漫画の地球儀

脳はスーパーコンピュータに匹敵するほどのデータ容量を持っている【健康】【認知症】

スポンサーリンク

認知症がぐんぐん改善する! 8つの法則
人間の体はとても巧妙にできています







なかでも脳は自然が生み出したすばらしい創造物です








脳には1000億を越すほどの多くの神経細胞があります








神経細胞は互いにつながって神経ネットワークをつくっています








神経細胞の結合部はシナプスと呼ばれています








このシナプスによる情報のやり取りによって色々な機能(記憶、感情など)が生み出されます








脳は頭蓋骨の中に収まるたった1、4キロ前後の臓器だけど、スーパーコンピュータに匹敵するほどのデータ容量を持っています








つまりこのすばらしい脳を活用しない手はありません










脳は体重のたった3パーセントくらいの臓器だけど多くの血液の供給を受けて大量のエネルギーを消費して一生にわたって働き続けています









脳を元気に働かせるにはエネルギーの補給、つまり食が大切なのです







食事

食べることは健康の第一歩です








脳を健康にするには運動も大切です









毎日運動すると脳の中で神経栄養因子が増えてより多くの神経細胞が新たに作られます








人間はいろいろな運動器官の中で手が最も発達しています








手の指は多様な動きが可能です








これは手の動きをコントロールしている脳部位がとても発達しているからです









だから手をよく使うと言うコトは脳の中でもとくに前頭葉の活性化、ボケ防止につながるのです