漫画の地球儀

【クジラの子らは砂上に歌う】第25話【ネタバレ】07巻【サイミアシューター】

スポンサーリンク

大きな草色のあなたの指先から金の椅子が生まれ出る奇瑞を見たのです

椅子は三本の脚から種を蒔き そこから芽生えた穀物は羽に鈴と苗をもつ唄虫とともに腕を這い

両の手をくちなし色に染め小さな人々は黄金の畑を走り 風に乗り土に根付く橙の珠漂肥は夢幻に天から降り注ぎました

朱と藍の屋根を持つ丸い小さな家々と藤色の眩い神殿たちが背の丘に美しく並びます

その瞳の貝の中には翼船の行き交うもうひとつの世界が映っていました

豊かな髪にはおびただしいミルクの実が生り雨のように毛先から輝きながら落ちるのです

あなたの世界には…かんぬきも敗残者も血だまりもない 私たちはその世界のどこにでもゆけるのです

ああやっぱりこれだった…泥クジラがアモンロギアを目指していた頃 スオウが創った「砂詞」だ

彼がこの唄で描いていたもの 理想の新天地 私たちが住みたい豊かな世界だった

キクジン これも必要かい?

あの頃 私たちは本当にそんな世界を幾度も夢に見ながら旅をしていたんだ
f:id:rick1208:20170807203129j:plain
第7巻より引用

じゃっじゃ~ん

アモンロギアの連中の砂時計エネルギーを参考にしつつ…新たな武器を開発してみた

このサイミアシューターがあれば情念動の腕にかかわらず攻撃の照準をあわせやすくなる

…いやだね 人を傷つける武器を楽しそうに作る人なんて野蛮

なんだよこの創作のロマンがわかんないのかよ

その貧相なアタマじゃなくて体を動かしなさいよネクラハゲ

おい遊んでちゃダメだぞー

まだ午前の訓練終わってないぞ

…みんな油断しないで 帝国の脅威は続いているっていつも思っていてほしいの

辛気臭いやつらなのだ いくぞハスムリト

あっはい

どけ邪魔だそこのシッポザル

…ああ?

ロハリトさま~

オウニ

え!?なんでオウニがここに?

…俺は記録係に呼ばれただけだ

帰らないで

偉そうにオウニを呼びつけやがってこのデストロイヤー

ん~~~っ

オウニは強いから戦う訓練の先生になってもらいたいんだよ

…だから俺はサイミアが

こっちです

無印の若い子たちです 

僕たちも印の足手まといにならないように戦う練習をします

とりあえず私が見本になります オウニに棒術を教えてもらって強くなりますからみんな見ててください

嫌な予感しかしないぞ 

ギンシュ

お願いします

ほら

…無駄なことはしたくない 

オウニあきらめないでお願い
f:id:rick1208:20170807203228j:plain
第7巻より引用

も~見てられないぞスオウさま 

頭で考えようとするから体がうまく動かないんだ

歩くときに右手が出たら左足出して~とかいちいち考えないだろ?

確かに…考えません

考えない…左…右

あれ 右なのに右 あれ

あ~~今度は歩けなくなりました

ええ~~っ

そんなわけないだろ…いいか?

右 左

右 左 右左 左右右左左 右左左左…


で やっぱりこけるのーー!?

ぎゃーサイミアシューター

工房の自信の最新作がああああ

ば ばかじゃねえの!?オウニにこんあ奴らの相手させるなんて時間の無駄っ…

だろ!?ね オウニ

ほらみろっオウニ機嫌悪くなっちゃった…

…もう笑わないでください

オウニが笑ってる

リコスもだ
f:id:rick1208:20170807203321j:plain
第7巻より引用