漫画の地球儀

読みやすい文章を心がけるとアクセスが増えるかも?読みやすい文章にするための方法

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180621022912p:plain

ブログは流し読みされる

基礎的なことなのですがブログやサイトというものは本の読書などとは違って流し読みされます。つまりは隙間の時間に短時間に読まれます。

これはマイナスというよりはメリットで、こういった特徴がブログや今流行のユーチューブの大きな武器です。


現代の人々は仕事に忙しいので時間に余裕がない。その中でしっかり時間をかけてブログを読もうとは思わないで知りたい情報をかいつまんで短時間で知りたいのです。


グーグルなどの検索で調べてサイトやブログにたどりついたり、はてなのブックマークのエントリーから行きついたときにその記事が長くて読みにくいとすぐに読者はブログを閉じます。

つまり専門用語などが多く読みにくい文章はみんなブログに求めていないのです。

読者に読みやすいブログにするための方法

見出しをちゃんとつける

見出しは凄く大切です。

読者は見出しを見て、知りたい情報があるかどうかを確かめます。


見出しがなく、だらだらした文章が並んでいても読むのがきついです。読者はすぐにブラウザバックします。


見出しがなくてもいいくらいの短い文章ならいんだけど、長い文章で見出しがないのは読みづらいです。

重要な部分に色をつけて強調する


見出しの他に読者が読みやすくする方法は重要な部分に赤色などの色をつけたり、背景の部分に色とかにすると読みやすいです

改行する

長い文章で改行がないと読みづらい

改行を入れることで読者がテンポよく読めるようになります。

写真や絵やグラフを入れる

長い文章になると読者が疲れてきます。

長い文章になった場合、画像や絵をところどころに入れておくと読者が一息休めるので最後まで文章を読んでもらう確率が上がります。

文章に関連してそうな画像を適当に入れるだけでも効果があります。

文章を書き終わった後、自分でも読んで見る

文章を改めて読んでみると誤字とか脱字があったり、読みにくい文章になっていたりすることに気づきます。

僕の場合は書き終わった文章を音読して読んでいます。黙読だと見逃してしまうことがあるからです。

,まとめ

ブログの文章が読みにくいと途中でブラウザバックされやすかったりして、グーグルからの評価が下がったりすることがあります。

グーグルからの評価を得るためにも読みやすい記事をこころがけたほうがいいかもしれません。

色々書いてきましたが、pcやスマホタブレットでも個々で読みやすさが変わってきますので、そこまで神経質になる必要もないです。少し意識するだけでいいと思います。