漫画の地球儀

幼児教育の基本的な考え とは。【0歳から5歳の幼児教育】【おすすめ本】

スポンサーリンク

0歳から5歳の幼児教育

幼児教育の基本的な考え

世の中には育児や幼児教育に関する情報があふれています。






でも本当の意味で子供のためを思って情報を発しているメディアは少ないです。







大半のメディアは金銭のために発信しているのです。








そのために育児書ではある主張とその逆の主張があったりするのです。






子育てに関する情報が世の中に氾濫しています








教育は一生続きます






教育とは知育のことであり、その目的は知識を増やすことです








教育は子供だろうが大人だろうが一生続くものなのです









教育は一生続くものという大前提を踏まえた上で学校に入る前の0から5歳の子供にはどんな教育をすればいいのか。







基本的な考えは知識の習得とIQの向上です。







できるだけたくさん多種多様な知識を与えてあげましょう。







0から5歳のあいだはクリティカルエイジと呼ばれ最も脳機能が発達する期間です。








0から5歳の間は親が教育しなければなりません







子の期間においては親の教育の責任は大きいといえます。







といってもこの期間は教育を受けるための準備期間みたいなもので教育の土台を作ってあげればいいのです。







IQを上げるさせるための土台がしっかり築けていれば子供は自分の力で夢を叶えることができます








子供の中に「何にでもなれる自由」を育てることこそが幼児教育の最大の目的なのです








0歳から5歳の脳は圧倒的な速さで神経細胞のネットワークを構築してさまざまな能力を形成します。






この時期に適切なトレーニングを行うことで、6歳以降の教育の密度がすごく変わります






親は子供が学ぶ楽しみを体感できるようなサポートをしてあげる必要があります。







それが親の役目です。






幼児期間にしっかり果たすことができれば小学校に入ってから自然といろんなことに興味を持ちIQを向上させていきます







そうなれば放っておいても親を超える子供に育っていきます






くわしくは「0歳から5歳の幼児教育」にすべて書いてあるのでオススメです。
」にすべて書いてあるのでオススメです。

キンドルアンリミテッドで読めます

0歳から5歳の幼児教育

0歳から5歳の幼児教育