漫画の地球儀

血管の詰まりを予防するにはタマネギの栄養素がお勧め【硫黄化合物】【サラダ】

スポンサーリンク

S&B カレープラス 北海道産炒め玉ねぎ 180g×4袋

現代人は血栓ができやすくて、さらには血栓が溶けにくい体質になっているそうです




血栓が血管内で溶けず、そのままになってしまった状態を放置しておくと、知らないうちに脳梗塞の原因となって、大変なことになります






血栓ができた場所が脳の血管ならば「脳梗塞」心臓付近の血管ならば「心筋梗塞」です





現代の人々がそのような体質になってしまっていることを考えると誰もがこの血栓の危険にさらされている、といっても過言ではありません

ストレスや食生活の乱れから起こる血管の詰まりは、日常生活にあまり支障のない危険度の小さいものから、大病を招く恐れのあるものまで様々です







危険度小の詰まりは手足の冷えや肩こり、肌荒れなどの症状、危険度中の詰まりは、高血圧や耳鳴りなど、そして危険度大の詰まりは脳梗塞心筋梗塞など、死の危険性をはらむ病気へとつながる症状となります





こうした血管詰まりの予防は食生活が大きな要素となります




血管の詰まり予防法


コレステロールの多い食品は避ける

コレステロールが多い食品は食べ過ぎないようにすることが大事です





卵黄、うなぎ、レバー、ししゃも、いくらなどがあります




血圧とコレステロールをコントロールすることが大切です



・油脂の摂りすぎに注意


飽和脂肪酸の摂取はひかえましょう





飽和脂肪酸を多く含む食品には牛ばら肉、豚バラ肉、皮つきの鶏肉、ベーコンなどの脂肪の多い肉やバター、ラードなどがあります





・体に良い油を選ぶ


体に良い脂には、オリーブ油、キャノーラ油、大豆油などがあります





体重管理が必要な人は油をあまり摂りすぎないように注意してください




青背魚を食べる

青背魚にはコレステロールを改善する脂質が含まれています






少なくとも週に2から3回は青背魚を食べるのがお勧めです






特にさんま、アジ、イワシ、サケ、ブリなどがお勧めです



トランス脂肪酸は避ける


トランス脂肪酸は外食やファストフードの揚げ物、クラッカー、ポテトチップスなどのスナック菓子、ショー二ングやマーガリンを材料にしている食品に含まれます





・食物繊維を摂取する


食物繊維をたっぷり含む食品は野菜、果物、豆、雑穀類、海藻などに入っています



コレステロール中性脂肪を減らすなら、タマネギを加熱して食べるのもオススメです





血糖値を下げるにはサラダなどの生食がおすすめ






タマネギに含まれている硫黄化合物は水に溶けやすく、タマネギをスライスしてすぐに水にさらすと溶けだしてしまいます




生で食べる場合も加熱して食べる場合も。タマネギを切った後、空気中に15分以上放置することで、栄養成分が安定して、血液サラサラ効果を最大限に引き出すことができます

タマネギの栄養素を手軽にとれるコスパ最強サプリメント