漫画の地球儀

人気の日本茶おすすめランキング5【産地、種類、品種、銘柄】

スポンサーリンク

5位、宝玉園 宝翠

静岡産 自園自家製造 農薬無散布 30年新茶 高級煎茶「宝翠」100g
お茶どころとして有名な静岡県袋井市において、歴史ある茶農家の宝玉園が安心と安全にこだわって栽培したお茶です。 農薬が散布されていない時期の若芽を摘んだ新茶(一番茶)のみを使用し、代々継承した伝統のある高い技術により、茶葉の香りや甘味、うまみを十分に引き出しました。 宝玉園で丁寧に栽培された茶葉を自家工場で製造した、安全・安心な美味しい高級煎茶が「宝翠」です。 香りが高く、お茶の自然な甘味とコクが感じられると評判

4位、西出製茶場 上玉露玄米茶

甘味のある上品な玄米茶 上玉露(かぶせ)玄米茶 500g真空パック袋入 業務用 徳用
宇治茶で有名な京都府の宇治田原で140年以上にわたり宇治茶の栽培、製造をしている老舗、西出製茶場のお茶です。 茶葉は同じ畑でも毎年出来が異なるので、天候や摘み取る時期、肥料の与え方など、1年を通して生育に目を配らないといけない、とても手間ひまがかかるもの。 生産農家が丁寧に栽培した高品質の宇治玉露に国産100%の玄米をブレンドした、こだわりの玉露玄米茶です。 まろやかで上品な味わいと香ばしい香りが楽しめる西出製茶場自慢の逸品です。 真空パックされているので、茶葉のフレッシュな香りが楽しめます。

3位、上辻園 有機玄米茶

上辻園 有機玄米茶 150g
緑茶発祥の地として知られる京都府の宇治田原で、明治時代から茶農家として代々茶葉の栽培を継承してきた上辻園。 朝晩の寒暖差のある気候、谷間に立ち込める霧、きれいな水と澄んだ空気があり、茶葉の栽培に適した宇治で良質な茶葉を育てています。 農薬や化学肥料は使わず有機栽培された茶葉と玄米をブレンドしています。 茶葉は有機栽培でも玄米は違う、ということが多いですが、上辻園の有機玄米茶は玄米も有機栽培されたものを使用しているので安心です。 香ばしくて甘味があり、食後にも胃腸の負担が少なく飲める優しい味わいのお茶です

上辻園 有機玄米茶 150g

上辻園 有機玄米茶 150g

2位、深山園 新緑・餅米玄米茶・くきほうじ茶

《 私たちが作った“徳用茶”です 》屋久島自然栽培茶「新緑・有機抹茶入り餅米玄米茶・くきほうじ茶」3袋【合計2000円以上無料配達・2000円未満108円】
太古の自然が残る世界遺産の島、屋久島で自然栽培されている希少なお茶です。 日本茶の代表である煎茶、玄米茶、ほうじ茶がセットになったとてもお得な商品です。 煎茶の「新緑」は一番茶だけでなく二番茶も使用されているので、少し渋みのある味わい。 「餅米玄米茶」は国産のもち米を使用し、とても香ばしくコクがある味わい。 「くきほうじ茶」は一番茶のくきを炒ってあるので、甘みと香りが強く感じられます。 3種類のお茶が100gずつ入ったこのセットはコスパも良く、手軽に飲み比べができることから人気です。

1位、丸八 献上加賀棒茶

丸八製茶場 献上加賀棒茶 60g
石川県の金沢市にあるお茶の老舗が作る、こだわりのほうじ茶です。 金沢では、お茶といえばほうじ茶というほど親しまれていて、その中でも茎を焙じたものが棒茶です。 一般的なほうじ茶と違い、加賀棒茶は新茶である一番茶の茎の旨味を損なわないように、浅く焙じているのが特長です。 「献上」という名の通り、ほうじ茶を好まれた昭和天皇にと、丸八製茶場が試行錯誤を重ねて作ったのがこの「献上加賀棒茶」で、澄んだ琥珀色が特長のお茶です。 ほうじ茶の芳ばしい香りを存分に味わえる、上品で軽やかな渋味とうま味が評判です。

丸八製茶場 献上加賀棒茶 60g

丸八製茶場 献上加賀棒茶 60g