漫画の地球儀

おすすめのファミコンのRPG15選【神ゲー、レトロゲーム、名作、人気】

スポンサーリンク

星をみるひと

星をみるひと
近未来を舞台としたRPG。サイキック (超能力者)が弾圧されている舞台で、サイキックである主人公が仲間と共に襲い掛かるサイキック狩りに立ち向かい、その裏に隠された世界の真実を解き明かしていきます。ゲーム自体のシステムやバグ、先鋭的過ぎるとも思われる戦闘仕様が欠点ですが、当時では珍しいマルチエンディング方式や、近年のRPGに引けを取らない重厚な世界観やストーリーは一見の価値があります。

デジタル・デビル・物語 女神転生

デジタルデビル物語女神転生
西谷史の小説を原作とした、3Dダンジョン探索RPG。主人公が開発した「悪魔召喚プログラム」によって敵の悪魔と交渉して「仲魔(ナカマ)」にしたり、その仲魔どうしを合体させて新たな仲魔を作り出せるシステムが楽しい

じゅうべえくえすと

じゅうべえくえすと
2. 内容
主人公のじゅうべえが仲間と共に敵の野望を阻止すべく摩訶不思議な戦国ワールドを冒険していくゲームでオーソドックスなRPG。基本和風の世界観なのだけど急に超展開を見せる。助っ人システムというのがあり冒険をサポートしてくれていろいろな街などで物を探し出す楽しさもあり。

ラサール石井チャイルズエス

ラサール石井のチャイルズクエスト

主人公はチャイルズというアイドルグループをスターにするため奮闘するゲームでブラックユーモア満載

桃太郎伝説

桃太郎伝説

1987年10月に、当時のハドソンソフトから発売された和風RPGです。日本昔話の桃太郎をベースに、最後はエンマ大王を成敗するのが最終目的なのですが、敵のキャラクターも可愛らしくデザインされていてゲームバランスの良さもあいまって性別・年代を問わずに冒険が楽しめます。敵キャラクターに勝利した時も、「倒した」ではなく「こらしめた」という表現な部分も温かみのある一本に数えられる要因となっている

天地を喰らう

天地を喰らう

天地を喰らう

三国志の物語をRPGで進めていきます。主人公の劉備漢王朝の再興を果たす為に、義兄弟になった張飛関羽が旅をしながら勢力を拡大しつつ、曹操を倒し天下統一を目標にしていく



MOTHER

MOTHER
糸井重里さんがゲームデザインしたことで知られている任天堂RPGで雰囲気や世界観が今でもファンの多い作品。初めてプレイしたときはすごく斬新に映ったゲームでしたね当時現代を舞台にしたゲームがあまりなかったのでそう思いましたね。また主人公がごく普通の少年が仲間と共に冒険していくのも楽しかったし独特の世界観がとてもいい感じでセリフなども良かった

ハイドライド・スペシャル

ハイドライドスペシャル

ハイドライドスペシャル

パソコンゲームファミコン版です。当時はRPGって何?ぐらい知られていませんでした。やりこみ要素があり、マップも広いので簡単にクリアできない点も逆におもしろい

ファミコンジャンプ2

ファミコンジャンプII

バンダイから発売されたRPGで少年ジャンプにいる主人公7人が集結し世界を救うという内容。この作品のいいところはイベントをクリアしながら仲間を集めていき最終的に7人全員で冒険するといった王道漫画のような展開が熱いところ

ラストハルマゲドン

ラストハルマゲドン

人類が滅亡した地球の覇権を巡って魔族達がエイリアン共と戦う。かなり珍しい設定のRPGゲームです。エイリアンと戦いながら人類滅亡の謎を探るのですが、徐々にあかされるストーリーは今でも根強いファンがいる名作です。

覇邪の封印

覇邪の封印

RPGなのにマップが表示されず、最初は付属のマップを手がかりに1マスづつ探り探り冒険するのが楽しかった。敵もただ倒すだけでなく中立のキャラなんかもいて、そこに正統派ファンタジーを感じたが序盤の難易度の高さは攻略本必須レベル

ハイドライド スペシャ

ハイドライドスペシャル
パソコンで人気を博したハイドライドファミコンへの移植版です。PCにはなかった追加要素として魔法が使えるようになりました


貝獣物語

貝獣物語

貝獣物語

ゲームとしたらオーソドックスなRPGですが4人の主人公を交互に操作しながら冒険できるという点が特徴的
どこでもセーブという機能があってファミコンのゲームとしては先取りしていました

おたくの星座

おたくの星座
麗しき女性達が世界を牛耳り、情けないオタク男が蔑まれるという異質な世界を描くRPGです。敵が麗しき女性という点に興味を引かれ、興奮もしました。キャラクターデザインを漫画家江口寿史さんが担当しました

ドラえもん ギガゾンビの逆襲

ドラえもん ギガゾンビの逆襲
主人公はオリジナルキャラクターとなり、アニメでおなじみのドラえもんレギュラーメンバーを迎えての大冒険が始まります。子供の人気者ドラえもんを扱いながらもなかなかの難易度と作りの奥の深さが評価できます

ウィザードリィ

ウィザードリィ
3DダンジョンRPGの傑作。ゲームの難易度もさることながら、キャラクターが死んだときに必ずしも復活できないことに衝撃を受けました。最初の復活に失敗するとキャラクターは「灰」になります。灰からの復活率は最初よりも落ちます.ゲーム自体も緊張感があって面白い。