漫画の地球儀

どのくらいのスピードで記事を書ければプロと呼ばれるレベルなのか【執筆速度、ブロガー】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180621191108p:plain


1時間にどれだけの文字をかけるればプロと呼ばれるブロガーやライターなのか?

ただ単に執筆する速さが早いほどプロとは限らない。読者に満足や価値を届けられるかが大切なのであって、速く執筆できるだけではダメです。


ランサーズなのでは報酬が1文字0,3円なんて依頼もあります。

そういった場合だと、どんだけ早く欠けても全然稼げないです。

文章を執筆する中で、自分の執筆スピードが他の人と比べて遅いのか速いのか気になる人も多いと思います

とりあえず初心者が目指す執筆スピードは?

1時間に最低1000文字書けるかどうかだと思います。


当然、コンスタントに常にこのくらいは書けるかどうかです。初心者の人はこのくらいをまずは目指すべきです。
これくらいのスピードで書けると3ヵ月後には結果がついてくると思います

それ以上のスピードだとそれだけで生活できるレベルになってきます。

プロのライターさんは30分で1000文字以上の内容が伴った記事を書けます。そこまでいくとライターやブロガーを専業として生きていけます。

このレベルに行きつくためには慣れとタイピングのスピードとかが関わってきます。

慣れてくると1時間に1000文字くらいなら普通に書けるようになってきます。自分がそうでした。


最初は1日1000文字も書けなくてブログを放置していたりしたけれど、何度も挑戦して記事を書いていくうち慣れてきました。

2000文字のブログ記事なら2時間
1万文字のセールスレターなら10時間
50000文字の有料コンテンツなら50時間
10万文字の本なら100時間

1000文字ペースだとこのくらいの時間で作品を書けます

こう考えると1時間1000文字の文章を書けるというのは凄いことなのです。

ただ継続できなければいけません。

いつなんどきでも1時間1000文字。

これができれば、人生も変わってきます。

自分は最近、1日1万文字を目標にしています。

1日1万文字を書いているとどんどん収益を増やすことができます。

プロの脚本家などでは1日2万文字を書く人もいるそうです。

どんどん自分の限界に挑戦してみましょう