漫画の地球儀

【クジラの子らは砂上に歌う】第18話【ネタバレ】05巻【無料試し読み】

スポンサーリンク



ネタバレがあるので先に試し読みしたい方はこちら
無料試し読み

クジラの子らは砂上に歌う第18話のあらすじ


そうだ 今回のファレナ殲滅作戦は君たちの記録と命とともに消滅する それが最善の「物語」だよオルカ長官


…何がおかしい


…失礼 少し…


お粗末だと思ってしまったもので


何?


まともに聞いてはなりません


いつもの詭弁です


そう 奴得意の屁理屈にすぎん


天はかつて…この世界を見捨てておりました


心は人を腐らせ地上は災厄の火のかまどと化し贖罪をせぬ人類はつけあがるばかり


しかしあるとき天は神の身体の一部を千切って…この世界に与え降らせたといいます


それが…カサルティリオの雨 これにより古き悪しき文明は一度死を迎えました


何を今更…


では 我々は何者なのですか?


我々はどういう存在なのか 世界の洗浄の後方舟の元で生き残り新しい世界を構築し


落ちて来た神の体・魂形を崇めその力を得てかつての過ちの根源である心を魂形に預ける決意をした…


我々 印は「魂形の御使い」とでもいいましょうか


この世界には2種類の人間がいます 魂形の使いに成れる者と成れぬ者


生まれながらにして神使に成れる者こそ無印です


ご存じのとおり感情を捧げられぬ彼らは人としての扱いを受けられぬ不浄の者たちです


さて…ここからは皆お忘れのことかもしれません


第3の人類が存在したことを 第3の…そうです


デモナスです カサルティリオの雨」後 我が国が覇権を掌握するために魂形の力によりつくられた最強の兵士


しかしその力は強大すぎた…


彼らは神体であるスースさえ滅ぼす力を手にしてしまったのです


かつての我が国は恐れから封印するしかなかった


そう 禁断の諸刃の剣…


くだらん デモナスなどもはや伝説にすぎん…


そうやって我々は過去の産物として忘却してきたのです しかし見て見ぬ振りはもうできない


魂形・スキロスを破壊したファレナの少年…彼こそ悪霊


デモナスはもはや御伽噺の存在ではない…


私は再定義します デモナスとは帝国に再来した脅威…


方舟であるこの国を転覆させる力を持つ堕落した「魂形の御使い」現世に生きている恐るべき罪の権化


そのような存在を目にしながら…


アラフ二 お前は彼をどう扱った?


記録によるとその者を侮り罵倒し挑発したとなっているようだが?



く…くそっ…


この部屋へ入る前に武器のチェックがあったはずだが


ち ちがう


オルカが先に武器を…


武器?…記録が血だらけだ このような…感情の制御ができぬ者を魂肉を与えられる地位に就かせたのは誰なんでしょうね


あなたたちだ


たとえ戦場にいなくとも魂形を沈めたその責任をお忘れなきように


さて…そろそろ「新章」といきましょうか