボールダーズはニュージーランドのオアマルを南40km南下した場所にあります。そこには直径1~2Mくらいの石が何個か置かれています。その石は人為的に置かれたのではなく自然に置かれたものです。ただ何のために誰が置いたのかは謎になっています。

ジャイアンツ・コーズウェイ(イギリス,アイルランド

f:id:rick1208:20180821005344p:plain
ジャイアンツ・コーズウェーはイギリス・北アイルランドにある火山活動で生まれた4万もの柱状奇岩が連なる地域で世界遺産にも登録されています。その景観は人為的だと思いそうですが自然に出来たものです。とても美しく伝説も語られています。


シュワージュ 腐海ウクライナ

f:id:rick1208:20180821032426p:plain
シュワージュ(腐海)は、ウクライナ本土とクリミア半島の間にあるアゾフ海の西岸に広がる干潟の事です。幻想的な風景が見れて朱色に見える湖は美しく、この世のモノとは思えないくらい綺麗です。幻想的な雰囲気も味わえます。

ダルヴァザ 地獄の門トルクメニスタン

f:id:rick1208:20180821033600p:plain
地獄の門トルクメニスタンの首都アシュガバットから北に約250kmに北上した、ダルヴァザのカラクム砂漠の中央にあります。その穴の中では40年間ずっと燃え続けるクレーターを見る事が出来ます。中はガスで充満してるのでずっと燃え続けるそうです。

レンソイス・マラニャンセス国立公園(ブラジル)

f:id:rick1208:20180821045245p:plain
レンソイス・マラニャンセス国立公園はブラジル連邦共和国北東部のマラニャン州にある国立公園の中にある広大な砂丘の事です。中では宇宙からでも確認できる白い砂丘が見れます。その風景は美しく雨が降る雨季の時期だとエメラルドグリーンの水溜りも出来てより美しいです。

セノーテ(メキシコ)

f:id:rick1208:20180821032551p:plain
メキシコのユカタン半島にある陥没穴に地下水が溜まってできた天然の泉であるセノーテは、古代マヤの言葉で「聖なる泉」を表す、神秘的な場所です。驚くほどの透明度の美しい青の世界が存在します。また地下に光が差し込むことでより神聖な雰囲気を醸し出します。ツアーもあり、シュノーケル、スキューバダイビングなども楽しめます


モノ湖(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821044451p:plain
アメリカ、カリフォルニア州にあり、76万年前には形成されたといわれている北アメリカ最古の湖です。「モノ」とはネイティブアメリカンの言葉で、「ハエ」を意味します。塩分濃度がとても高い塩湖で、トゥファと呼ばれる石灰石の奇岩が立ち並び幻想的で神秘的な風景に圧倒されます。また天候や時間帯により、全く違った景色を楽しむことが出来ます。



ダナキル砂漠 ダロル火山(エチオピア

f:id:rick1208:20180821033403p:plain
ダナキル砂漠はエチオピア北東部に広がる世界一過酷な地と呼ばれる砂漠です。ダロル火山は、ダナキル砂漠の中にあります。海面よりも低い場所に火口があり、地球とは思えない別の惑星に来たかのような色鮮やかな不思議な絶景に圧倒されます。いくつもの噴火クレーターがあり、塩分や硫黄などのミネラルにより、極彩色に色づけされた世界が作られています。ツアーによる観光が一般的です

マーブルカテドラル(チリ)

f:id:rick1208:20180821043511p:plain
チリ南部のパタゴニアにある世界一美しいと言われる青い洞窟です。ヘネラル・カレーナ湖のにあり、石灰質の大理石が湖水の浸食により、複雑な形、流れるようなマーブル模様を生み出しました。洞窟内に差し込む太陽光が湖面を反射して、洞窟内が全面、青の神秘的な絶景になり、圧倒されます。

