漫画の地球儀

チェーンピープル 感想・レビュー・評価・あらすじ【小説】【三崎亜記】【シュール】

スポンサーリンク

チェーン・ピープル (幻冬舎単行本)

名前も年齢も住所もまったく違うのに、言動や身ごなし、癖に奇妙な共通点がある。彼らは「チェーン・ピープル」と呼ばれ、定められた人格「平田昌三マニュアル」に則り、日々、平田昌三的であることを目指し、自らを律しながら暮らしているのだ。『となり町戦争』の著者が描く、いまこの世界にある6つの危機の物語。(アマゾン引用)

紹介


チェーンピープルは三崎亜記先生著のシュールな世界観を描いた小説です。

三崎さんはとなり町戦争、廃墟設計士など数々の不思議な世界観をもつ小説を書いています。

どれも三崎ワールドで好き嫌いが分かれる作家さんかもしれない。

勝手にその人の未来を描いて自叙伝を書くライター、着ぐるみを着ないゆるキャラ「ぬまっち」の話などが一つの物語としてつながっていきます。

シュールな世界

小説のタイトルとなったチェーンピープルとはチェーン店の人版です。

全国に展開するチェーン店のように平田さんという個人のキャラクターになりきる人が全国にはびこります。

その人たちは本名以外に「平田@×××」という名前を与えられます。

そして日々もし平田さんのキャラだったらどういう風に行動するか?を考えながら生きている。

この時点でかなりシュール。

しかし読み進めていくとふと考えさせられる場面にぶち当たります。

まとめ

なにこれ!というくだらないお話しかとおもいきや突然考えさせられる場面に当たった時自分のアタマの中が一気に切り替わる感じがこの小説の面白い所だと思います。

平田さんの話では自分がある人に憧れること、誰かを見本にして学ぶことはチェーンピープルと変わらないのではないか?という風に考えさせられます。

この小説の中で一番のお薦めはゆるキャラ「ぬまっち」の話。

そこから派生した童話「裸の王様」の解釈は秀逸。

おすすめ度A