漫画の地球儀

【splatoon2】オオモノシャケ編② サーモンラン攻略

スポンサーリンク


前回のオオモノシャケ編①で通常出現するオオモノシャケ7種類のうちからバクダン、ヘビ、テッパンの3種類をご紹介しました。今回は残りの4種類から凶悪がゆえに優先的に処理したい2種類、タワーとコウモリを攻略していきます。
タワーとコウモリの対処法がよくわかっていない方は必ず最後まで読んでいってくださいね。
また、サーモンランを上手くクリアできない方はこの2種類の処理が上手にできていない可能性が高いです。
そういった方も解説をじっくり読んでいってください。

目次
1、タワー
2、コウモリ
3、まとめ

1、タワー

ハイパープレッサーを何度も撃ってくる凶悪なオオモノシャケ。
スペシャルウェポンを使って攻撃してくるだけあってとても厄介です。

f:id:rick1208:20180815202645p:plain


タワーはだるま落としのようなつくりになっています。
ダメージを与えた部分がだるま落とし式に落ちていきます。

ただし顔は無敵判定なので落とすことが出来ません。

f:id:rick1208:20180815202756p:plain


顔以外をすべて落とし顔のみにすると消滅し、金イクラを落としてくれます。
胴体部は全部で7段なので基本的には7回攻撃する必要があります。

しかし、ブラスター系の武器は爆風判定のおかげで一度に複数の段を落とすことができます!
ブラスター系の武器を持っている場合は積極的にタワーを倒すことがタワー攻略のカギとなります。

逆にダイナモローラーやリッター4kなどの武器を持っている場合は無理に倒しにいかずに、味方に任せることも時には大切です。

シャケのほとんどが海から発生するため、海岸にはたくさんのシャケがいます。
タワーは他のシャケ達と違い遠距離攻撃が出来るので上陸する必要がなく海岸で止まるのです。
つまりタワーの周りには発生したばかりのシャケがたくさん。


f:id:rick1208:20180815202922p:plain

タワーを倒しに行く際に孤立してしまうと、シャケに囲まれてしまいます。

味方がタワーを倒しに行っているときには1人にしないようにフォローに行ってあげるのがコツです。
どうしても1人で行かなくてはならないときは周りのシャケから倒すようにしましょう。

2、コウモリ

アメフラシを発生させてプレイヤーを妨害してきます。
こちらもタワー同様にスペシャルウェポンを使ってくるのでかなり厄介です。


f:id:rick1208:20180815202956p:plain


単体だとさほど凶悪には感じませんが、他のオオモノシャケと戦っているときにアメフラシを発生させられるとその凶悪さはトップクラスになります。

さらに、レギュラーマッチやガチマッチではあり得ないペースでアメフラシを発生させてきます。

とは言っても直接的にアメフラシを連発してくるわけではありません。
まずはミサイル弾のようなもを飛ばしてきます。

f:id:rick1208:20180815203142p:plain


発射されてから約2秒後にこの弾がアメフラシに変わります。

f:id:rick1208:20180815203234p:plain


なのでプレイヤー側は2秒以内にこのミサイル弾を攻撃して撃ち落とすことでアメフラシが発生することを防ぐことが出来ます。

コウモリ傘のようなヘルメットを被っているため普段はダメージをいれることができません。
ミサイルを飛ばした後に裏返ってくれるのでその時にダメージをいれることができます。


f:id:rick1208:20180815203315p:plain


コウモリを安全かつ迅速に処理する為には「ミサイル弾を撃ち返すひと」と「本体にダメージを入れるひと」とに分かれることが必要です。
コウモリが目に入ったら、どちらかを担当するようにしましょう。

3、まとめ

タワーとコウモリは凶悪なので出来るだけはやめに処理したい!
しかし焦って処理すると却って痛い目に合うかもしれません。
タワーを処理する際には周囲は安全かを確認しましょう。
コウモリを処理する際には弾を撃ち返す人がいるかを確認。

コウモリとタワーは危険なんだと意識するだけでも成功率は飛躍的に上昇します。

この凶悪な2体を適切に処理し、ワンランク上のプレイヤーを目指しましょう!