漫画の地球儀

室内温度をエアコン、冷房を使わずに下げる方法【換気、すだれ、打ち水、扇風機】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180720005051p:plain



真夏に外出して家に帰ってくると、家の中、部屋の中がすごく暑くなっていることがあります。
中、部屋の中がすごく暑くなっていることがあります。

即効で冷房エアコンをつけても、すぐには気温は下がりません。

そこでまずは部屋の空気を入れ替えることが大切です。


今回は夏をちょっとでも快適に過ごせる方法を書いて行こうと思います。

冷房をなるべく使用しないで室内温度を下げたい場合や部屋の熱気を少なくしたい人は試してみてください。

風通しをよくしよう

部屋の暑い温度を下げるためには風通しをよくする必要があります。


そのためにはまず、風の通り道を作らないといけません。

家の間取り、向きにもよるけれど、風が入って来る窓を開けたら、その窓とは反対の窓も開けておきましょう。


そうすることによって、風の通り道が出来上がるので、部屋の温度が下がっていきます。


通期もよくなるので、押し入れとか下駄箱、浴室などの湿気がよく溜まりやすい所の扉も開けておくと、湿気も下げることができます。


家の中の湿度を下げれば、体感温度が低く感じられて、涼しく感じるので、蒸し暑い日などにはオススメです。

換気扇を回す

閉め切った部屋の中の温度をすぐに下げたい場合は、まず窓を開けてから、換気扇を回しましょう。


部屋の中の熱気を外に出す事ができます。

料理などをしていて、部屋が暑くなっても、換気扇を使用することで部屋の温度を下げれます。

そしてさらに温度を下げるために換気扇から遠い所にある窓を一か所だけ開けておきましょう。

そうすることによって。室内に風の通り道ができるので、外の空気が家の中に入ってきて、部屋全体が換気されて、部屋の温度が下がっていきます。


家の間取りや周辺の環境によって、窓を二つ以上開けて換気ができない人も、この方法を使うと、楽に換気が出来ます。

f:id:rick1208:20180720005119p:plain

扇風機を使用して部屋の熱気を外に出す。


部屋の温度を下げるためには、やっぱり扇風機を使用するのが一番おススメです。

窓を開けて、外に向かって扇風機を起動します。


扇風機が2台あると、より早く、換気が出来ます。

1代の扇風機を上の方向に向かせて、首を動かして起動します。


そしてもう一方の扇風機を窓の外に向ければ、効率的に、部屋の熱気が循環されるので、素早く部屋の温度を下げることができます。

冷房を吐けている時でも、扇風機をまわしておけば、部屋の全体に涼しい空気が循環するので、猛暑日などには扇風機を活用するのがお勧めです。

直射日光を防止する


日当たりが良くて西日が部屋に入って、部屋の温度が下がりにくい時などには窓の外にすだれをかけるのもオススメです。

レースのカーテンなどでもOKだけど、すだれの方が、通気性が優れていて、目隠しにもなります。


すだれを窓の外などに取り付けたら、すだれに霧吹きで見ずをかけておくと更に効果的です。

打ち水をする

打ち水のイメージは玄関とかに、するイメージだけど、ベランダや家の壁、エアコンの室外機の周りにも打ち水をすると、温度も下がって、冷やされた空気が部屋の中に入って部屋の中の温度も下げることができます。


でも、集合住宅に住んでいる人は、打ち水がしっかり排水口に流れたのかを確認しておきましょう。

まとめ

部屋の空気の温度を下げるためには、部屋の中の熱気を外に追い出して、空気の流れを循環させることが重要です。


換気扇、扇風機をうまく使って、すだれを取り付け、打ち水をすると効果的になります。


そして、湿度が高い場合、人は暑さを感じるので、湿度を下げるのもオススメです。

電気代を節約したい場合や閉め切っていた部屋を素早く涼しくしたい時などはこの方法を試してみてください。