武陵原(中国,湖南省

f:id:rick1208:20180821043436p:plain
中国の湖南省にある世界遺産にも登録されている奇岩の柱が立ち並ぶ壮大な自然が広がる自然保護区です。映画「アバター」のモデルとなったことでも有名です。海底の地殻変動によって作られた垂直に立つ奇岩と森は絶景で、長い年月をかけて作り上げた自然の力に圧倒されます。雲海に浮かぶ山水画のような世界には、貴重な動植物も生息しています。

ソコトラ島(イエメン)

f:id:rick1208:20180821033200p:plain
インド洋に浮かぶイエメンの島です。インド洋のガラパゴスとも呼ばれる奇観の広がる秘境です。独自な進化を遂げた植物が多く、島のシンボルである竜血樹や固有の木であるボトルツリーが見所です。美しい海と白い砂丘もお勧めです。交通機関が発達していないため、ツアーによる観光が一般的です

ラック・ローズ レトバ湖(セネガル

f:id:rick1208:20180821044542p:plain
セネガルの首都ダカールにある「バラ色の湖」です。藻の一種ドナリエナが生息しているため、ピンク色をしています。乾季の時期が一番鮮やかなバラ色を見ることが出来ます。塩分濃度がとても高く、塩の産地になっており、また湖の中に入れば浮くことが出来ます。首都から車で1時間弱で訪れることが出来ます。


フィンガル洞窟(スコットランド

f:id:rick1208:20180821043250p:plain
スコットランド無人島にある、自然が作ったとは思えない六角形の玄武岩の柱状節理が連なった神秘的な洞窟です。この六角形の岩は溶岩が冷える際に作られます。内部に入れば、波と風による不気味な音が響き、より幻想的な空間で恐怖も感じられます。ドイツの作曲家が「フィンガルの洞窟」を作曲したことでも有名です。

ソンドン洞窟(ベトナム

f:id:rick1208:20180821033326p:plain
ベトナム中部、フォンニャ・ケバン国立公園にある世界最大の洞窟です。全長約7km、、最大高さ240mもあり、全貌がまだ分からない、まさに秘境の地です。洞窟内には、天井が崩れた場所もあり、森やジャングルなど、とても地下の世界とは思えない神秘的な光景が広がります。また、珍しい洞窟真珠と呼ばれる洞窟生成物も見所です


ロマイラ山(ベネズエラガイアナ、ブラジル)

f:id:rick1208:20180821045333p:plain
ベネズエラのカナイマ国立公園内、ギアナ高地にあるテーブルマウンテンです。地質学的な影響を受けずに最古の地殻をそのまま残しています。水晶で埋もれた「水晶の谷」、世界最大の落差の「エンゼルフォール」、珍しい動植物が見所です。「失われた世界」の舞台としても有名です。断崖により切り立った陸の孤島で、世界最大の秘境とも呼ばれています。

フライガイザー(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821043403p:plain
フライカイザーはアメリカのネバダ州北部に広がるブラックロック砂漠の中にある岩石です。岩石の頭部から地底の温水が絶え間なく吹き出しています。岩石の色は赤と緑の色鮮やかで、引き込まれる様なデザインになっています。

ナトロン湖(タンザニア

f:id:rick1208:20180821040416p:plain
ナトロン湖はアフリカ・タンザニア連合共和国北部のアルーシャ州にある湖の事です。ナトロン湖は強アルカリ性の塩湖でとても危険です。そしてこの湖に動物が入ったら石化してしまいます。と言うのもこの湖は炭酸水素ナトリウムと塩分をたくさん含んでいて乾くと石化します。


ナスカの地上絵(ペルー)

f:id:rick1208:20180821040344p:plain
ナスカの地上絵はペルーから南へ400km南下したアンデス山脈と太平洋にはさまれた砂漠地帯にある巨大な地上絵です。色んな説がありますが一体誰が何のためにどうやって描いたのか?多くの謎が今でも解明されていません。


ラッセン火山国立公園(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821044612p:plain
ラッセン火山国立公園は、カリフォルニア州北部にあるアメリカ合衆国の国立公園です。そこにそびえ立つラッセン火山含め火山一帯が活火山になっています。そしてラッセン火山国立公園は自然が凄く風景はまさに絶景

