漫画の地球儀

リコピンを摂る習慣をつけるメリット、利益とは【トマト】【トマトジュース】

スポンサーリンク

生活習慣病予防食品・リコピン

赤いトマトは見ただけで食欲がそそる








トマトの赤い色はカロノイドという一種のリコピンで、自然界に存在する色素です








身体の中では作られないので食物から摂る必要があります










リコピンはトマトの他にも、にんじん、なす、ピーマン、さくらんぼなどに含まれています










リコピンは抗酸化力が強くて、活性酸素を消し去ってくれます








βカロテンの2倍も抗酸化力が強いことで知られています








この抗酸化力はビタミンEの100倍です








リコピンにはアレルギーとか花粉症の予防効果もあります








体内に吸収されにくく、油や牛乳と一緒に摂取することで吸収力が向上するこで知られています









また、トマトを加熱することでリコピンが体内に吸収、蓄積されやすくなります










これは加熱によってトマトの細胞が壊されてリコピンが細胞の外に取り出されて、リコピンの構造が体内に吸収されやすい形に変わることによるためと考えられています










リコピンの1日の摂取量の目安は15から20mg程度とされています









トマト1個の含有量はおよそ7から8mg程度なので、トマトを2個食べると15mg摂れる計算になります








生のトマトよりもトマトジュースの方にリコピンが多く含まれています









理由は、ジュース用のトマトには完熟トマトが使われているのでリコピンが多いのです








トマトジュース200ミリリットルで1日に必要な摂取量の20mgのリコピンを摂ることができます









なのでジュースで飲むか、植物油を使ってトマトを加熱調理して食べることをオススメします
トマトの栄養素を手軽にとれるコスパ最強サプリメント








ガン予防にも

トマトの赤い色素はカロテンとリコピンという成分です







このうち、やや色の薄いβカロテンは体内でビタミンAに代わるほか、抗酸化作用を持つことでも知られています








濃い赤色の成分であるリコピンにも、強い抗酸化作用があります








リコピンに関しては、摂取量が多いほど死亡につながる「致死的な前立腺がん」の発症リスクが低くなります








リコピンの効能は強力な抗酸化力から得られて、血糖値を下げる、動脈硬化の予防、がんの予防、ぜんそくの改善、美白効果、ダイエット効果などがあると言われています







またリコピンには悪玉コレステロールの酸化防止や乳がん、肺がんの増殖を抑える効果もあります








朝食にトマトジュースを飲む習慣をつけると病気になる確率がすごく下がると思います

トマトの栄養凝縮サプリメント コスパ最強



トマトにはカリウムも豊富

年を取ってくると血圧が高くなって、カリウムが不足してきます







トマトにはカリウムが100g当たり210mg含まれています








カリウムの大半は細胞内に存在していて、ナトリウムの多くは血液などの細胞外に存在しています








カリウムとナトリウムは浸透性を一定に保つ役割があって、細胞を正常に維持していて健康には欠かせない栄養素です








日本の人々は塩分の摂りすぎの傾向があるのでカリウムをよく獲らないといけません









カリウムの大きな働きは利尿作用で、余分なナトリウムを尿から排出する働きがあるので、高血圧予防に効果があります







さらには、尿から老廃物とか毒素を排出する働きもあるので、デトックス効果もあります

13オキソODAは中性脂肪を少なくする

2012年に、京都大学大学院の河田輝雄農学研究科教授らの研究グループによって、トマトから脂肪を燃焼させる遺伝子を活性化させる「13オキソODA」という成分が発見されました







この成分は、中性脂肪を減少させる働きがあって、メタボリックシンドロームの予防にも役立ちます





河田教授らの研究グループの研究結果によると1日3回計600mgのトマトジュースを摂取すれば「13オキソODA」を充分に摂取することができ、脂肪燃焼が促進されると言っています






特にトマトジュースに「13オキソODA」が多く含まれています


トマトはメタボ予防もしてくれるのです
トマトの栄養素を手軽にとれるコスパ最強サプリメント



リコピンは熱に強いので、トマトジュースとかトマトの水煮mトマトケチャップやピューレなどの加工品にも多く含まれています




これらの加工品は原料のトマトを濃縮して作られているのでリコピンを摂ることを考えたら、生のトマトよりも加工品の方が効率良く摂ることができます





加工品に使われるトマトはリコピンの多い赤色系がよく使われます





加工品の中でも手軽にリコピンを摂るのにオススメなのがトマトジュースです






トマトジュース1本にはトマト約2個分のリコピンが含まれています





忙しい朝などにサラダを食べる時間がなくてもトマトジュースを1本の飲むだけでもいい栄養補給になります