漫画の地球儀

うつ病とセロトニンの関係【モノアミン仮説】【セロトニン神経】

スポンサーリンク

セロトニン欠乏脳 キレる脳・鬱の脳をきたえ直す (生活人新書)

うつ病が起こるメカニズム

脳内神経の不調が鬱を生む


うつ病は消化器の病気でもなければ呼吸器の病気でもありません


うつ病は心の病気です


人の心の動きは、頭の中(脳内)の作用であるというのが医学を含む現代科学の常識です



心は脳内に存在して、心の病気であるうつ病も脳内の変調によって生じています


うつ病の研究が進んで、脳内のどのようなメカニズムによって障害が起こるのか、いくつもの仮説が出てきています


その仮説の中で、現在最も有力とされているのが「モノアミン仮説」です


ノアミンとは脳内神経伝達物質の中のノンアドレナリンとドーパミンセロトニンなどの総称です


脳内には、セロトニンノルアドレナリンという神経伝達物質があって、色々な脳の働きをつかさどっています




セロトニンノルアドレナリンも化学物質です



何らかの原因でセロトニンノルアドレナリンに反応する神経がうまく機能しなくなったらヤル気が出なかったり、悲しい、死んでしまいたい気持ちになるといった、うつ症状が現れます



つまり、うつ病はモノアミンといわれる神経伝達物質が何らかの原因で不足したり、モノアミンに反応する神経に異常を生じたことによって引き起こされる病気なのです



セロトニン神経は脳内で感情をコントロールする脳幹の中にある神経細胞です


脳幹は内臓とも密接に関係していて、呼吸や消化などの基本的な身体活動をつかさどっています


脳幹の中にあるセロトニン神経の役割は、とくに精神的な安定や睡眠に作用します



セロトニン神経はストレスに抵抗して、心を落ち着かせる、いわば癒しの神経です



セロトニン神経に情報を伝える化学物質のセロトニンは一定のリズム運動に反応して分泌されます



セロトニンは精神面だけでなくて、食欲、性欲、体温調節、排尿などにも関係しています


また光にもよく反応して交感神経に働きかけて覚醒度を高めます



セロトニンは日常生活の一定のリズムに反応して分泌されます



結婚、就職、昇進、転職、引っ越し、病気など日常生活のリズムが崩れるとセロトニンの分泌が正常ではなくなって、またセロトニンに反応する神経の機能が低下して、うつ状態を引き起こします



うつ病は「心のリズムの病気」なのです


生活のリズムの変調は、悪い事だけによって生じるとは限りません


望んでいた結婚や、職場での昇進など、本人にとって好ましい出来事によって、生活のリズムが大きく変わって、それでうつ病が発症するケースもあります




脳内の神経伝達物質であるセロトニンは人体に約10ミリグラム含まれています


そのうちの90パーセントは小腸の粘膜にあって8パーセントは血液中の血小板に取り込まれています


中枢神経にあって、神経伝達物質として働いているのは全体のわずか2パーセント、0,2ミリグラムにすぎません



この微量のセロトニンが脳内での情報伝達物質に重要な役割を果たしています


セロトニン不足を引き起こす要因

セロトニンんは脳の真ん中、右脳と左脳が縫い合わされた部分である「縫線核(ほうせんかく)」で作られます


セロトニンの原料になるのは、アミノ酸の一種であるトリプトファンです


セロトニンが作られる縫線核には、数万個のセロトニン神経があり、セロトニンはこのセロトニン神経から送り出されます


1個のセロトニン神経は、セロトニンを媒介して数万もの神経に情報を伝えます



セロトニン神経から放出されたセロトニンのうち作用すべきシナプスの受容体に取り込まれるのはほんの一部です



放出されたセロトニンの80%は再利用のため元のセロトニン神経の先端部に再び取り込まれ次の次に備えて蓄えられます



ところが元のシナプスにあるセロトニンの再取り込み口が塞がれてしまい放出されたシナプスを回収できない事態も発生します



例えばストレスで増えてくるコルチゾールという物質はこの再取り込み口を塞ぐ作用があります




うつ病の患者さんはこのコルチゾールが健常人に比べて増加していることが知られています



ストレス物質のコルチゾールの増加により放出されたセロトニンが元のシナプスに戻りにくくなりそのリサイクルシステムが働かなくなると結果としてセロトニン不足を引き起こすと考えられています



また最近ではコルチゾールの慢性増加そのものが海馬の神経を障害しうつ病を発症するのではと考えられるようになってきました

自殺願望と鬱病

うつ病の初期には「死にたい」という気持ちが強烈に起こって、発作的に自殺を図る危険性が高いです


でも何度もリストカットを企てるような自殺願望に捕らわれている人がうつ病にかかっているかというと、必ずしもそうとは言い切れません


うつ病は心のエネルギーが不足している状態です


症状が重いと自殺をする気力さえ失われてしまいます


そこで注意をしたいのは、うつ病の初期や、やや改善した状態で、突発的に自殺を企てるケースです


うつ病の初期と治りかけは、自殺と背中合わせの危険な状態にあるということを、よく理解しておくことが大事です
うつに効くコスパ最強サプリメント