漫画の地球儀

タマネギに含まれるビタミンB6には疲労回復や貧血治療などメリットがありすぎる件【夏バテ予防】

スポンサーリンク

北海道産  玉ねぎ Lサイズ 20kg

タマネギのビタミンB6

タマネギにはビタミンB6がたくさん含まれています







ビタミンB6とはピリドキシンとも呼ばれるビタミンで、皮膚とか粘膜健康を維持したり、疲労回復の効果があります








タンパク質の代謝にも深く関わっています








ビタミンB6が不足してしまうと代謝異常によって血色素減少、免疫力低下など、色々な欠乏症の症状が出てきます








タンパク質の代謝に関わる水溶性のビタミンで、日光などの光によっれ腸内細菌からも作られます









ホルモン作用の調節とか脂質代謝、グリコーゲンの分解などにも働きます








女性の卵胞ホルモンの代謝を促して、腰痛やイライラを軽くする働きもあります







人間が肉や魚とか、大豆といったたんぱく質を摂ると、体内でアミノ酸に変わって小腸で吸収されます








その後、たんぱく質の合成に必要なのがビタミンB6です








タンパク質とかアミノ酸の摂取量が増えるとビタミンB6の必要な量が増えるので、タンパク質とかアミノ酸を摂取するときには、ビタミンB6も一緒に摂るのがオススメです








ビタミンB6が不足してしまうと、湿疹などの皮膚炎とか口内炎、貧血などが起こってきます








ビタミンB6は腸内細菌によっても作られるので一般的には不足しにくいのだけど、抗生剤を飲んでいる人は不足することがあります









タマネギにはビタミンB6が100gあたり0、16mgも含まれています








1日の推奨量が0、35mgなので200gくらいの中ぐらいのタマネギ一個食べれば足りる計算です





タマネギはビタミンB1の吸収を助ける

たまねびに含まれている硫黄化合物は、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります









この硫黄化合物は、ビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで、体内に長くとどまって、吸収を促進する働きがあります









ビタミンB1が効率良く吸収されると、体の新陳代謝が上がって、エネルギーが生み出されます








ビタミンB1は糖質を栄養源として使っている脳神経系を正常に保つ働きにも関係しています









糖質はご飯とかパン、麺類などに含まれています








ビタミンB1が不足すると糖質がうまくエネルギーにならないので、食欲がなくなって、疲れやすくなります







だるいとか夏バテのような症状になります








多忙な人とかスポーツをよくする人ほどエネルギーを作って消費しているので、ビタミンB1が不足しやすくなります








最近はソフトドリンクの飲み過ぎなどでビタミンB1不足の人も多いです








ビタミンB1は疲労すると筋肉に溜まる乳酸を分解してエネルギーに変える作用もあるので吸収を高めるタマネギを食べるのはすごい効果があります








タマネギには色々な健康のための栄養が入っているのです


タマネギのケルセチンは胃がんを予防してくれる

タマネギのポリフェノールの一種のケルセチンは胃がんも予防してくれます
チンは胃がんを予防してくれます






ケルセチンは、ブロッコリー、オレンジ、リンゴなどに含まれているけど、タマネギに一番多く含まれています







胃がんの最大の原因がピロリ菌です






ピロリ菌によって大量の活性酸素が発生して、胃の粘膜の細胞を攻撃して、傷ついた細胞が、がん細胞へと変化して胃がんになります







ケルセチンの抗酸化作用は、活性酸素を中和して無害化させる効果があります






タマネギをよく食べる人は、あまり食べない人より胃がんの発生率が50パーセントも減少したそうです






タマネギのケルセチンを効率よく摂取するための調理方法は、まずケルセチンは水溶性なので、スープにして食べるのがオススメです






その場合、料理する前にカットしてから、室温で15分ほど放置しておくことが大事です






こうしてあげることで、タマネギのケルセチンが安定して、失われることなく、摂取することができます
タマネギの栄養素を手軽にとれるコスパ最強サプリメント