漫画の地球儀

人気えごま油のおすすめランキング6【ダイエット、市販、レビュー】

スポンサーリンク

6位、紅花 荏胡麻

紅花 荏胡麻油 170g
紅花 荏胡麻油は、えごま油の原材料の黒えごまを機械で丁寧に圧搾して、一番の搾りたてだけを瓶に詰めたえごま油です。このえごま油は、黒えごま色が黒いのが特徴で、品種としても貴重なえごま油です。えごま油として販売されているのは濃厚な味わいを楽しめる。このえごま油は、納豆や目玉焼き、サラダなどいろいろな食品にかけて食べることが出来ます。希少価値のある品質が高い油を試してみたい方には、ぜひ試していただきたい。
紅花 荏胡麻油 170g

5位、ハンズ 有機 えごま油 一番搾り

ハンズ 有機 えごま油 一番搾り 200ml (190g)
オーガニックのえごま種子をコールドプレス製法で抽出をすることで、新鮮でかつ高品質な有機えごま油を一番搾りだけを使った商品です。一度も加熱をしないで、オーガニックのえごま種子を抽出しているので、えごまの栄養素や風味を損なうことなく商品にしたものです。このオーガニックのえごま油は、健康重視をされている方や、本来のえごまの味や香りなど、すべての栄養素を摂りいれたい方には、おすすめの商品です
ハンズ 有機 えごま油 一番搾り 200ml (190g)

4位、創健社 えごま一番100

創健社 えごま一番100(しそ科油) 110g
えごまの種子から圧搾して貴重なえごま油を搾り出し、一つ一つ丁寧に製造したヘルシーな植物油となってます。えごま油は、脳や神経組織に多く見られる不飽和脂肪酸などを50%以上含む健康維持に有用なえごま油となってます。大豆油等の植物油の摂りすぎを、和らげる効果があります。このえごま油は、生でも摂取出来るので、料理で使う時にはドレッシング、味噌汁、煮物などに加えることで、美味しくいただけるようになってます。他の調味料を加えてないえごま油なので、風味を楽しむことも出来ます。
創健社 えごま一番100(しそ科油) 110g

3位、太田油脂 毎日えごまオイル

太田油脂 毎日えごまオイル 3g×30袋
えごまの種はしそ科の植物であり、昔ながらの伝統の方法で圧搾製法を行って、搾り出したえごまオイルとなってます。現代人が一日に必要な栄養素を、えごまオイルによって不足がちとなオメガ3脂肪酸を、効率よく摂取出来るように健康をサポートしてくれる画期的なえごまオイル。大きさも小さめとなってますので、お出かけの際にも持ち運びが便利。このえごまオイルを、スープやサラダなどにかけて食べると、一味違った感じになること間違いなしです。
太田油脂 毎日えごまオイル 3g×30袋

2位、オーサワ オーサワのえごま油

オーサワのえごま油 140g
オーサワで販売しているえごま油は、使われる原材料も国産100%で、製造も国内で行っていることから、安全なえごま油となってます。えごま油は、オメガ3の含有量としては68%以上と高濃度なえごま油となってます。一般的に販売されてるえごま油は、オメガ3の含有量も60%ほどとなってますので、希少価値のあるえごま油と言っても過言ではないです。このえごま油は無添加、無着色となってることから、安心して使えます
オーサワのえごま油 140g

1位、天長食品工業 低温圧搾一番搾り 無添加無着色 えごま油

愛知県稲沢市加工 低温圧搾一番搾り 無添加無着色 えごま油 185g
オメガ3を抽出出来ると有名なえごまと言うのは、しそ科の植物です。えごま油は、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれてますので、オメガ3を体内に摂取することで、認知症うつ病にの予防に効果があると言われてます。えごま油に含まれる成分が脳に良いということが実証出来たことだけでなく、EPADHAに変化することによって、脳に良い影響を与えてくれるので、えごま油の効果は絶大。天長食品工業で作られている低温圧搾一番搾り無添加無着色と言う安全なえごま油は、落ち込んだり悩んだりして発症をするうつ病などの病気で悩んでる人におススメです。
愛知県稲沢市加工 低温圧搾一番搾り 無添加無着色 えごま油 185g