漫画の地球儀

グーグルアドセンスで月3万円ではもったいない。個人ブログで月50万円も全然可能。継続の重要性

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20180620005238p:plain



比較的に初心者にも収益を上げやすいグーグルアドセンスなのですが、グーグルアドセンスで収益を得ている人の平均的な収入は月に3万円ほどです。

それはなぜなのか?


それはグーグルアドセンスを利用している人たちが月3万円程度で満足してしまっているからです。


そして最近増えてきているプロブロガーと呼ばれる人たちが増えているのも原因の一つです。

本当ならもっともっと収益を上げる事ができるグーグルアドセンスですが、上記の理由から平均の収益は月3万円くらいなのです


  1. どうして月3万円?


個人で運営されているブログ1つで平均月3万円の収益


収益を上げているブログの1日の平均pvは大体1000~2000程度です。

ブログのジャンルによってアドセンスの金額やクリック率が違うので、ちゃんとした収益はわかりませんが、大体1万円~3万円くらいでしょう。


自分が運営しているのも大半がこのくらいです。

それでもそんなブログを2つ持っていれば毎月6万円は達成できます。3つでも9万円です。

アドセンスで月に15万円以上稼いでいる人達はこういうふうに、ブログを複数持っているか、一つのブログで1日1万pv以上アクセスを集めている
かのいずれかです。

収益を上げようと考えるなら、どんどんと月3万円ほど稼げるブログを複数作ればいいのです。自分は10個以上のブログを運営しています。

月に1から3万円の収益で満足してしまう人が多い

簡単に始めることができるのがグーグルアドセンスの魅力なのですが、それが逆に動機を弱めてしまっている人達が多いのです。

「月に数千円でいいのでお小遣いがほしいなぁ…」という考えで、ブログを運営をしている人たちが多いので、1万円を稼げたら、「1万円も稼げた!」と考えてしまっています。


ブログでアフィリエイトなどをやっている人たちの中にはどんどんと上を目指して、月に20万円、50万円、100万円と稼いでいる人達がたくさんいます。

そうした目標の差がブログの収益を提げているのだと思います

ブロガーたちの平均の収益が月3万円


人の悪口やアンチ風味な文章で故意に炎上させることでpvを集めたり、ノマドな日々をわざわざ自慢してファンなどを作っているプロブロガーの多くのアドセンスの収益は大体月3万円ほどです。

理由は、上で書いたとおり1日1000から2000pv程度のpvを集めているブログが大半なのと、常に記事を書かないと稼ぎが落ちるようなブログの運営をしているからです。


でもプロのブロガーでも、グーグルアドセンスに加えて物販アフィリエイトをしている人は3万円よりも多く稼いでいる人は多くいます

まとめ もっと稼がないともったいない


実際はブログは無限の可能性を秘めています。

アドセンスだけでも月に50万円を稼ぐことは十分に可能です。

色々と手を広げれば月100万円も夢ではありません。


稼げていない人が多いのは、上記で書いたように、ブログを書いている人達の志が低いのが大きな原因です。


そしてキーワードを考えずに好きなことを書いている事も原因の一つだと思います

それでいいという人は別にいいのですが、稼ぎたいと思っているひとでもキーワードを適当にしている人は結構います。


グーグルアドセンスで収益をもうすでに上げている人は知っていると思いますが、pv数に応じてグーグルアドセンスの収益は増えます。

たとえどんなに質の高い記事や楽しい記事を書いていても、マニアックなジャンルや需要が低いジャンルでは収益は増えません。


志を高く持って、キーワードを念入りに調べる。この両方を意識していればブログで月に数十万円を稼ぐことも全然可能です。もちろん毎月ごとに。

蓄積される資産型のブログを作ろう


月50万円をブログで稼ごうと思うと、戦略を立てる必要があります。

適当に自分の好きな記事を書いているだけでは、いつまでたっても稼げません。

自分がしている戦略は月3万円ほどのブログを数十個作るということをしています。これで50万円近くいきます。時間はかかります、でも地道に書いていくと必ず達成できます。

ブログを代わりに書いてくれるソーシャルワーカーの方を雇ってもいいです。

まとめ

5年後の平均収入50万ごえ。

現在はあまり本気でブログやサイトに取り組んでいるひとがいないので、その人たちは月3万円程度しか稼げていません。


でも月100円稼いでいる個人のブロガーもまた実際に存在しているのです。

個人でも可能なのです。


この先の未来、株とかFXみたいに、ブロガーが1つの仕事として世間に知られる日も近いのです。