漫画の地球儀

火葬場のない町に鐘が鳴る時 感想・レビュー・評価・あらすじ・微ネタバレあり【無料試し読み】【漫画】【ヤンマガ海賊版】

スポンサーリンク

ヤングマガジンコミックスの火葬場のない町に鐘が鳴る時を紹介します

人口6000人、山あいの小さな町・みとず町。その田舎町では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響く。その音が聞こえたら、夜明けまで決して外に出てはいけない。だが、10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は、この掟を知らずに破ってしまう。そこに現れたのは、冥奴様と呼ばれる得体の知れない化け物だった。PC&スマホ漫画雑誌『ヤンマガ海賊版』発のサスペンスホラー!!
(アマゾン引用)

序盤内容

ゆうと!さきのことつかまえられたら おヨメさんになってあげてもいいよーっ

ば…バカヤロー!だっダレがおまえなんかと…っ

ウソだよ バーカ

アタマきた…

まてよさき

やぁーだよ ド カ


はっはっは 修行がたりんぞ

ごめんなさい

…あ!


や…やば もう日暮れ…

メイドさまが あたしらを 食べにくる!

f:id:rick1208:20170503053330j:plain:h600
第一巻より引用





10年後

8件目の引っ越し業者に断られた後 父は自分で運転していくよと言った

パ…パパ もっとゆっくり!

ちゃんと前見て

うっるせーなあ


落ちたら死…死ぬわよっ!
f:id:rick1208:20170503053359j:plain:h600
第一巻より引用





あの列車…まだ路線生きてんだ

赤字でも廃線にはできないさ この山道とあの列車の他には外に出る手段はないからな



みとず町 人口六千人 山奥の…狭い狭い町

僕たち一家はこの町へ10年ぶりに帰ってきた

すまんな母さん急な転勤で


許しません!一生口きいてやんない

東京の暮らしにも慣れて…勇人だってあの難関高校に合格したのに!勇人も残念でしょ!?

まぁ…高校でも友達できたとこだったしちょっと悲しいかな…

とは言ったものの実は ワクワクしていた

ちょっ勇人!?何にやけてるの?まさかあなた本当は東京よち田舎が好きとか…

まさか母さん 田舎の不憫を想像すると僕もつらいさ


ほら!勇人もこう言ってるわパパ!引き返しましょ

コラよせ

みんな体重を右に寄せろ


ワクワクがドキドキに変わってきた 本当に帰って来たんだな
f:id:rick1208:20170503053445j:plain:h600
第一巻より引用




みとず町に 咲のいる町に…

どうだ勇人10年ぶりのみとずは?

あ うん 空気がうまいね

そうか!勇人にそう言ってもらえて嬉しいよ いい町さみとずは 夜の習わしに慣れてしまえば…な


…習わし?

行こうか 勇人 明るい内に新居に荷物を運ばないと

うん…すぐ 行く



ゾクッ

な…何だ今の悪寒は!?あれ何?山じゃまいピラミッド!?いつ建ったんだろう…あんなの

f:id:rick1208:20170503053304j:plain:h600
第一巻より引用




感想

おすすめ度B

ゾンビ物に近い世界観ですが舞台が日本の田舎町という事でじっとりと張り付く様な不気味さを感じさせ、子供の頃感じていたちょっとした恐怖を思い起こさせるような展開がとにかく怖い。ページを捲るドキドキ感を楽しみたいホラー好きにはお勧めの作品。

無料試し読み