漫画の地球儀

【ブログネタ】日常生活で手に入る情報やキーワードは宝の宝庫。アイデアに敏感になろう。

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180621060803p:plain



ブログを書いている人はどんなことでもネットの中で情報を手に入れようとする人が多いです。自分もそうでした。ネットの中で調べたキーワードで記事を書いていました。でもこれではライバルが多いです。

ネットの中ではなく日常生活で耳にしたものや、街中で見かけたものをキーワードにすると驚くほどライバルが少ないことに気づきます。


日常生活でみかけるキーワードの例

・テレビ

・新聞

・電車の中などの広告

・街の中の広告

・書店

・友達や知り合いとの会話の中


こういった日常で目にしたキーワードというのはビックリするくらいにライバルが少ないです。

日常生活を送っているときに「あ、これがいま流行っているんだ?」というようなキーワードがあればそれについて調べて記事にしていきます。


この方法だとネットで調べたキーワードより細かいキーワードで記事を書くことができるのです。

そして検索需要が割とあったりして、アクセスを独占できるのです。

本屋さんに寄ってみる

昔まで自分は本はいつもネットで買っていました。アマゾンや楽天などから。

でも最近は本屋によって本屋で買うようにしています。そして店の本のタイトルをチェックしてきになったものは中身もパラパラとチェックします。

こうするとネットの中ではきづかなかったキーワードに出会えたりします

そして気になったものは買ってみてもいいかも。

気になったことはすぐにメモを取る

普段の生活の中で気になったキーワードや単語があれば、すぐにメモをとりましょう。

外にいるときも携帯やスマホでメモをとろう。

現在、様々なメモアプリがあります。自分に使いやすいものをダウンロードしておくと便利です。

気になった単語などは、どんどんメモを取っていきます。

そしてそのメモから書けそうな記事を考えるのです。要するにネタ帳を持ってください。

ブロガー脳を作る

ブロガー脳なんて言葉は存在しないと思うけど、つまりはどんな時もキーワードに敏感になってくださいということです。

これは記事にできるなということを思いつけるような脳にするのです。

そうすれば、何気なくテレビを見ていても、「お、これは記事に出来るな」ということが沢山出てきます。

友達との会話の中でも普段なら思いつかなかったアイデアが浮かんだりもします

サブカルな友人はネタの宝庫

自分はこれは意外に結構、大事だと思っています

サブカルな友人との会話は一番ネタを得られます。

マニアックなことを知っている友達との会話から結構ネタを仕入れています

まとめ

ビジネスにつながる事柄は無限に存在します。いかにそれに気づけるかが大切です。

そして気づくためには日頃から流行などに敏感になって、記事ネタを考えるクセをつけてください。

日常生活の中で手に入る情報はライバルが少ないのでお勧めです。