漫画の地球儀

PSPのおすすめアクションゲームソフト14選【シリーズ、良ゲー、神ゲー】

スポンサーリンク

随時追加します

ウルトラマン Fighting Evolution 0

ウルトラマンや怪獣たちが、画面を所狭しと動き対決するアクションゲームです。操作性は中々スムーズだと思います。必殺技を出す演出も、まるでテレビを見ているような感覚になります。また、ストーリーモードもあり、対戦ばかりだと飽きが来るかもしれないけど、これがあったおかげで非常に楽しむことができました

絶体絶命都市3壊れゆく街と彼女の歌

アイレム絶体絶命都市シリーズ第三作目。ゲームジャンルはアクションアドベンチャーで、内容は地震津波の大災害を舞台に人間ドラマを描いています。ゲーム中には実際の災害時に役立つ知識が多数登場する点も特徴です。



機動戦士ガンダムガンダムVS.ガンダム

今までSEEDなどでなれてきた人たちにとっては恐ろしい格ゲーとなったガンダムVSガンダム。あんな重たいものがパイルドライバーをかますこと自体がどうかと思うものの、その爽快さは今までの中でも抜きん出ているのは言うまでもない。手軽にできるのがいいが、早すぎてなんだかわからなくなるところは格ゲー出身者にしか受け入れられないところがあるのがちょっと残念です。

剣闘士グラディエータービギンズ

プレイヤーは奴隷出身の剣闘士となって並み居る他の剣闘士を倒しながら頂点を目指していきます。アクション性は非常に高く相手の動きをしっかりと見なければ負けてしまいます。正直格闘ゲームの要素も高いと感じました。古代ローマの雰囲気をしっかりと出すことに成功しており、昔のゲームながら良作です

キングダムハーツ バースバイスリープ

ディズニーの世界を舞台とした、アクションRPGです。主人公は3人いて、3通りのエンディングが見られます。どのキャラクターも性格が良く、途中途中に挿入されるエピソードも見ごたえがあり、作り手のサービス精神を感じました。

ガンダム バトルクロニクル

MSが多いし、ミッションも多い。ZZや、逆襲のシャアの、MSも出るから、クリアしても、MS出すのに飽きない。また、キャラクターの育成やモビルスーツのカスタムポイントなどいろいろとやりこめる要素がありました。

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-は魔法少女まどかリリカルなのはのゲーム作品の二作目となっている、対戦格闘ゲームです。22名のキャラクターを駆使しし、近距離、中距離、長距離のレンジで戦い合う格闘戦はとても楽しいものになっています。さらに、収録されているストーリーモードが非常に手に汗握るものになっていて、シリーズを知らなくてもオススメできる一作になっています。



モンスターハンターポータブル

PS2時代から人気のあった『モンスターハンター』シリーズ初のポータブルゲーム。 モンスターを倒して、素材を集め、強い武器防具を作り、更に強い敵を倒すゲームで、敵の行動パターンや動きを覚えて行くのが面白い。 後のシリーズと比べると不便な仕様が多く、やや理不尽に思える点も多いが、後のシリーズでは大人しいイャンクックが先生としてプレイヤーを殺しにかかってくるこのゲームは一見の価値あり。

ディシディア ファイナルファンタジー

ディシディア ファイナルファンタジーファイナルファンタジーシリーズの歴代主人公やヴィランなどのお馴染みのキャラクターたちが対戦格闘する、アクションRPGとなっています。その簡単な操作で楽しめる独特の要素から構成されバトルはとても歯ごたえがあります。その上でそれぞれのキャラクターにまつわる物語もとても濃密なものになっていて、シリーズをよく知らなくてもこれ一本で楽しめるようになっています。

GOD EATER2

GOD EATER2はアニメ化もされたGOD EATERシリーズの二作目であり、いわゆる共闘アクションとなっています。アラガミと呼ばれるモンスターを強力して倒していくのですが、そのアクションがとても爽快で楽しく、またストーリーもとても引き込まれるものになっている一作です。

激・戦国無双

pspでありながら据え置き機に劣らない一騎当千を味わえ、タクティカルパートとアクションパートで携帯機用に遊びやすく調整しています。武将毎のボリュームもあり長く遊べます。


ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲

完成度がとても高い!美麗なグラフィックでかなり動きも軽やかで操作性がいいと思います。ただ、少し内容が薄いのでもったいない気がしますが、割とライトにアクションを楽しみたい人にはとても向いていると思います。

プリニー~オレが主人公でイイんスか?~

日本一ソフトウェアの人気キャラクタープリニーを主人公にしたアクションゲームです。プリニーはペンギンのような見た目とは異なり、アクション性の高い動きをする生物でゲームの難易度もとても高いです。その点は開発側も認識しているのでしょう。このゲームの残機設定が1000という途方もない数字に設定されています。一見余裕がある数字ですが各ステージに用意されたボスとの戦いですり減らされていきます。骨のあるアクションゲームをプレイしたい人におススメです

クロヒョウ 龍が如く新章

PSP版に新しい主人公を迎えての龍が如くになります。本編シリーズとは異なり、若者たちが主人公の喧嘩アクションアドベンチャーです。今作の特徴である劇画タッチのムービーは最初違和感がありますが、慣れれば楽しめます。その他はサブストーリーや遊戯施設など本編と同様な物も用意されています。