漫画の地球儀

おすすめ赤酢、人気ランキング6【レビュー、販売、ミツカン】

スポンサーリンク

6位、横井醸造 赤酢

f:id:rick1208:20180719111455p:plain
横井の赤酢は東京を代表する酢の醸造会社です。江戸前寿司の店で愛用されている赤酢はすし飯作りには欠かせないアイテムとなっています。厳選された酒粕を長時間かけて貯蔵熟成していくうちに白い酒粕がどんどん茶褐色へと変化していくと熟成は完成します。じっくりと熟成した赤酢は非常に口当たりがまろやかで香りが高く、良質な赤酢であることは一目瞭然です。美容と健康に効果絶大な赤酢を毎日の生活にとりいれるには、横井醸造の赤酢はコスパも良いのでお勧めです。

5位、ナピア 広島備後東城赤酢

◆ナピア◆ 広島 備後東城 赤酢 500ml
広島は備後東城で100年以上も前から伝わる伝統の味です。厳選された酒粕と帝釈峡の硬水から作られた赤酢は、赤色が濃いだけではなく味わいも非常に濃厚で料理の旨味を増す効果があります。江戸前寿司では広く使用されている絶品赤酢をご家庭でも手軽に利用できます。寿司酢として、また酢の物や漬物、料理の隠し味など毎日のお料理作りに大活躍すること間違いなしの万能酢です。健康の為に赤酢を飲む人もいるので、健康にも最適です。
◆ナピア◆ 広島 備後東城 赤酢 500ml

4位、内堀醸造 美濃三年酢

内堀醸造 美濃三年酢 500ml
美濃三年酢はその名前が表す通りに3年かけてじっくりと発酵して仕上がった日本古来からの赤酢です。非常に深いコクと旨味がある赤酢なので色もより深い赤みを帯びているのが特徴です。この赤酢はすし用の酢飯作りには特におすすめできます。赤酢といえば、やはり酢飯を作る時に良いものを使えばそれだけ味がしっかり決まるので、寿司屋でも選ばれることが多いものなのです。家庭でも本格的な酢飯を作るのであれば美濃三年酢を選ぶことをお勧めします。
内堀醸造 美濃三年酢 500ml

3位、御蔵酢 酒粕赤酢 潤朱

f:id:rick1208:20180721170727p:plain
酒粕赤酢の潤朱は熟成した酒粕を主原料にしており、その美しい朱色の発酵酒粕を木桶の中でじっくりと熟成発酵してできあがったものです。日本では伝統的な赤酢の製造で国内だけではなく世界のシェフからもその存在を認められている高級酢です。繊細で引き締まった味わいの潤朱赤酢は、和食だけではなく洋食にもマッチするので現在は非常に注目されるようになってきました。40日以上かけて発酵させる手作り感の強いまろやかで贅沢な味わいが楽しめます。

2位、ミツカン 三ツ判山吹

ミツカン 三ツ判山吹 900ml
ミツカンが自信をもって製造販売しているのが三ツ判山吹の赤酢です。江戸時代からの伝統的な赤酢製造法に則って丁寧に作られている贅沢な赤酢です。原材料は熟成させた酒粕のみを使用しているので深い赤色の赤酢に仕上がっています。時間をかけて醸造しているので味に棘がなくあくまでも柔らかでまろやかな風合いの赤酢なのでどのような料理にも使用できる万能なお酢です。調味料としての役割が大きいので、この赤酢を効かせることによって他の調味料が最小限で済む利点もあります。
ミツカン 三ツ判山吹 900ml

1位、亀田米穀店 帝釈の酢

帝釈の酢 【後藤の赤酢】 500ml
帝釈の酢は広島県の東城町で100年以上の伝統ののある幻の赤酢と呼ばれています。3年以上かけて丹念に仕込んでから初めて販売されます。まろやかな赤酢は著名な寿司店でも愛用されており、原材料の酒粕をじっくりと発酵させて手をかけて製造されている逸品です。赤酢というぐらいですから実際に、赤い色合いが特徴のお酢です。初めて赤酢を使うという人でも帝釈の酢ならハードルが高くありませんから、どんどん積極的に料理に活用できるでしょう。
帝釈の酢 【後藤の赤酢】 500ml