読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィンランドサガ 感想・レビュー・あらすじ・微ネタバレあり【ヴァイキング】【漫画】

スポンサーリンク

アフタヌーンコミックスのヴィンランドサガを紹介します。

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!(アマゾン引用)

序盤内容

はるか北方

凍てつく海の彼方より

戦乱の黒雲をしたがえて彼らは来る





11世紀フランク王国

ヒュン ヒュン バン バン

くそォ 盾だ もっと盾を持ってこい

グズグズするな 早く門を破れ!




破門鎚だ!弩兵集まれ

二隊交互に斉射!一列めかまえ!


射ェ!!

だめだ 退け!!

退却ーッ!! 一時退却だー!!退けー

よォし よくやった

今のうちに矢を集めろ 女達!ケガ人の手当てをしてやれ!



f:id:rick1208:20170421001012j:plain:h600
第一巻より引用



うじき雪が降るそうなれば奴らは撤兵せざるを得ん

それまでの辛抱だ 町の全員が力を合わせれば必ず守り抜ける

陸側の門だけ固めればよい 背後は湖が守ってくれる





ありゃりゃ 攻め手が退却したぞ


やっぱりフランク族同士の小競り合いだ 攻め手800人てところか守りはずっと少数だな

バカな連中だ あの砦に正面からぶつかりやがる どうするアシェラド?



f:id:rick1208:20170421002539j:plain:h600
第一巻より引用

感想

おすすめ度S

11世紀頃のヴァイキングを主人公とした漫画です。作者の圧倒的な画力に、緻密なストーリーが合わさり、人間が生きていく事ということが、いかに尊いものかという事を考えさせられます。

当時の時代の残酷さも書かれていますが、随所にクスッと笑える所があることも評価出来ます。

元々は週刊少年マガジンで連載が始まりましたが、あの細かさを週刊で続ける事は難しかったのか、現在は月刊アフタヌーンで連載されています。


スポンサードリンク