漫画の地球儀

【感想と微ネタバレ】アヴァルト 無料試し読み 流行と独創性が共存する漫画

スポンサーリンク

狂気の世界に君臨する、虚構の神々――その名は、「アヴァルト」!! 『怪物王女』のストーリーテラーが放つ、予測不能のダークファンタジー。(アマゾン引用)

流行と独創性が共存する作品

『アヴァルト』は『月刊少年シリウス』で連載中のSFファンタジー漫画。


作者は同誌で『怪物王女』を連載していた光永康則先生です。



舞台は遠い未来、オンラインRPGの世界が再現された地球。



コールドスリープから目覚めた宇宙飛行士がその時代の地球人たちとともに、神として君臨する「アヴァルト」という巨人たちに立ち向かう物語を描いています。



彼が眠っている間に、なぜ地球はオンラインRPGの世界を再現した世界に変貌してしまったのか?


「アヴァルト」たちは何者なのか?なぜ強大な力を得たのか?


特殊な設定、様々な謎をちりばめながらも、弱者が力と知恵を結集して強者に立ち向かう王道のストーリーが展開されています。

ゲームとの関連性


光永先生の作品はどれも個性的だけど、共通する特徴の一つに、多くのオマージュ要素が見られる点が挙げられます。


怪物王女』は主要メンバーの顔触れが完全に『怪物くん』でした。


今回、主人公は生身ではなく過去にそのRPGで使用していたアバターの姿で地球に降り立つのですが、その姿はカエルの剣士。


90年代からゲーム文化に親しんでいる人なら、『クロノ・トリガー』のオマージュだと一瞬で分かると思います。


その他、回復の泉は明らかに『ゼルダの伝説』シリーズを意識していますし、僕はは未プレイだけど、『ダークソウル』シリーズを意識した描写もあるそうです。


ゲームファンであれば、数あるオマージュのシーンを探しながら読むのも楽しみ方の一つだと思います。

まとめ

オンラインRPGが舞台、オマージュが多彩という特徴を聞いて、あまりいいイメージが浮かばない方も多いかもしれない。


オンラインRPGものも、オマージュネタを豊富に入れるスタイルも飽和状態の現在です。


でも、良くないイメージを持った方にこそお勧めしたい漫画だと思ってます。


凝った設定、驚きと関心を呼ぶストーリー構成、大ゴマを効果的に使ったコマ割り。


流行りやオマージュを含めても揺るがない個性と創作力を持った漫画家さんだと思います。


流行の設定を取り入れること、オマージュネタを多用すること、それ自体が悪でないことに気付かせてくれるはず。
個人的点数80点
無料試し読み