バータラ峡谷(レバノン

f:id:rick1208:20180821040651p:plain
バータラ峡谷は西アジア・中東に位置する共和制国家レバノンにあります。そして首都ベイルートから北に約75km北上した所にあります。そこで見れるバータラ峡谷の滝は自然が作り出した幻想的で神秘的な風景を見る事が出来ます。

ロレット教会の螺旋階段(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821045431p:plain
ロレット教会の螺旋階段はアメリカのニューメキシコ州サンタフェ市内にあるロレットチャペルという修道院の中にあります。この階段は中心に支柱がないにも関わらず普通に壊れる事もなく使う事が出来る謎の階段になっています。現在の建築構造学では再現不可能と言われています。

ミスティックフォレスト(オランダ)

f:id:rick1208:20180821044202p:plain
ミスティックフォレストはヨーロッパ北西部のオランダにあります。風景は地面に赤紫の草が広がって綺麗に木々が立っていて、まさに幻想的でどこか悲しげな感じになっています。世界の奇妙で不思議な絶景としても有名になっています。

ウェーブロック(オーストラリア)

f:id:rick1208:20180820221627p:plain
ウェーブロックはオーストラリアの西オーストラリア州にある不思議な岩の事です。その岩は波が固まってしまった様に見える岩になっています。縦15メートルで横100メートルの一枚岩になっているので初めて見た時はビックリ

クシュヴィ・ラス(ポーランド

f:id:rick1208:20180821004326p:plain
クシュヴィ・ラスはポーランドとドイツの国境付近のグリフィノと言う街の中にあります。人為的に歪めた木が生えていています。何故この様な木が生えているのかこの木は何の為に植えたのか謎で、様々な説が飛び交っています

エンヤフィヤトラヨークトル氷河(アイスランド

f:id:rick1208:20180820222419p:plain
エンヤフィヤトラヨークトル氷河はアイスランドのスコゥガル村の北部にある氷河です。不思議なのはこの氷河は火山になっています。実際に何回か噴火しています


シギリヤロック(スリランカ

f:id:rick1208:20180821004858p:plain
スリランカにある世界遺産の一つで、切り立った崖の上に建設されています。王宮や水路、庭園などが立ち並んでおり、一種の都市を形成しています。まさに空中都市と言える場所

キャノ・クリスタレス(コロンビア)

f:id:rick1208:20180820223419p:plain
コロンビアの国立自然公園「シエラ・デ・ラ・マカレナ」の中にある川です。全長は100キロほどで、世界で一番美しい川と称されています。その理由は色にあります。といっても普段は普通の川と変わらず、9月から11月にかけてのみ、様々な色が混ざりあった美しい川に変化します。



元陽の棚田(中国)

f:id:rick1208:20180821004625p:plain
中国雲南省の元陽県にある世界最大の棚田です。その歴史は古く、約1300年前からハニ族の手によって作られてきました。世界農業遺産に登録されており、ハニ族独自の技術がいたるところに見受けられます。自然を活用したシステムも見所

パムッカレ(トルコ)

f:id:rick1208:20180821041954p:plain
トルコのデニズリ県に位置する世界遺産です。パムッカレは丘陵地を指す名称で、石灰華段丘と呼ばれる鍾乳洞の一種でもあります。丘陵地の一番上にはローマ帝国時代の遺跡が建てられています。丘陵地そのものは自然に出来たものですが、遺跡は人の手で作られたものなので、複合遺産に当てはまります


サリーナス・グランデス(アルゼンチン)

f:id:rick1208:20180821004800p:plain
アルゼンチンにある塩湖です。南米では3番目の大きさを誇っており、いくつもの州の境界線に位置しています。標高3454メートルほどの場所にあり、知名度は底まで高くないため、観光伽腕ごった返してはおらず、神秘的な景色をゆっくりと味わうことができます。


