漫画の地球儀

地震などの災害などでの停電時の暑さ対策方法【熱中症予防、保冷材】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180720032609p:plain


人間が生活する中で電気は絶対に必要なものです。

しかし、地震などの災害や事故によって想定外な停電が起きてしまう場合があります。

もしも。夏の暑い日に停電が起こって、電気が止まった場合、どうやって暑さの対策をすればいいのか

今回は、思いがけない災害によって電気が使用できなくなった時に暑さを防ぐ方法や備えて置いたらオススメのものを紹介していこうと思います。

停電した時、どのようなことが起こってくるのか

停電が発生すると、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電は当然のこと、もちろんスマホの充電も出来なくなります。

数分、数時間程度ならば、なんとか耐えることもできますが、災害や事故でライフラインが無くなってしまって、復旧するまで数日かかるとなった場合、かなり生活が追い込まれると思います。


もし夏だったら、エアコンや冷房が使用できなくなるので、熱中症になる可能性も高くなるので、お年寄りや子供は注意する必要がでてきます。

そんな時のためにも電気が使用できなくなっても部屋の温度を下げる方法を身につけておきましょう。


電気を使用しないで暑さを凌ぐ方法


まず最初に必要なことは、換気をすることです。

窓が2つ以上ある人は、窓をたくさん開けて、家の中に風を循環させます。

そして、家の周りに打ち水をするのもオススメです。

でも。昼間は水をかけても、即効で蒸発してしまって少ししか効果がでないので、朝や夕方などに打ち水をするのがいいです。

そして夏に注意しなければいけないのは熱中症です。

熱中症を予防するために、水で濡らしたタオルなどを首のまわりに巻き付けると体の熱を下げれるのでお勧めです。

保冷材を使うともっと冷やせるので、冷凍庫には保冷材を準備しておきましょう。

冷えピタを持っている場合はおでこに貼るのも熱中症におススメです。


車を所持している場合は、ガソリンが残っているならば、一旦車の中に避難するのもオススメです。

ガソリンが残っている限り、エアコンも使用できるし、ラジオから情報を得ることもできます。

でも、エアコンが使用できない状態に陥ったら車の中はすぐに温度が上がって、危険なので、家の中に戻りましょう。

夜もエアコンなどが使用できないと暑くて寝れないので、寝る時にはひんやりマットやひんやり枕カバーなどを使用すると寝やすいです。

夏の停電の時のために準備しておくと良いもの


もし、家族が熱中症にかかった場合、スマホの充電がなくなっていたら救急車を呼ぶことができません。

なので余裕があればソーラー式の充電器を家に準備しておくのがお勧めです


買うときは使っている機種に対応しているものを選びましょう。


これ以外にも、熱中症を予防するために、冷感マット、ひんやり枕などや保冷材も準備しておきましょう


保冷材は人の体を冷やす事に加えて、電気が停止した冷蔵庫の中を冷やすことも出来るので、便利です。


犬などのペットを飼っている人は、大理石のボードを用意するとペットの熱中症対策になります。

まとめ

停電はいつ発生するか分からないので停電のために前もって準備をしておくことが大切です


電気が止まっても使用できる、ソーラー式や電池式で動く懐中電灯やスマホの充電器を用意しておくと役に立ちます。

夏は暑さで熱中症になって生死にも関わる問題なので停電が起きても、電気を使用しない熱中症対策をしておきましょう。