漫画の地球儀

タマネギのケルセチンを摂る習慣をつけるメリット、利点とは【腸内フローラ】【花粉症】

スポンサーリンク

腸内フローラ 免疫力アップレシピ (扶桑社ムック)

花粉症やアレルギー予防にケルセチン

春の時期になってくると花粉症とかアレルギーに悩まされる人が年々増えています







それらに予防効果があるのがタマネギのケルセチンです








最近では健康に腸内フローラの影響が注目されているけど、実は人の免疫システムの60%以上が腸に集中しています







腸内フローラは人間の腹の中にすみついている最近で、善玉菌と悪玉菌があります








腸内フローラは免疫システムがうまく機能するかどうかに大きく影響してきます








ケルセチンには、腸内環境の改善作用があって、善玉菌を守る働きを持っています








腸内に棲んでいる細菌の細胞数は、100兆個以上で種類は約千種類あります







この腸内フローラが、免疫機能を適切に働かせたり、抑えたりしています









この腸内フローラのバランスが悪く、免疫反応が過敏になってしまうと、アレルギーとか花粉症がひどくなるのです







免疫反応が鈍くなると免疫機能が弱って、病気にかかりやすくなります








タマネギに含まれるケルセチンには、とても強い抗ヒスタミン作用もあります
ケルセチンのコスパ最強サプリメントはこれ




アトピー予防にもケルセチン

皮膚バリアを強化する働きもあり、花粉症とかアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の改善にも効果あります








ヨーロッパの一部などでは、ケルセチンはヒスタミン剤として医薬品に認定されているくらいに、アレルギーに対する効果が高いです







タマネギに含まれるケルセチンが不足するとアレルギーの症状が出たり、症状が強くなったりしてしまいます








タマネギに含まれるケルセチンは油と一緒に摂取すると吸収がよくなるので、植物油やごま、乳製品、肉類などと一緒に調理するのがオススメです








ケルセチンにはポリフェノールの一種のフラボノイドでタマネギの皮の部分に多く含まれます








ケルセチンには「ビタミンCの吸収を助ける作用」があって、自らも抗酸化作用があることから、活性酸素による細胞や血球のダメージを防いで、血管をしなやかにする作用があります








加齢と共に増えてくるのが間接痛だけど、その原因の一つが活性酸素で、タマネギのケルセチンにはこの活性酸素を除去して、炎症や痛みを抑制してくれます








抗酸化力の強いビタミンEよりもはるかに強力です

ケルセチンのコスパ最強サプリメントはこれ


ケルセチンはダイエットにもオススメ

ダイエットの条件として、脂肪吸収を抑える事は必須条件です






ケルセチンはポリフェノールの中でも、特に脂肪吸収抑制効果が高いです








つまりケルセチンは体内の脂肪を減らす働きをするのです








その脂肪吸収を抑制する働きは、まず肝臓の脂肪に対して行われます









タマネギにふくまれているケルセチンは肝臓に含まれている脂肪の燃焼、排出を促進して、肝臓の脂肪代謝を高めます









この効果によって肝臓は余分な脂肪を抱え込まなくなるので肝機能がアップして、からだ全体の代謝機能も促進されます







さらにケルセチンは消化管でも脂肪と結合して死亡吸収を抑制してくれます







こういった作用がダイエットに効果的なのです








タマネギの効果を最大限に生かすためには、タマネギに含まれている硫化アリルが変化しやすいように、切ってすぐに調理しないで室温で10分くらい放置するのがオススメです







それか、電子レンジに20秒かけると、切ったタマネギの温度が上がって、変化がすぐに起こるのでお勧めです



硫黄化合物とケルセチンは糖尿病やがんを予防してくれる

タマネギに含まれる有効成分は、タマネギの匂いとか刺激物質の成分、硫黄化合物と皮の部分などに含まれるポリフェノールの一種のケルセチンです







硫黄化合物には硫黄とアミノ酸が含まれています








硫黄化合物には血糖値を下げる効果があって、糖尿病とか、がんの予防効果があります







硫黄化合物は熱を加えると、トリスルフィドやセパエンに変化します







この成分は血液を晒されにして、中性脂肪とかコレステロールを減少させて、血栓を溶かして、動脈硬化心筋梗塞の予防効果があります







ケルセチンはタマネギの皮に多く含まれている成分です







タマネギの皮をむいて日に当てることで、ケルセチンがどんどん分泌されます







皮をむいて日に当てることでケルセチンはどんどん増えていき、1週間で約4倍になります