漫画の地球儀

運の良い人と運の悪い人の違いとは。【自己啓発】【幸運と不運】

スポンサーリンク

運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則



人生で起きる全ての物事には意味があります







仕事で大きな失敗をしたことも、頑張って取り組んだものでいい結果が得られなかった事、信頼していた人の関係が悪くなってしまった事など









それらは決して偶然ではありません。必然の出来事です









神様は何で、そんな望まない出来事を引き起こすのか








それは人間たちにその失敗から何かを学ばせるためです








もしくは本当の目的にたどりつくための軌道修正です








何かに失敗して、落ち込んで次に進むことをあきらめたり、自分の可能性を否定してはダメです







大事なのは「神さまは何でこの苦しい経験を自分に与えたのだろうか?」と考えてみることです








失敗を失敗と捉えないで、今の自分に何かを教えてくれるための必要な経験と考えられる人は、マイナスの出来事をチャンスに変えて前に進んでいけます








自分の人生はずっと失敗ばかりのような気がする







そんな状態が長く続いて苦しんでいる人は、「面白くないこと」や「うまくいかないこと」が自分に与えてくれるメッセージに気づいていないだけなのです








目の前の「面白くないこと」や「うまくいかないこと」の先には明るい未来が待っているのです








運が悪い時でも「運がいい」と信じる

運の良い悪いとチャンスには密接な関係があります








自分の周辺にいる、運の良い人をよく観察してみてください








そんなに才能があるわけでもないのに仕事も人間関係も全てうまく行っているような人







理由はちゃんと、わからないけれどなぜか運が良いという人は自分自身がプラスの出来事を引き寄せる磁石みたいになっています








だからチャンスによく恵まれるのです








性格が悪くないのに、人間関係の悩みがつきない人








能力は高いのに、仕事では全然いい成績をおさめられない人







こういう人はたいてい暗い顔をしています







そして「どうして自分は運がわるいんだろう」「自分の周りにはチャンスが巡って来ないのはなぜなんだろう」と嘆いています








いったい運の良い人と運の悪い人の差はどこにあるのだろうか








それはどんな状況にいても、心の奥の底で「自分は運が良いんだ」と信じているかどうかにつきます








物事がうまくいかない人の大半は心の中で「自分はチャンスに恵まれないけれど、運がわるいからだ」と諦めています








本気でチャンスが欲しいとは願っていない








人生は自分の考えている通りにあります








だからチャンスに恵まれた人生を信じていない人はラッキーな出来事がおこらないのです








運の良い人はミスが続いた時も、不運な時も、自分の運の良さを信じ続けられる人なのです