漫画の地球儀

【クジラの子らは砂上に歌う】第16話【ネタバレ】04巻【無料試し読み】

スポンサーリンク



ネタバレがあるので先に試し読みしたい方はこちら
無料試し読み


クジラの子らは砂上に歌う第16話のあらすじ






砂の底に眠る礫珊瑚も金銀を織り交ぜた絨毯も天上人の食す虹色の蜜も私たちは何もいらない


宝物をすべて打ち捨てても手に残すのはあなたがくれたもの


星を射抜く弓も砂海を掌で覆うほどの巨人もこの世を一瞬で闇にする黒鳥の群れもあなたを忘れさせることはできない


私たちはあなたが焼き付いたひとがた


見えるだろうか


私たちの指の一本 爪の先 髪のうねりの中までも消えないあなたのかがり火が


暁や黄昏のひとときでさえ二度と隠れることはない


私たちは永久に離れることのない魂の半身


今は至純の涙だけ抱いて共に見えるときを待とう


砂刑歴93年7月20日 ヒゲ広場にて合同砂葬


砂に送られるのは戦いの中みまかったハクジさまや民たち


その中には泥クジラの上で戦死した敵兵たちもいた


スキロスと共に沈んだ突撃隊のメンバーの分も柩が作られた


その空の柩にはめいっぱい花や彼らを讃える歌を綴った竹の葉が納められた


年かさの者は籠を編み小さな子たちは花を摘んだ


彼らが懸命に摘み続けたため泥クジラに咲く花はあらかた無くなってしまった


兵士の亡骸も民たちと同じように花を添え籠の柩に丁寧に納められた


…やはりここにあの髪を禿にしたアパトイアの少年はいない…


生きて母船に戻ったのか他の何人かの兵士たちのように海に身を投げたのか…


砂の海に沈んだらもう二度と戻れはしない…


次はこの柩を…


待って


やっぱり納得できないの この戦いの中どんなに恐ろしくても誰も自分で死んだりはしなかった…彼女以外は


シエナ…なにがあったの?


なぜこんな馬鹿なことを…


送りますよ


最後に顔を見てあげて団長さん


髪を…シエナの髪をひと房切って残しておいてくれるかな


…なぜ最後まで見送ってあげないの


自分の奥さんなのに…


あの人…ずっと何かを考えているかわからない


…誰だ お前は この涙は誰の…?


…哀れだよシュアン 心を取られた兵士のほうがまだ救いがあるってもんさ…


…冷たいなあ 母さんは


その顔 水鏡に映してごらん …悪霊が笑ってるように見えるよ


はは…はははははは…



砂葬は日が暮れる前にはすべてが終わった


…さよなら 砂の海の果てでサミたちときっと会えるよね


砂葬のあと私たちは突撃隊の帰還者は泥クジラを守ったことを民たちから存分に讃えられた


悲しみと誇りが混ざりあってなにを感じているのかわからない