漫画の地球儀

人気のハニーマスタードおすすめランキング5【チキン、サラダ、市販、味】

スポンサーリンク

5位、キユーピー ハニーディジョンマスタード

f:id:rick1208:20180711173312p:plain
アメリカで1888年に設立されたハンツ社の、トマトソースがベースになったバーベキューソースです。 一般的なバーベキューソースと違い、酸味が強めで甘さは控え目の味で、ハチミツの自然な甘さとマスタードが絶妙にブレンドされていて、ピリッとした辛さが特長。 アメリカでは、チキンソテーのソースとして定番のハニーマスタードです。 チキン以外の肉にも合いますし、チキンナゲットや唐揚げ、魚のフライなどの揚げ物につけて食べるのがおいしいと評判。 オイルとビネガーを混ぜてドレッシングにするのもおすすめです。

4位、ハンツ BBQソースハニーマスタード

ハンツ BBQソースハニーマスタード 510g
はちみつの甘さと、マスタードのピリッとした辛さが絶妙なコンビネーションとなっているハニーマスタードソースです。 アメリカで作られているので、サンドウィッチやホットドックハンバーガーなどの肉料理に抜群に合います。 フレンチのハニーマスタードは粒がないサラッとしたタイプなので、プレッツェルやチキンナゲットにディップして食べるのもおすすめです。 容器がディスペンサータイプなので、ホットドッグなどにかけて使うときに便利です。

3位、フレンチ ハニーマスタード

フレンチ ハニーマスタード 12oz
外国産のハニーマスタードが多い中で、珍しい国産のハニーマスタードです。 キユーピーが独自の食酢で作ったディジョンマスタードに、ハチミツで甘さを加えて、辛さと甘みの独特の風味があるマスタードソースを作りました。 ディジョンマスタードはフランス原産のマスタードで、ブラウンマスタードシードと白ワインを原材料として作った、辛さが強めなのが特長のマスタードです。 甘さよりも酸味や辛さが強いので料理にたくさんかけて食べるよりも、さっぱりとしたサラダやあっさりとした鶏肉料理や魚料理にかけるソースとして使うのがおすすめです。


2位、ミツカン ハニーマスタードビネガー

ミツカン ビネガーシェフ ハニーマスタードビネガー 1100g
お酢で有名なミツカンならではの、リンゴ酢をベースにワインビネガーや醸造酢をブレンドした、お酢にこだわった調味料。 そこにたっぷりの粒マスタードを入れ、はちみつを加えてまろやかに仕上げました。 お酢の酸味は控え目で甘味が強く、粒マスタードのプチプチとした食感が楽しめます。 チキンソテーやポークソテー等の肉料理のかけだれとしておすすめで、大容量で安価なのでたっぷり料理に使えるのもうれしいポイント。 辛さが強くないので、子供でも食べられます

1位、MAILLE ハニーマスタード

S&B MAILLE ハニーマスタード 120g×4個
フランスで260年もの歴史を持つ老舗のマイユ社が作るハニーマスタード。 フランスでは辛さが強いディジョンマスタードが主流ですが、このマイユ社のハニーマスタードはまた別の味わいで、フランスの代表的なマスタードとなっています。 マスタードの辛さとはちみつの甘さのバランスが絶妙で、とくにチキンに合う。 ほかにもサラダのドレッシングや和え物などで野菜のおいしさを引き立ててくれます。 甘みが強いので、ポテトサラダやハムサンドなどにもぴったりです。

S&B MAILLE ハニーマスタード 120g×4個

S&B MAILLE ハニーマスタード 120g×4個