漫画の地球儀

おすすめのホラー漫画13選【名作】【マンガ】

スポンサーリンク

猫面

猫面

猫面

今では縞々の洋服でも有名な楳図かずおさんの漫画で、今でも「怖い」漫画といえばこの本を思い出すくらいに強烈にその印象が残っている漫画。

今でも十分に読む人をホラーの世界に導くに違いない

笑う標的

「笑う標的」は様々な名作を生み出してきた高橋留美子先生のホラー作品です。コメディの名手の描くこの作品は恐ろしくも悲しく、不気味な美しさに彩られており、一般のホラー作品とは一線をかくしています。幼い頃に母親によって、いとこの譲と婚約をさせられたヒロイン・梓が、ひたすらに彼を愛し続け、その愛ゆえに悲劇へと突き進んでいく姿はあわれですらあります。成長するにつれて梓を忘れ、あっさりと他のガールフレンドをつくるいとこの譲の善良で鈍感、そして薄情さとは対比をなしています。愛ゆえにに純粋、純粋ゆえに一途、一途ゆえに狂気へとひた走る梓の行動は、はたして悪と断罪できるのか・・?そんなことを考えさせられる作品です。

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーローはゾンビパニック系の漫画。

2016年に映画化されているのでご存知の方も多いかもしれません。


この漫画の魅力はゾンビの不気味さに尽きます。ゾンビといえば腕をあげノロノロと迫って来るというのが定番のビジュアルではありますがこの漫画は違います。

めちゃくちゃ走ります、なんなら跳びます。


今までのゾンビの常識を覆すようなゾンビ、そしてそれらが迫り来る恐怖を見事な画力で表現しています。作者さんの力量に脱帽。

不気田くん

不気田くん 1 愛の標本箱

不気田くん 1 愛の標本箱


犬木加奈子さんの作品。主人公不気田くんはとにかく気持ち悪いストーカー気質の若者。

すぐ女子を好きになっては相手の気持ちを無視してアプローチを仕掛けます。

好きになられてしまった女性は気の毒なことに追い詰められて精神をおかしくしたり最悪死を遂げたりします。

時々不気田くんと想い合う女性も出てきます。でもそう簡単には上手くいかないのがこの漫画。本当に気持ちの悪い不気田でもなんか気になるそんな漫画。

不安の種

漫画「不安の種」は名前の通り、読んでいるとなんとも言えない不安な気持ちに駆られます。

少し開いているドアの隙間から見える暗闇に何かがいそうだとか、階段の下から気配がするだとか日常の中で感じる恐怖が感じられる漫画です。


アウターゾーン

昔少年ジャンプで掲載されていた短編漫画です。ホラーとまで言えるかどうかわからないけど、エイリアンのような怪物やゾンビ、悪魔などが登場したり、ゾッとするような描写もあったので、一応ホラー漫画になるのかなと思います。少年誌に掲載されていたこともあり子供でも分かりやすい内容で、割とハッピーエンドが多かったような気がします。結構古い作品ですが、今読んでも楽しめると思います


ゾンビ屋れい子

死んだ人間をゾンビとして生き返らせる能力を持つ女の子が主人公の作品です。グロテスクなシーンも多いですが、バトルシーンがたくさんあって少年漫画を読んでいるときのようなワクワク感があります

魔太郎が来る

小学生で大人しい魔太郎が転校してきた先で起きる奇怪極まりない出来事が起こりその呪いに似たモノの様な感じが読んでいる読者の興味本位と恐怖心をくすぐるコミックだと私は思っています。又、魔太郎には転校先で初恋に似た憧れの人の前でされた屈辱をホラーの恐怖に変えて行くのではと思っています。


ゆうれい小僧がやってきた!

魔太郎がくる!! (1) (中公文庫―コミック版)

魔太郎がくる!! (1) (中公文庫―コミック版)

キン肉マン」のゆでたまご先生による妖怪退治ホラーアクション作品です。


後半こそバトルアクション色が強くなるけど、前半は中学校を舞台に怪死事件が多発する展開でおどろおどろしい気合の入った絵柄も相まってかなり恐ろしい展開。


作品に登場するオリジナルの妖怪のアイデアも面白いです。

おろち

梅図かずお先生の漫画。

不思議な能力を持ち、年をとることのない美少女「おろち」が運命に翻弄される様々な人の人生をみつめるというオムニバス形式。


たしかな筆致で描かれた美麗なイラストがより恐さを演出します。


サユリ

主人公の新しいマイホームに棲む亡霊が主人公の家族に次々に襲いかかる、押切蓮介先生のガチホラー作品の一つ。ただ恐怖から逃れるだけでなく、立ち向かっていく後半の熱い展開が押切先生らしいポイントではないでしょうか。全2巻なのでサクッと読めます。



人魚の森

高橋留美子先生のホラー漫画。

人魚の肉を食べた人間は、不老不死になるか妖獣のどちらかになってしまいます。


不老不死になると死ぬような怪我をしてもすぐに再製します。

痛みは感じるので苦痛は伴います。主人公は猟師で仲間と人魚の肉を食べて、他の者は妖獣となり、たった一人生き残り時代を旅する。その途中で同じように不老不死になった物や、体の一部だけ妖獣化した人間と出会います。

そんな終わりなき旅を続けていくホラー漫画です。


Another

Another(1) (角川コミックス・エース)

Another(1) (角川コミックス・エース)

ホラー小説やミステリー小説で有名な小説家 綾辻行人先生の作品のコミカライズ作品。

簡単に説明すれば死んだ人が生きている人間を次々と死に追いやるという話です。


最後は過激な部分が入っているので気をつけてください。