漫画の地球儀

ゲームボーイのRPGおすすめソフト18選【GB】【神ゲー】【名作】

スポンサーリンク

カエルの為に鐘は鳴る


カエルの為に鐘は鳴る
ゲームボーイで一番好きだったのがこのゲーム。
RPGのつもりで買ったゲームでしたが、どちらかというとパズル要素の方が強いかも?ギャグ要素が強く、キャラクターが個性的で面白かったです。内容もそこまで難しくなく、レベリングも必要ない(アイテムゲットでパラメーターが上がる)のでサクサク進めることができます。

ゴッドメディスン ファンタジー世界の誕生

https://www.otakaraou.com/data/otakaraou/product/gb/204.jpg


実体化してしまったゲームの世界を小学生の仲良し3人組が旅するRPGです。力尽きてしまった本来の勇者に代わり、魔王を倒す為に旅をする3人。もちろん最後は魔王との決戦ですが、魔王が語る「魔王が生まれた理由」の一言はハッとする人も少なくはないはずです。

夢のルフィ海賊団誕生!

From TV animation ONE PIECE 夢のルフィ海賊団誕生!

ONE PIECE国民的大ヒット漫画「ONE PIECE」を基にした2001年発売のゲームボーイカラーのRPGゲームです。
ストーリー的には原作のアーロン編まで進められて、原作の名シーンがドット絵で再現されており、ファンの方なら満足できるかと思います。
敵とはランダムエンカウントで戦闘となり、ターン制です。プレイキャラが必殺技を使用するとき、ドットアニメーションが入ります


ぬし釣りアドベンチャー カイトの冒険

ぬし釣りアドベンチャーカイトの冒険
RPGの釣りゲームです。釣りをするだけでなく、主人公やヒロイン、友達と冒険をします。モンスターが出てきて戦う場面もあるので飽きなかったです。ただ、話の内容が私には理解できないところがあり、エンディングまでなかなかたどり着けなくて悔しい思いをしました。

聖剣伝説ファイナルファンタジー外伝~

http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/165002594.jpg

聖剣伝説シリーズの第一作目。キャラクターを直接操作して敵と戦うアクションRPGです。今作はFF外伝というだけあって、FFシリーズでおなじみのものや魔法が登場するのも特徴で、のちにリメイク作品も発売されています。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド
現在も続編が発売される人気作の第一作目。通常のドラクエシリーズとは異なり、仲間にしたモンスターを育てて戦わせることで最強のモンスターマスターを目指します。モンスターの育成は奥が深く、ドラクエファンだけでなくやりこみ好きにもおすすめです

Sa・Ga2 秘宝伝説

https://img.atwikiimg.com/www26.atwiki.jp/gcmatome/attach/4250/2084/saga2.jpg

サガシリーズといえば旧スクウェアが開発したRPGの中でも、FFシリーズと並ぶものですが、その中でもGB最大のヒット作といえばSa・Ga2です。その後、数々の名曲を生み出すイトケン氏、植松氏が音楽を担当し、「いまのあんたが一番醜いぜ」といった数多くの名言を生み出したストーリーは必見

鬼忍降魔録ONI

https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0306/users/0/4/4/5/chronus_net-img600x450-1498530328gz2hfx3545.jpg&dc=1&sr.fs=20000

和製、それも忍者が題材のRPG。仲間などは存在せず、主人公が1人で終始物語は進んでいくが、RPGというとファンタジーの要素が強いなか和風な世界観が良い。忍者という設定も他のゲームにはない要素で楽しめた。

アナザ・バイブル

アナザ バイブル
GBの女神転生シリーズ外伝としてはデビルチルドレンが有名ですが、此方はラストバイブルシリーズからの外伝であるシミュレーションRPGです。全体的に中世ファンタジー要素が極めて強く、一般的な女神転生を期待すると拍子抜けするでしょう。しかしながら仲魔要素と合体は健在で、新たな仲間を得る満足感は相変わらずです。GBのRPGらしくキャラクターの台詞などは余り多くないのですが、面数が多く十分に楽しむことが出来ます。最後にアナザ・バイブルというタイトルの理由が分かる構成もなかなかよくできていると感じました。全体的には古さを感じるものの、今のゲームプレイヤーも楽しめる設計になっていると思います。