マンチャック・スワンプス(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821044115p:plain
アメリカのニューオリンズ郊外に位置する沼で、幽霊沼と呼ばれている場所です。木が垂れ下がっており、不気味な様相を呈しています。まるでホラー映画さながらの雰囲気を醸し出しており、人が持つ潜在的恐怖を浮き彫りにする場所


カッパドキア(トルコ)

f:id:rick1208:20180820223113p:plain
トルコのアナトリア中央高原に位置する奇岩群です。火山の噴火で生まれた奇怪な形の岩が無数に存在しており、南北50キロメートルに広がっています。三姉妹の岩や妖精の煙突、岩窟協会が立ち並ぶギョレメの谷など、見所はたくさんあります。

イジェン火山(インドネシア

f:id:rick1208:20180820220120p:plain
インドネシア東ジャワ州に位置する火山群です。火山群には約20メートルほどの大きさを誇るカルデラもあります。カルデラの内部、あるいは周囲には噴火口や円錐丘と呼ばれるものが数多く存在しています。なお特定の場所で青い炎を見ることもできます

ハット・ラグーン(オーストラリア)

f:id:rick1208:20180821041325p:plain
オーストラリアにある湖で、世界遺産にも登録されています。全面ピンク色をしており、別名ピンクレイクとも呼ばれています。オーストラリアの西のほうに位置しており、空港からだと約7時間はかかります。そのためあまり知られていない観光地となっています

ウユニ塩湖(ボリビア

f:id:rick1208:20180820222136p:plain
ボリビアにある世界遺産で、一番有名な塩湖といっても過言ではありません。面積は約10582キロメートルほどです。見渡す限り真っ白い大地であるため、地形に詳しくないと方向感覚が狂うほどです。


ワイトモ洞窟(ニュージーランド

f:id:rick1208:20180821045504p:plain
ワイトモ洞窟はその幻想的な美しさで知られる景勝地です。3千万年もの歳月をかけてできた鍾乳洞自体も必見ですが、ワイトモ洞窟には無数の土ボタルが生息していて、ここでしか見られない光景を作り出しています。青白い光で満ちた小宇宙のよう

マチュ・ピチュ(ペルー)

f:id:rick1208:20180821044036p:plain
マチュピチュは古代インカ帝国の遺跡です。標高2,300mの高地にあり、山の下から遺跡を見ることができないため、空中都市と呼ばれます。15世紀に、どのようにして、このような都市が作られたのか、今もなお謎に満ちていて、世界中から多くの旅行者を惹きつけてやみません

デビルズ・タワー(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821034527p:plain
デビルズ・タワーは、太古の昔にマグマが冷えた固まってできた自然の岩山です。高さは386m、ロッククライマーの間で大人気のスポットです。映画『未知との遭遇』で使われたことからUFOの聖地とも言われています


バオバブの木(マダガスカル

f:id:rick1208:20180821040842p:plain
バオバブの木はその特徴的な形で有名です。樹齢は古いものでは数千年にもなり、高さは30m、幹の太さは10mにもなります。バオバブの木の内部は空洞になり、昔は住居として使われたこともあるそうです。現在はバーになっているものもあります。

トロルの舌(ノルウェー

f:id:rick1208:20180821034849p:plain
トロルの舌はノルウェーにある有名な断崖絶壁です。ノルウェーの妖精トロルの舌のように突き出した形状からその名がつきました。絶景スポットとしてSNSで大人気で、数時間の登山でたどり着くと、眼下に広がるフィヨルドを一望することができます。

レッドビーチ 紅海灘(中国)

f:id:rick1208:20180821044938p:plain
レッドビーチは中国北東部の遼寧省の湿地帯です。その広さは広大で1000平方km以上、秋になると真っ赤に染まる光景は中国でも人気の観光スポットです。この景色がみられるのは9月中旬から10月上旬の約1ヶ月間だけです

ワカチナ(ペルー)

f:id:rick1208:20180821045528p:plain
ワカチナはペルー南部の砂漠の中にある人口わずか100人強の小さな村。砂漠の真っ只中にあるこじんまりとしたその姿は幻かと思うほど美しく、砂漠のオアシスと呼ばれます。周辺では砂山を滑り降りるサンドボードが人気です

