漫画の地球儀

カメラ用ブロアーおすすめランキング8選【比較、色、ブラシ付き、ノズル】

スポンサーリンク

UN ブロアー ジャンボハリケーン

UN ブロアー ジャンボハリケーン UN-1301

精密機器のゴミを飛ばすのにちょうど良いです。小さい割に風量があるため、野外でササッとにゴミを吹き飛ばしたい時にも使えるほど力強いです。ゴム製のものは本体にゴミがつくこともなく、綺麗に使うことができます。素材のやわらかさや復帰の早さなども素晴らしく、感触は良好です。すぐ亀裂が入ったり穴が開いたりすることもないですし、価格と手軽さを考えると非常にコスパが良い
UN ブロアー ジャンボハリケーン UN-1301

Giottos ハイパワーロケットブロアー

Giottos ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

本体が大きい分、風圧・風量ともに十分でゴミやチリを飛ばすのに便利です。足の部分がしっかりしていて自立するため、片手に機材を持ったまま自由に使うことができますし、台上に置いておいても転がって落ちることはありません。ゴム素材が硬くて20~30回連続でブローすると疲れてしまうところが難点
Giottos ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアーブラシ

HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアーブラシ ブラック KMC-60BK
ブラシ部分は着脱が可能で、しつこいホコリやゴミを取りたいときはブラシを装着した状態で使用すると良いです。感覚的には、ブローで浮いたホコリをブラシで取り除く感じです。ブラシには柔らかく細い山羊毛を使用しているため、レンズなどを傷つける心配もありません。
HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアーブラシ ブラック KMC-60BK


HAKUBA メンテナンス用品 ハイパワーブロアープロL

HAKUBA メンテナンス用品 ハイパワーブロアープロ L オレンジ KMC-61LOR
Lサイズは大きいため、バッグの中で幅を取ることがありますが、風量・風圧が強くゴミを飛ばしやすいものを選ぶべきだと思います。元々Mサイズを使っていましたが、少しゴミが残ってしまった部分には何回もブローしなければならないことがありましたが、Lサイズのものはハイパワーで簡単にゴミを飛ばすことができます
HAKUBA メンテナンス用品 ハイパワーブロアープロ L オレンジ KMC-61LOR

UN ブロアー ワンコインブロアー

UN ブロアー ワンコインブロアー(オレンジ) UNX-1330

比較的コンパクトなブロワーで風量や風圧なども一般的ですが、この製品はノズル部分もシリコンで作られている点が他の製品と異なります。ノズル部分もシリコン製であることに加えて、本体とノズルを接着することでノズルが抜けない設計になっているため傷つきやすいような繊細な箇所でも安心して使用できます。自立する設計なのも好評価のポイントです。
UN ブロアー ワンコインブロアー(オレンジ) UNX-1330


Kenko クリーニング用品 パワーブロワー ブラシ付きタイプ

Kenko クリーニング用品 パワーブロワー ブラシ付きタイプ シリコン製 ブラック KPB2-WB BK

4つのカラーバリエーションと2つのノズルタイプ(ショートノズル・ブラシ)が選択できます。シリコンラバーの感触が良いです。強く握らなければ風圧が得られませんが、ショートノズルでも強く握ると狙った部分に風を当てにくく、その点ではコツが必要です。ただ、強く握ってもノズルが飛ぶことはないというのは良い点です。また、自立可能で転がる心配もありません。山羊の毛を使用しているため、柔らかく傷つきやすい箇所にも使えます
Kenko クリーニング用品 パワーブロワー ブラシ付きタイプ シリコン製 ブラック KPB2-WB BK

ETSUMI キューティーブロアー

ETSUMI キューティーブロアー ブルー E-5207

コンパクトな見た目通り、風量等にはあまり期待できませんがブラシを外した状態で使えば風圧・風量がアップします。ブラシ部分は着脱が可能で、しつこいホコリやゴミを取りたいときはブラシを装着した状態で使用すると良いです。感覚的には、ブローで浮いたホコリをブラシで取り除く感じです。ブラシには柔らかく細い山羊毛を使用しているため、レンズなどを傷つける心配もありません。また、シリコンゴム製なので耐久性に優れており、ゴムの臭いもありません。
ETSUMI キューティーブロアー ブルー E-5207