漫画の地球儀

無理なくタバコをやめる方法とは。【Dr.苫米地式の脱洗脳禁煙術 】

スポンサーリンク

Dr.苫米地式の脱洗脳禁煙術


無理なくタバコをやめる方法とは。

脳内のドーパミンをコントロールすればタバコはやめられます







タバコをやめたい理由は人それぞれあります。







すでに禁煙法を試したものの結局やめることができない人も多いはず







世の中にはいろいろな禁煙法が溢れています。








電子タバコに禁煙ガムなど禁煙グッズが売られています







禁煙セミナーなどで専門家の方もいます






いくつかの方法を試した人もいるかもしれません







それらの禁煙法とまったく別物の方法があります







その禁煙法はいわばドーパミンをコントロールする方法。







なぜタバコを吸いたくなるのか








これまでの人生で何度か禁煙を決めて頑張っても続かないという人が多いと思います







なぜ喫煙者はタバコをやめることができないのか






タバコはやる気を出す物質ドーパミンや穏やかな気持ちにさせるセロトニンなどを脳内に分泌させます。








これが依存状態にさせるのです






無理なくタバコをやめるためには身体的依存から対処しなければなりません。







タバコ依存症の人の脳はニコチンを摂取しなければドーパミンが分泌されない体になってしまっています。







我慢してタバコをやめようとしても脳内でドーパミンが分解させず、ドーパミン不足の症状に悩まされます。








タバコが吸いたいというのはドーパミンが欲しいということなのです






タバコ以外でドーパミンが分泌されるように刺激を与えてやって、とりあえず脳の欲求を満たしてあげる必要があります






ドーパミンを出すには

1、チョコレートなどの糖分を摂る




2、カフェインを摂取する




3、体を動かす

などがあります




くわしくは「Dr.苫米地式の脱洗脳禁煙術 」にすべて書いてあるのでオススメです。


キンドルアンリミテッドで読めます

Dr.苫米地式の脱洗脳禁煙術

Dr.苫米地式の脱洗脳禁煙術