デスフレイ(ナミビア

f:id:rick1208:20180821034450p:plain
デスフレイとは「死の谷」という意味です。その名の通り、カラカラに干上がった沼地に、枯れた木々が数百年前の形のまま残されています。青い空をバックにどこまでも広がる赤い砂漠、その中に黒々とした木々が立ち枯れている姿はこの世のものと思えません。

バイカル湖(ロシア)

f:id:rick1208:20180821040813p:plain
バイカル湖は世界で7番目の大きさの湖。透明度の高さで有名でその美しさから「シベリアの真珠」と称されます。バイカル湖は世界で最古の湖であり、同時に世界で一番深い湖でもあります。冬になると一面の氷に閉ざされます。

チョコレート・ヒルズ(フィリピン)

f:id:rick1208:20180821034412p:plain
チョコレート・ヒルズはボホール島にある特異な地形で、一帯には円錐形の丘が1200以上あると言われています。フィリピンの乾季の4~6月になると、緑から茶色に代わり、チョコレートのように見えることからその名がつきました。


リーシトゥントゥリ国立公園(フィンランド

f:id:rick1208:20180821044712p:plain
フィンランドラップランド地方にある国立公園です。この場所では冬になると、一般に「スノーモンスター」と呼ばれる雪をかぶった樹氷が出現し、その幻想的な景色で人気があります。スキーやスノーシューでの散策が楽しめ、圧巻の風景は一見の価値があります。

バードゥ島(モルディブ

f:id:rick1208:20180821040722p:plain
モルディブ共和国のほぼ中央に位置する島で、この島の青く光る砂浜「星の海(SeaOfStars)」をひと目見ようと世界中から人が訪れます。とは言え、リゾート開発の対象外とされているため混雑はなく、静かで美しい海を満喫できることが魅力です

ピラミッド(エジプト)

f:id:rick1208:20180821043212p:plain
世界の七不思議の一つに数えられる巨大なピラミッドです。エジプトの象徴ともいえる建造物であり、その大きさは古代の人がどうやって建てたのかと不思議に思えるほど。一度は行ってみたい場所として多々選ばれるのもうなずけます。

デスバレー(アメリカ)

f:id:rick1208:20180821034125p:plain
樹木の生えない広大な土地は、「死の谷」というちょっと怖い名前がついています。アメリカ最大の敷地面積を誇る国立公園であり、圧巻のその風景を撮影しようと訪れる写真家も多くいます。夏は驚くほどの高温となり、訪れる人はほとんどいません。その閑散とした荒野はまさに「死の谷」という名がふさわしい場所です。

ランペドゥーザ島(イタリア)

f:id:rick1208:20180821044648p:plain
地中海のシチリア島南方にあるイタリア領最南端の島です。世界で最も澄んだ海と言われ、行きかう船が宙に浮いているように見えることで、近年テレビ番組での紹介も増えてきました。宙に浮かぶ船を目にする事が出来るのはカーラプルーチノというビーチで、この場所はまだ観光客が少なく、注目が集まる前に訪れておきたい場所です。

ビーチーヘッド(イングランド

f:id:rick1208:20180821042024p:plain
「冷たい谷」を意味する全長40キロメートルほどの道路です。火山帯と氷河の間を抜けるように走り、荒涼とした大地が広がる風景は絶景とは言い難いものの、古の大地を想像させてくれます。また、この道路の最高地点となる標高727メートルの中間地点からは、延々と続く岩の尾根を見ることができます

リシャット構造(アフリカ)

f:id:rick1208:20180821044914p:plain
_1987年から人工的に造られた世界最大の露天風呂として一般公開されました。パステルブルーが美しい温泉で、底に溜まる真っ白い泥を体中に塗る泥パックを訪れる観光客は楽しんでいます。完全予約制となっているので訪れる際には注意が必要です。