漫画の地球儀

他のブロガーやライターがどのくらいのスピードで記事を書いているのか【マイペース】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180621173236p:plain

ブロガーやライターをやっていると「こんだけの文字数を書き終わるのに、他のライターはどれくらいの作業時間がかかっているのか」というのが知りたくなってきます

自分の記事を書く速さが他の人よりも遅いのか速いのか…

このままのペースでいいのかどうか…

と、色々考えてしまいます


1000文字500円というライターの仕事を受けたときに、どのくらいの時間で完成させればいいのか。時給に換算するといくらなのか?

1時間で完成させることができれば時給500円

その半分の30分だと1000円


記事を書くための下調べなどを含めてどれくらいの時間がかかるのか


自分の場合だと1時間あれば最低でも1000文字が書けます。

記事の質にも左右されるので一概にはいえませんが、30分で書き終わることもあれば、1時間以上かかる場合もあります。

そしてこれはライターやブロガーの平均速度くらいです。プロのライターはもっともっと速い速度で書ける人が沢山います。


中には1時間で5000から1万文字も書ける人もいるそうです。

指も疲れるし、その速さで文の構成を作るのもしんどいと思います。

初心者は書くのが遅くて当然

今この記事を読んでいる人にそんなに速く書けないと思っている人がいるかもしれません。

でも全然大丈夫です

自分も最初の頃はすごく遅かったし、今も平均程度の速さです。時間がかかるときは1000文字書くのに2時間くらいかかるときもあります。

初心者のときは1記事を書くのにまる1日潰した時もありました。

でも継続していくうちに慣れてきます。

何事も経験と慣れです。

遅くても気にする必要はありません

自分も1時間で1000文字書ければいいかなくらいの気持ちでやっています。

これからも別にこれより速く書こうとも思っていません。速さを重視するあまり内容がひどくなると本末転倒です

執筆スピードよりも大事なこと

ブロガーやライターに大切なのは、記児を執筆する速さではなくて、書く記事の内容がしっかりしているか、面白いのか、読みやすいのか、役にたつのかです。

速さは二の次です。

記事を書く仕事は時給じゃなく実力主義的なところがあるので効率や速さを求めてしまうものですが、大切なのは記事の中身です。

ブロガー、ライターとして生活していくために大事なこと


ブロガー、ライターとして長期的に活動して、生活していくためには確かに少ない時間で多くの記事が書けることも大事かもしれませんが、内容を充実できてこそです。

大切なのは長期的に常に同じ速さで質を保ったまま記事を書き続けられるかどうかです。

その技術、能力があれば、ブロガーとして生活していくことも可能です。小説家や批評家でも同じですが物書きは継続して書き続けられるかが一番大事です。

ただたんにスピードを求めて、途中で挫折するよりもマイペースに書き続けていくことが大切なのです。