読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔流行ったおすすめ少年漫画9選【金色のガッシュベル】【テガミバチ 】

スポンサーリンク

テガミバチ

テガミバチ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
人口太陽が大地を照らす夜の世界がこの漫画の舞台。人々は階級により3つの都市で別れて生活しており、一番下の階級に属する都市は人口太陽の光が届かず化物達が徘徊する危険地帯。そんな危険を顧みず手紙を届ける国家公務員『テガミバチ』の少年を描いた心温まるファンタジー漫画。世界観の完成度や、とりわけコマの1つ1つが額縁に飾れるほど絵になるものばかり。一見の価値あり。

ワンピース

ONE PIECE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
海賊となった主人公がひとつなぎの大秘宝、ワンピースを求めて海を冒険する、ファンタジー漫画。
2000年代初期の3大少年漫画の一つ。
現代の問題を取り入れたストーリー展開など、ワクワクするだけでなく、何か考えさせられるようなそんな漫画。
ちなみに最近はまったく読んでいません。

テニスの王子様

テニスの王子様 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
テニスというタイトルからスポーツものかと思いがちですが、実はバトル漫画。
もちろんスポーツ漫画の熱血さもありますが、そこに絶妙なバトル要素を取り入れています。登場キャラクターもかなり多いですが、全員魅力的です。ネタも満載でとても楽しめます。


スラムダンク

スラムダンク (1) (ジャンプ・コミックス)
不良の主人公がかわいい女の子がマネージャーということを知ってバスケ部に入部するところから始まります。次第に入部のきっかけは関係なく、バスケにのめりこみ全国大会をめざします。チームの結束やライバル校のキャラクター等とても魅力的にえがかれており、涙なしでは読めない感動を与えてくれます。

NARUTO

NARUTO―ナルト― モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
一流の忍者を目指す主人公NARUTOの物語。
笑いあり、涙ありのストーリー。
目標に向かって諦めずに一生懸命頑張る主人公に心うたれる場面盛りだくさん。
男女関係なく楽しめるストーリー。


ヒカルの碁

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

どこにでもいる平凡な小学生の主人公・進藤ヒカルがある日、天才囲碁棋士の霊に取り憑かれてしまいます。それまでは囲碁とは無縁の生活を送っていたヒカルですが、どんどん囲碁の世界に巻き込まれていくことになります。囲碁に人生をかける少年たちの姿勢には、読んでいてとても心が熱くなります。囲碁のルールを知らなくても楽しく読むことができるので、どんな人にもオススメ。

金色のガッシュベル

金色のガッシュ!!(1)
不登校の天才高校生が1人の魔物の子供と出会い共に成長していく物語です。
魔界の王様を決めるために戦う子供達と相棒である人間との絆が事細かに描かれているので感情移入しやすくとても読みやすいです。笑いあり涙ありの最高の漫画。好きな漫画ベスト10には入る。個人的に好きなシーンはキッドのところ。

魔法陣グルグル

魔法陣グルグル 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
勇者として送りだされたニケと、描いた魔方陣で変わる不思議な魔法『グルグル』を使うククリの冒険を描くギャグファンタジー漫画です。笑えるギャグが全編通して繰り広げられますが、ストーリー展開もしっかりとしていて、何より冒険をしているというワクワク感が伝わってきます。


遊☆戯☆王

遊☆戯☆王 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
トレーディングカードゲームで有名な遊戯王の初代漫画作品です。最初は漫画オリジナルのゲームシステムで戦い、だんだんとデュエルモンスターズへと移っていきます。真面目にカードで生き死にを賭けたりとシリアスな笑いを誘われますが、展開自体はしっかりと練られていて面白い。

スポンサードリンク