漫画の地球儀

短時間睡眠で最大限の力を出す方法とは【寝不足でも結果を出す全技法】【要約】

スポンサーリンク

寝不足でも結果を出す全技法


仕事に忙しくて働く日々の中でこんな風に思ったことはありませんか。


だめだ、頭が痛くて、体がだるい、あまり寝ていないせいだ


毎日、朝の早くから出社して残業に追われるビジネスパーソンにとって寝不足になることからは逃れられません。


考えが全然まとまらないとか眠くて仕方が無いといった症状はほとんどの人が経験していると思います、


自分の周りを見渡しても電車の中や職場でボーっとした人や機嫌が悪い人などはたくさん見かけるはずです。


日本人は世界で見ても睡眠時間がとても短い国民です。


睡眠というのは食事とか運動と同じくらい重要です。


睡眠時間が短いと高血圧や糖尿病などになりやすくなります。


しかしながら人生において勝負を賭けなければならないとき睡眠時間を多少削ってでもやらなければならないときもあります。


若いころは特そうだと思います。


寝不足の状態でも極力健康を損なわずパフォーマンスを発揮できればいいのです。



寝不足の日も仕事で結果を出す


朝食は必要最小限にしつつレモンジュースを飲む


少量の朝食で内臓の体内時計を覚醒させる



寝不足の朝は胃や腸を休憩させないといけないので朝食の食べ過ぎはあまりオススメではありません、


内臓に大量の食べ物を消化させようとして体調を崩してしまいます


内臓の体内時計を目覚めさせるためには朝食を適量食べる必要があります。


シリアルとかナッツ、ジュースなどがいいです。


起きてから2時間後にブラックコーヒーを1杯飲む。


朝食のあとに1杯のブラックコーヒーを飲みましょう


コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります


カフェインの効果は飲んでから2~4時間くらい続きます


午前中にカフェインの効果を持続させるためには午前9時ごろに飲むのがいいです。

夕方は疲れがピーク。短時間の仮眠がベストです

寝不足の脳の疲労は短時間の仮眠で回復。

くわしくは「寝不足でも結果を出す全技法」にすべて書いてあるのでオススメです。

キンドルアンリミテッドで読めます

「寝不足でも結果を出す全技法」は忙しい社会人の方にオススメです