漫画の地球儀

趣味を突き詰めると価値が生まれる理由。【苫米地英人の金持ち脳 】

スポンサーリンク

苫米地英人の金持ち脳? ~捨てることから幸せは始まる~

お金持ちとはどんな人なのだろう

世の中の人は、自分が金持ちでないことが気に食わなくてなんとか金持ちになりたいと思っているひとが多い







億万長者を夢見て貧乏からの脱出を志しています








金持ちとはどんな人なのだろうか









金持ちは本当に自分の人生を潤してくれるのだろうか









お金がないことへの恐怖、餓死する恐怖









本当にお金がないと餓死するのだろうか










確かにお金がなくて餓死した人のニュースをときどき聞いた事があるかもしれない









でもそれは特殊な例です








日本は生活保護法によって国が経済的に困窮してる人に耐性て最低限度の生活を保障しています








経済の洗脳のせいで貧乏が悪いという意識が植えられてしまっています









生活保護を受給することが恥ずかしい事だという洗脳です










お金持ちの定義は金額では測れません









必要な物を買うお金に困らない人がお金持ちです








金持ちというのは資産の有無で定義するものではありません







お金持ちというのは自分が必要なものを買うのに必要なお金にいつも困らない人なのです







買いたいものが無い人は10万円しかもってなくてもお金持ちと言えるのです








付加価値は趣味を突き詰めていけばおのずとついてくる








趣味は儲かりません






とても狭い世界を突き詰めていくとそこにすごい価値が生まれるのです








世界で大成功した企業を作った人たちも最初は趣味だったのです









フェイスブックも最初はお金を儲けようとして作られたわけじゃありません








奴隷から解き放たれるために役に立たないと思える趣味を突き詰めるのもいいと思います








付加価値が生まれてお金持ちになれるかもしれません








くわしくは「苫米地英人の金持ち脳 」にすべて書いてあるのでオススメです。

キンドルアンリミテッドで読めます

苫米地英人の金持ち脳? ~捨てることから幸せは始まる~

苫米地英人の金持ち脳? ~捨てることから幸せは始まる~