漫画の地球儀

お金持ちの基準とは。【お金持ちの教科書】【自己啓発】

スポンサーリンク

お金持ちの教科書

お金持ちの基準

お金持ちとはどんな人なのか






ブランドもので身を固めてフェラーリを乗り回す人







豪かなパーティーによく行く人







本当のお金持ちは地味で慎ましい?







同じお金持ちでも資産家と高給取りは違う







世の中のほとんどの人がお金持ちをよく理解していない








ブランドもので身を包み、フェラーリを乗っている人は年収が高額ではあるだろう。








でもその裏に多額の借金があるかもしれない







たくさんの土地を持っているけど年収はあまり持っていない人もいます








答えはどちらもお金持ちです









重要なことはフェラーリの人は資産家ではないけど土地持ちの人は資産家だということです








難しい話をすればフローとストックなのです







社会的地位とお金は必ずしも一致しない







お金持ちのことを考えるとき、資産と年収、社会的地位の区別をしっかり頭にいれておくべきなのです。








お金持ちの人に会ったら、年収が多い人なのか、資産を持っている人なのか、地位が高いだけでお金は持っていない人なのかを注意を払ってみると様々な事がわかってきます








年収を増やして派手に使いたいのか、地味でいいから資産を作りたいかによってお金持ちになる方法も全然変わってきます








お金持ちになるための第一歩はこの考え方の違いを理解することが重要なのです









お金持ちはどのくらいお金を持っているのか







5000万円から変わるお金の価値






お金持ちかどうかを測るモノサシはたくさんあります








お金持ちの基準は最低1億円から






なぜ1億円なのかは、働かなくても何とか生活できる基準が1億円らしい









1億円の金融資産を運用すれば年に350万の利回りを確保できます









くわしくは「お金持ちの教科書」にすべて書いてあるのでオススメです。


キンドルアンリミテッドで読めます


お金持ちの教科書

お金持ちの教科書