ぐるぐるガラクターズ

ぐるぐるガラクターズ
主人公が暮らす現実世界と、モンスターと戦う異世界とを往復して冒険していく。現実世界で集めたガラクタが異世界でモンスターに変身するのが特徴。キャラデザインはタツノコプロで、「三悪」を彷彿とさせるキャラクターも登場します。

忍たま乱太郎GB

忍たま乱太郎GB

人気漫画・アニメを元にしたゲーム。学園長の任務を受け、乱太郎ときり丸が「七色の巻物」を探しに行く。原作でお馴染みのキャラクターが随所に登場するのもファンには魅力。アクションの要素もあるのでコツがけっこういります。

魔法騎士レイアース

魔法騎士レイアース

なかよしで連載されていてアニメも低学年の女の子を多く取り込んでいたので、難易度が凄く低いです。最後のボスも「え?死んじゃった」という感じで終わるので本当にあっけなかったです。主役の3人は比較的にスムーズに動いていて結構楽しめました。アニメや漫画のレイアースが好きならほとんどの人が楽しめます。

メダロット

メダロット カブトバージョン

ロボットのRPGです。タイトルの通りメダル+ロボット=メダロット。メダルがコアみたいな存在であとはそれぞれパーツを組み合わせてバトルするゲームです。基本的に悪の組織を倒していくのですがロボットのバトルは最大3vs3まであるのでパーツとメダルの組み合わせがかなり大事になってきます。ストーリーも面白くてシリーズとして長く続いているのでオススメです。

メダロット カブトバージョン

メダロット カブトバージョン

ロボットポンコッツ

ロボットポンコッツ 太陽バージョン
様々な個性をもったロボット「ロボポン」たちを育成して戦うゲーム。ソフトで属性攻撃をインストールしたり、パーツを交換することでパワーアップすることができる。『コミックボンボン』で連載されていた漫画も人気があった。


ドラゴンクエストⅢそして伝説へ

ゲームボーイドラゴンクエストIIIそして伝説へ・・・

ドラゴンクエストシリーズ三作目。携帯機で手軽に名作ドラゴンクエストⅢが遊べるようにリメイクされ登場しました。プレイ感覚はファミコン時代と変わりませんでしたが、コレクション要素としてモンスターコインの登場やすごろくなど追加要素が用意されています。

不思議のダンジョン風来のシレンGB月影村の怪物

シレン道風雲録―不思議のダンジョン 風来のシレンGB~月影村の怪物
トルネコ等でお馴染みのローグライクRPGゲームです。ローグライクRPGとはダンジョン探索型RPGです。1度はゲームオーバーになると1からやり直しと、やりごたえがかなりあるゲームです。またストーリーもしっかりしていて、楽しめる作品です。



へろへろくん

へろへろくん
コミックボンボン』で連載されていた人気漫画から生まれたRPGで、へろへろくんをはじめ、原作のキャラクターといっしょに戦っていく。原作のパロディギャグが多かったので、ファン向けの作品と言える。ゲームとしてはかなり手ごたえがあります




携帯電獣テレファング

携帯電獣テレファング スピードバージョン

敵のモンスターを倒すと、携帯電話の番号を教えてもらうことができ、それによって助太刀を頼むという独特のシステム。経験値を積むことで進化する「自然進化」と、メカを組み込むことによって進化する「機械進化」というシステムがあった。
マイナーだけど面白い

がんばれゴエモン天狗党の逆襲〜

がんばれゴエモン 天狗党の逆襲

人気シリーズ『がんばれゴエモン』のRPG。主人公は現代から、ゲーム世界の江戸時代にワープしてしまったハジメという少年で、ゴエモンファミリーとともに「天狗党」の野望を食い止めるために冒険する。忍術と格闘が得意なメンバーがそれぞれ揃っており、使い分けていくのがコツ。


モグモグGOMBO 遥かなる超料理伝説

モグモグGOMBO遥かなる超料理伝説

モグモグGOMBO遥かなる超料理伝説

当時、タレントのヒロミと林家こぶ平(現林蔵)の二人の番組がモチーフの、ゲームソフト「モグモグGOMBO」RPG初の料理をしながらレシピを学び料理レパートリーを増やしながら敵を退治するという異例の作品です。とはいえ実は難易度はやたら高い上、ヒントもなくストーリーを進めていくため初見殺しばかりのイベントが多数あります。また謎の機能タイマー機能もどこで使うのか不明なのもこのゲームならではです。無駄にキャラクターがデフォルメされ親しみやすくBGMもあながち悪くないため、まさに陰に隠れたRPGゲームの一つです。